格安スマホマガジンへようこそ

格安スマホマガジンは、あなたに合った格安スマホ、格安SIMを見つけることができるサイトです。

ワン吉くんとウサギ先生が、格安スマホについて分かりやすくナビゲートしてくれます。

キャラクター紹介

お得な格安スマホを探しているワン吉くん

ワン吉くん
今月の携帯代は8,000円か。もっと安くしたいなあ。

優しく教えてくれるウサギ先生

ウサギ先生
格安スマホに変えれば、半額以下にできるわよ。私が教えてあげる。

格安スマホ、格安SIMって何?

ワン吉くん
最近格安スマホのCMをよく見るよ。格安スマホって何?
ウサギ先生
そうね。まずは、格安スマホとは何なのか説明するわ。

格安スマホとは

自社では回線を持たず、ドコモやAUの回線を借りて通信、通話サービスを提供している会社を、MVNOといいます。

MVNOが発行したSIMカードのことを格安SIMといい、格安SIMを使って運用しているスマホのことを、格安スマホといいます。

MVNOは自社で通信網を持っていないので、設備投資やメンテナンスなどのコストがかからず、安くサービスを提供することができるんです。

ワン吉くん
安くなるんだったらボクも格安スマホに変えたいな。
ウサギ先生
このページを順番に読んでいけば、誰でも簡単に携帯代を安くすることができるわ。

料金はどれくらい安くなるの?

ワン吉くん
格安スマホに変えたら、どれくらい安くなるのかな?
ウサギ先生
毎月の携帯代が5分の1くらいにまで下がることもあるわよ。具体的な例を出して説明するわ。

料金プランの例

まずは、キャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)の料金プランを紹介しましょう。

キャリアの料金プランは、三社共に基本的に同じです。

項目 料金
 かけ放題基本料 2,700円
 ネット接続基本料 300円
データ定額(5GB) 5,000円
 合計 8,000円

データ通信量やその他オプションなどにより変わりますが、キャリア利用者の平均月額料金は、7,000円~8,000円といわれています。

ワン吉くん
ボクの携帯代も8,000円くらいだ。

一方、格安スマホの料金は以下のようになっています。

通信会社 料金
楽天モバイル(5GB+5分かけ放題) 3,000円
 LINEモバイル(5GB通話SIM) 1,640円
マイネオ(5GB通話SIM) 2,280円

キャリアの料金よりもずいぶん安いことが分かるかと思います。

通話を全くしない方は、データ通信のみのプランを選択すれば月1,000円以下で運用することも可能です。

通話料は高くないの?

ワン吉くん
ボクのスマホはかけ放題なんだけど、格安スマホに変えたら通話料が高くならないかな?
ウサギ先生
安心して。普通の使い方なら高くならないし、格安スマホでかけ放題プランがあるところもあるわ。

例えば、mineoで1ヶ月に1時間通話するとしても、支払総額はキャリアに比べれて半額程度で済みます。

mineo 料金
基本料金(5GB) 2,280円
 通話料(60分) 2,400円
 合計 4,680円

MMD研究所によると、1日の通話時間は約7割が10分未満、1ヶ月の通話時間は約8割が1時間未満という調査結果が出ているので、ほとんどの人は格安スマホの方が安くなります。

一度、自分の1ヶ月の通話時間を確認してみてください。一般的に、1ヶ月の通話時間が120分以内なら格安スマホの方が安くなります。

通話時間は、スマホの発信履歴や、請求書、お客様サポートページなどから確認することができます。

長時間の通話をする人は、かけ放題のプランでないと通話料金が高くなってしまいますが、楽天モバイルなら、5分以内の通話がかけ放題のオプションと、時間無制限の通話がかけ放題のオプションが用意されています。

どちらのプランも、支払総額はキャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)よりも安くなるので、通話時間が長い人にも格安スマホはおすすめです。

楽天モバイルのかけ放題プランについて詳しくはこちらのページで説明しています。

ウサギ先生
LINEやスカイプの無料通話を利用するのも、通話料を抑えるポイントね。

おすすめのMVNOはココ!

ワン吉くん
格安スマホの会社ってたくさんあるけど、どこがいいのかな?
ウサギ先生
そうね。おすすめの格安スマホ会社を教えてあげるわ。

自分に合ったMVNOを選ぼう

今、日本国内には全部で600社以上のMVNOが存在します。

600社の中から自分に合った会社を探すなんて、とても無理ですよね。

そこで、オススメの会社を4社ピックアップしました。

・mineo(タップで詳しく!)

データ通信をお得に使うことができるサービスが充実しているのが、mineo(マイネオ)です。

mineoには、「フリータンク」や「データチケット」を使ってタダでデータ通信をすることができるサービスがあります。

mineoは、こんな人にオススメ

・「フリータンク」や「データチケット」をうまく使えば、データ通信量のプランを一つ下の容量にすることができるので、とにかく安くしたい人にオススメ!

・AUの回線を使ったプランもあるから、AUのスマホから乗り換える人にもオススメ!

・LINEモバイル(タップで詳しく!)

LINEモバイルは、LINEの会社が運営している会社です。

LINEモバイルは、SNSが使い放題!というのが特徴です。

LINEモバイルは、こんな人にオススメ。

・LINE、ツイッター、Facebook、インスタグラムの利用ではデータ消費がカウントされないから、LINE、ツイッター、Facebook、インスタグラムをよく使う人にオススメ!

・昼休み時間帯の速度が速いので、昼休みに動画を見たい人にもオススメ!

・楽天モバイル(タップで詳しく!)

楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天が運営している会社です。

楽天モバイルは、こんな人にオススメ。

・格安スマホでは珍しく、かけ放題のプランがあるので、通話をよくする人にオススメ!

・端末が安いので、新品の端末と一緒に使いたい人にもオススメ!

・楽天ポイントがザクザクたまるので、楽天市場や楽天ポイントを使う人にもオススメ!

・口座振替が使えるので、クレジットカードがない人にもオススメ!

・ワイモバイル(タップで詳しく!)

ワイモバイルは、ソフトバンクグループが運営する、サブブランドです。

ソフトバンクグループが運営しているから、混雑する時間帯(平日の昼休み時など)も通信速度が安定しています。その代わり、上で紹介した3社よりは少し料金が高くなっています。

また、iPhoneSEを安く提供している会社でもあります。

ワイモバイルは、こんな人にオススメです。

・通信速度がいつも安定しているから、混雑する時間帯にも動画や重いWebサイトをサクサク見たい人にオススメ!

・iPhone5sや、iPhoneSEを格安で提供しているので、安くiPhoneを使いたい人にもオススメ!

ワン吉くん
ボクは友達とLINEをたくさんするから、LINEモバイルにしようかな。
ウサギ先生
それぞれの会社については、リンク先のページでもっと詳しく説明しているから、一度読んでみてね。

通信速度、通話品質はどうなの?

ワン吉くん
格安スマホが安いのは分かったけど、電話が聞き取りにくかったり、通信速度が遅かったりしないの?
ウサギ先生
通話品質はキャリアと同じよ。通信速度に関しては、注意点があるわ。

格安スマホの回線は、キャリアと同じ

冒頭でもお伝えしたとおり、MVNOとは、自社では回線を持たず、ドコモやAU、ソフトバンクの回線を借りて通信、通話サービスを提供している会社のことです。

ドコモやAU、ソフトバンクの回線を利用しているから、品質もドコモやAU、ソフトバンクと同じです。

電話が聞き取りづらかったりすることはありません。

通信速度は、遅い時間帯がある

一方、格安SIMの通信速度は、平日の昼休み時間帯など、混雑する時間帯には遅くなるという特徴があります。

マイネオ、LINEモバイル、楽天モバイルと、ドコモの通信速度を比較してみました。

朝10時
ドコモ・・・68.5Mbps
マイネオ(Dプラン)・・・74.3Mbps
マイネオ(Aプラン)・・・68.8Mbps
LINEモバイル・・・45.5Mbps
楽天モバイル・・・53.6Mbps

昼12時
ドコモ・・・25.3Mbps
マイネオ(Dプラン)・・・1.5Mbps
マイネオ(Aプラン)・・・1.8Mbps
LINEモバイル・・・22.5Mbps
楽天モバイル・・・1.6Mbps

夜9時
ドコモ・・・32.6Mbps
マイネオ(Dプラン)・・・16.4Mbps
マイネオ(Aプラン)・・・8.2Mbps
LINEモバイル・・・28.7Mbps
楽天モバイル・・・12.6Mbps

ワン吉くん
マイネオや楽天モバイルは、昼間の速度がすごく遅くなっているね。
ウサギ先生
そうね。これが格安スマホの最大の弱点よ

一般的に格安スマホは、昼休み時間は極端に遅くなる。と言われています。

キャリアと同じ回線を使っているはずなのに何故遅くなるのか?

それは、昼休みの時間帯は皆が一斉にスマホを利用し、MVNOがキャリアから借りている帯域(通信量)が足りなくなるからです。

ウサギ先生
ちょっと、例え話で説明するわね。

データ通信の仕組みを道路に例えると・・・、

道路の広さ=持っている帯域
走っている車=やりとりされるデータ

に例えることができます。

ドコモは1000車線の道路を持っています。この中から、mineoは5車線、楽天モバイルは10車線、LINEモバイルは3車線を借りています。

ドコモの道路を借りているわけなので、路面の整備(品質)はドコモと同じですが、昼休みになると一斉に多くの車が走り出します。

とても広い道路を持っているドコモの道路では渋滞は起きませんが、マイネオや楽天モバイルの道路は車線が少ないので、渋滞が起きてしまいます。

LINEモバイルは、借りている車線は少ないですが、走っている車も少ないので、渋滞は起こりません。

LINEモバイルであまり速度の低下が見られないのは、サービスが開始されたばかりでまだユーザーの数が少ないからです。

昼休みの時間も渋滞が起こらないくらいに帯域を借りてくれればいいのに。と思いますが、借りる帯域に応じて、MVNOはドコモに利用料を支払わなければなりません。

あまり借りすぎると利用料が高くなり、ユーザーに請求する料金も上げないといけなくなってしまうので、昼休み時の1時間位だけは我慢してくれ。というのが今のMVNOの方針です。

このことから、昼休みの時間帯に高画質の動画をスムーズに見たい!という方には格安スマホは向いていません。(例外として、ユーザー数が少ないLINEモバイルや、サブブランドであるワイモバイル、UQモバイルは快適です。)

中画質(HD程度)の動画やWebサイトの閲覧、SNSの利用などは問題ありません。

ちなみに、フルHD動画をスムーズに見るには3Mbps程度、大きなアプリのダウンロードには5Mbps程度あった方が良いと言われています。

夜の時間帯は多少速度は遅いものの、高画質の動画も見れる程度の速度は出ます。

ワン吉くん
なるほど、安い分だけ、少し我慢しないといけないこともあるんだね。

今のスマホをそのまま使えるの?

ワン吉くん
今使っているスマホのSIMを入れ替えてそのまま使えるのかな?
ウサギ先生
今使っているキャリアと、格安SIMが利用している回線が同じならそのまま使えるわ。

回線が同じなら、SIMカードを差し替えるだけで使える

MVNOには、ドコモの回線を使っている会社、AUの回線を使っている会社、ソフトバンクの回線を使っている会社があります。(ドコモとAUなど、複数の回線を使っている会社もあります。)

ドコモのスマホなら、ドコモの回線を使っている会社の格安SIM、AUのスマホならAUの回線を使っている会社の格安SIM、ソフトバンクのスマホならソフトバンクの回線を使っている会社の格安SIMなら、SIMカードを入れ替えるだけでそのまま使うことができます。

AUのスマホが使えるMVNO mineo、UQモバイル、
フィーモ、みおふぉん
ドコモのスマホが使えるMVNO UQモバイル以外全て

AUのスマホをそのまま使えるところは少ないですが、当サイトでもオススメしているmineoはドコモでもAUでも使えるので、AUユーザーの方にはmineoをお勧めします。

違う回線を使うにはSIMロック解除が必要

AUのスマホを、ドコモの回線を使っている会社の格安SIMで使うなど、違う会社の回線のSIMカードで使いたい時は、SIMロック解除をする必要があります。

SIMロックの解除方法については、こちらで説明しています。(新しいウインドウで開きます)

乗り換え手続きは簡単!

ワン吉くん
格安SIMに切り替えるには、どうやって申し込んだらいいのかな?
ウサギ先生
それぞれの会社のホームページから申し込むのよ。

格安SIMに乗り換える手続きはとても簡単です。

申し込みの流れをざっくり書くと、

サイトから申し込む→SIMカードが家に届く→届いたSIMカードをスマホに入れる

たったこれだけで今使っているスマホを格安スマホとして使うことができます。

ちょっとざっくりすぎるので、詳しい申し込みの手順は以下のリンクで詳しく説明しています。

・mineo
・LINEモバイル
・楽天モバイル
・ワイモバイル

設定も難しくありません

ワン吉くん
初期設定とか、自信がないなあ(´・ω・`)
ウサギ先生
大丈夫。設定は難しくないわよ。簡単に説明するわ。

iPhoneならプロファイルを入れるだけ

iPhoneを格安スマホとして使う時は、プロファイルをインストールするだけで使えるようになります。

プロファイル?というと難しく聞こえますが、アプリをインストールするのと同じです。

プロファイルを入れる方法は、こちらで紹介しています。
・mineo
・LINEモバイル
・楽天モバイル
・ワイモバイル

Androidの初期設定の方法

Androidの場合は、回線の切り替え手続きやネットワーク設定など、iPhoneに比べると少し手間はかかりますが、全てネットや電話で簡単にできます。

Androidの初期設定の方法は、こちらで紹介しています。
・mineo
・LINEモバイル
・楽天モバイル
・ワイモバイル

ワン吉くん
なるほど。これならできそうだ。

申し込みから何日で開通するの?

ワン吉くん
格安スマホって、申し込んでからどれくらいで使えるようになるのかな?
ウサギ先生
大体1週間以内で使えるようになるわよ。
会社 申し込みから開通までの期間
mineo 4~5日
 LINEモバイル 3日程度
 楽天モバイル 3~4日
ワイモバイル 2~3日

スマホが使えなくなる期間はない

ワン吉くん
申し込んでからSIMカードが届くまで、スマホは使えなくなっちゃうの?
ウサギ先生
安心して。スマホが使えなくなる期間はないわよ。

格安スマホの会社に申し込んだら、数日後にSIMカードが家に届きます。

切り替えて続きをして、SIMカードを挿し替えるまでは、これまで使っていたキャリアの回線でスマホを使うことができます。

ですから、電話が繋がらなくなるといった空白期間はできません。

格安スマホのメリット、デメリット

ここで、格安スマホのメリット、デメリットをまとめて紹介しましょう。

格安スマホのメリット

・料金が安い
何といっても料金が安いことが一番のメリットです。

・料金体系がシンプルで分かりやすい
キャリアでは、様々なプランや割引など、複雑な仕組みになっていますが、格安スマホではシンプルに、「通話SIMかデータSIMか」「毎月のデータ通信量」を選択するだけで、自分に最適な料金で使うことができます。

・今使っているスマホをそのまま使える
今使っているスマホをそのまま使えるので、新しく使い方を覚える必要がありません。

・電話番号が変わらない
電話番号が変わらないから、友達に知らせる手間もかかりません。

格安スマホのデメリット

・混雑時は通信速度が低下する
平日の昼休み時間帯など、混雑する時間帯には通信速度が低下してしまいます。

混雑する時間帯に高画質の動画を見たい人は、ソフトバンクグループのサブブランドであるワイモバイルがおすすめです。

・キャリアメールが使えない
キャリアメール(@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jp)のメールアドレスは使えなくなります。

今はヤフーメールやGメールもスマホで使えますし、LINEで代用できるので、さほど大きな問題にはならないでしょう。

・サポートはキャリアの方が良い
キャリアであれば、何かわからないことがあってもショップに行って直接聞くことができます。

格安スマホは、店舗を持っているところもありますが、キャリアに比べれ少ないです。

店頭でのサポートはキャリアの方が上ですが、格安スマホ側もそのデメリットは分かっており、電話やメール、チャットで丁寧なサポートを受けることができるようになっているので、スマホの電源の入れ方がわからない。といったレベルでなければ大丈夫です。

キャンペーン情報(随時更新)

各MVNOでは、キャンペーンを実施しています。

格安スマホのキャンペーン情報を、以下のリンク先で紹介しています。

・mineoのキャンペーン情報

・LINEモバイルのキャンペーン情報

・楽天モバイルのキャンペーン情報

急いでいない人は、お得なキャンペーンをやっている時に申し込むのもアリですね。

ウサギ先生にツイッターで質問しよう!

格安スマホマガジンのウサギ先生が、サイト上からピョン!と飛び出して、ツイッター上で活躍しています。

ウサギ先生にツイッターで、分からないことを質問してみましょう!

自分にはどのMVNOが良いの・・・?
どのプランしたら良いのか分からない!
オススメの機種は?

などなど

ウサギ先生
格安スマホについて気になることがあったら、何でも聞いてね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする