【PS5 PS4 互換性】ダウンロード版の互換性は?PS3、PS2、PS1の互換性についても

スポンサーリンク

2020年末に発売が待たれている、プレイステーション5。

PS5は、どこまで互換性があるのか?また、ダウンロード版の扱いはどうなるのか?ということに注目が集まっています。

これまでのPS4、PS3、PS2、PS1のタイトルはどこまで対応しているのか?気になりますよね。

このページでは、PS5の互換性についてのリーク情報を紹介します。

PS5は、ほぼ全てのPS4タイトルに互換性あり

これまで、PS5は、PS4の人気100タイトルの互換性がある。といった情報が独り歩きしていましたが、ソニーは、「PS4の4000本以上のゲームのほとんどが動く」と発表しています。

当初の人気100タイトルの互換性がある。というのは、開発段階で細かい所まで動作確認をされていたタイトルの数であり、100タイトルにしか互換性がない。というわけではない。ということです。

具体的にどんなタイトルに対応する。どんなタイトルが対応しない。という情報はまだありませんが、PS4のタイトルに関しては基本的に対応している。と思っておけば良いでしょう。

ちなみに、高性能のPS5でPS4のタイトルをプレイすると、PS4でプレイするよりもスムーズにプレイすることができるものもあるということです。

ダウンロード版はどうなる?

PS5は、PS4のパッケージ版との互換性はあるようですが、ダウンロード版はどうなのでしょうか。

PS4のダウンロード版の中でも人気の高いものは、アカウントを通じてPS5でも遊ぶことができるようになる。という情報が出てきています。

どのタイトルが遊べて、どのタイトルが遊べないのか。という詳しい情報まではまだ分かっていませんが、メジャーなタイトルは遊べそうです。

PS3、PS2、PS1との互換性は不完全か

PS5は、PS3、PS2、PS1との互換性は不完全なものになっているようです。

直近のPS4に関しては、PS5はPS4のアーキテクチャを発展させたものであるため、レガシーモードを搭載して後方互換性を持たせることは容易であるのに対し、PS3以前に完全な互換性を持たせようとするとコストがかかるため、完全な形での互換性は持たないといわれています。

ただ、遊べるタイトルもある、あるいは、ダウンロード版を通じてPS1、2、3のタイトルが遊べるようなサービスが展開されるのではないかといわれています。

まとめ

PS5は、PS4のパッケージ版にはほぼ対応しているようだ。ということがわかりました。

あとは、ダウンロード版がどこまで対応するのかが気になるところです。

ダウンロード版にもしっかり対応していれば、PS4は処分してPS5だけ残しておけば良い。ということになりますからね。

関連記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする