【AQUOS R8 リーク情報、予想情報、最新情報】発売日、スペックなど。Snapdragon 8 Gen2を搭載か

毎月のスマホ料金を安くしたいなら、楽天モバイルがおすすめです。
エリアも広くなり、全国の方におすすめできるようになりました。

スポンサーリンク

AQUOS R7が発売されたばかりですが、2023年に発売されるとみられている、AQUOS R8のリーク情報が、少しずつ集まってきています。

AQUOS R8の発売日、スペックなど、最新情報と、予想情報を紹介していきましょう。

AQUOS R8の発売日は、いつ?

AQUOS R8の発売日は、2023年6月~7月中になるという予想が出ています。

 

これまでの、AQUOS Rシリーズの発売日を、振り返ってみましょう。

AQUOS R7・・・2022年7月
AQUOS R6・・・2021年6月
AQUOS R5G・・・2020年3月
AQUOS R3・・・2019年5月、6月
AQUOS R2・・・2018年6月
AQUOS R・・・2017年7月

基本的に1年に1度新機種が発売されており、6月、7月の発売が多くなっています。

 

AQUOS R8のチップ、メモリ、ストレージ

AQUOS R8には、Snapdragon 8 Gen2が搭載されるとのリーク情報が出ています。

メモリ容量は12GB、ストレージ容量は256GBとR7から変わらないとみられています。

AQUOS R7には、Snapdragon 8 Gen1が搭載されていますから、順当な進化となるようです。

 

AQUOS R8のリーク情報は、これからも追っていきます。

スポンサーリンク

AQUOS R7の発売日

AQUOS R7の発表日は2022年5月9日、発売日は2022年7月です。

ドコモ版は7月15日、ソフトバンク版は7月8日となっています。

 

AQUOS R3の次に、5Gに対応したということで、AQUOS R5Gが発売されたので、AQUOS R4はありません。

5Gへの対応を急いだAQUOS R5Gを除き、5月~7月に発売されています。

 

AQUOS R7の予約開始は、いつから?

AQUOS R7、ドコモ版は、既に予約受付がはじまっています。

まだ、価格が発表されていない状況ですが、絶対に買う。と決めている方は、早めに予約しておきましょう。

ソフトバンク版の予約受付は、まだはじまっていません。

 

AQUOS R7のデザイン

AQUOS R7のデザインは、AQUOS R6から、様々な部分が変わっています。

AQUOS R7のデザイン、質感
出典https://corporate.jp.sharp

ディスプレイの左右のエッジがなくなり、平面的になりました。

背面は、上部に大きなレンズが配置されています。これは、ライカと共同開発した、1型センサーを搭載したカメラです。

スポンサーリンク

AQUOS R7のプロセッサ、メモリ、ストレージ

AQUOS R7には、2022年時点でハイエンド向け最新のプロセッサである、Snapdragon 8 Gen1が搭載されます。

Snapdragon 8 Gen1は、Snapdragon 888よりもCPU性能が2割程度、GPU性能が3割程度性能が向上しています。

 

メモリ容量は、AQUOS R6と同じく12GBとなっています。

Galaxy S21 Ultraなど、メモリを16GB搭載しているスマホもありますが、現状、12GBも搭載していれば十分です。

 

ストレージ容量は、AQUOS R6では128GBでしたが、R7では、128GBと256GBの2種類がラインナップされています。

こちらは、micro SDスロットが搭載されているとはいえ、128GBだと、もう少し容量が多いと良いな。と感じる時もあるので、256GBも用意されるのは、嬉しいことです。

Snapdragon 8 Gen2 発熱問題、消費電力はどうなのか。いつ出る?性能、搭載スマホなど、最新予想情報、リーク情報

Snapdragon 8 Gen 2の発表時期は、2022年10月~12月との予想が出ています。性能や、搭載機種は、どうなるのでしょうか。発熱問題、消費電力も、気になるところです。

続きを見る

 

AQUOS R7のカメラ性能

AQUOS R7のカメラは、ライカと共同開発した、1型センサーを採用した高性能なものが搭載されています。

AQUOS R6にも、ライカと共同開発したカメラが採用されていますが、それを上回る性能を実現しており、ピントを合わせるまでの時間は、AQUOS R6の約2倍、AIの処理速度は約1.5倍、集光量は約1.8倍となっています。

 

画素数は、4,720万画素です。

AQUOS R6のメインカメラは、2,020万画素でしたから、画素数は大幅に向上しています。すが、AQUOS R7では、4,000万画素を超えるカメラが採用されると期待されています。

インカメラは1,260万画素で、AQUOS R6と同等です。

スポンサーリンク

AQUOS R7のディスプレイ

AQUOS R7には、Pro IGZO OLEDという、シャープ自慢のディスプレイが搭載されています。

Pro IGZO OLEDは、ピーク輝度2000nit、コントラスト2000万:1を実現しています。

さらに、最大240Hzで駆動し、動画もなめらかに再生することができます。

 

シャープは、これまでIGZO液晶ディスプレイを多く採用してきましたが、そのIGZO技術を有機ELディスプレイにも採用したのが、Pro IGZO OLEDです。

 

AQUOS R7のバッテリー容量

AQUOS R7には、5,000mAhのバッテリーが搭載されています。

AQUOS R6にも5,000mAhのバッテリーが搭載されていますが、Snapdragon 888の発熱問題等で、期待ほどバッテリーの持ちは良くないようです。

AQUOS R7に搭載されているSnapdragon 8 Gen1は、Snapdragon 888よりは、発熱、消費電力ともに少ないようですから、バッテリーの持ちも向上しているでしょう。

 

AQUOS R7の指紋センサー

AQUOS R7の指紋センサーには、ディスプレイ内に組み込まれ、世界最大サイズのQualcomm 3D Sonic MAXが採用されています。

ディスプレイ内蔵型の指紋センサーは、凹凸がないため、場所をあわせるのが少し難しかったりしますが、Qualcomm 3D Sonic MAXはとても大きいので、アバウトに指を当ててもロック解除することができます。

スポンサーリンク

AQUOS R7は、ドコモ、ソフトバンクから発売

AQUOS R7も、ドコモと、ソフトバンクから発売されることが発表されています。

AQUOS R6も、ドコモとソフトバンクからのみ発売されており、AUでは取り扱いがありませんでしたから、同じですね。

冒頭でも紹介したように、ドコモ版は、価格を発表する前から、予約受付がはじまっています。

 

AQUOS R7の価格

AQUOS R7の価格は、AQUOS R6とよりも大幅に高くなりました。

 

<AQUOS R7の価格>
ドコモ版・・・198,000円
ソフトバンク版・・・189,360円

<AQUOS R6の価格>
ドコモ・・・115,632円
ソフトバンク・・・133,920円

 

半導体不足や円安の影響もあるかと思いますが、かなり高くなっています。

 

AQUOS R7のスペックまとめ

AQUOS R7のスペックを、表にまとめます。

OS Ansroid 12
ディスプレイ 6.6インチ Pro IGZO OLED
1260✕2730
プロセッサ Snapdragon 8 Gen1
メモリ 12GB
ストレージ 128GB/256GB
メインカメラ 4720万画素+190万画素
インカメラ 1260万画素
バッテリー容量 5000mAh
サイズ 測定中
重さ 測定中

 

毎月のスマホ代を安くしたいなら

毎月のスマホ料金を安くしたいなら、楽天モバイルがおすすめです。

使った分だけ、0円から、最大でも3,278円までです。

エリアも広くなり、全国の方におすすめできるようになりました。


今なら、はじめての申し込みでもらえるポイント増量中!SIMだけでも8,000ポイントもらえます。


スポンサーリンク

-スマホリーク情報, シャープ

© 2022 スマホリーク情報なら、格安スマホマガジン Powered by AFFINGER5