PS5 デジタルエディションとは?違いはどこ?どっちが良い?機能、サイズ、重さ、価格差について

スポンサーリンク

11月12日に、プレイステーション5が発売されることが決定しました。

プレイステーション5には、「デジタルエディション」というものがラインナップされています。

PS5デジタルエディションは、標準モデルとはどう違うのでしょうか。

このページでは、プレイステーション5の通常モデルと、デジタルエディションの違いを紹介します。

違いその1:光学ドライブの有無

PS5デジタルエディションと標準モデルの最大の違いは、光学ドライブの有無です。

デジタルエディションには光学ドライブがないので、ダウンロード版しかプレイすることができません。

違いその2:デザイン、サイズ

まずは、デザイン、サイズを比較してみましょう。

左が標準モデル、右がデジタルエディションです。

デジタルエディションは、光学ドライブ部分の膨らみがなく、スリムであることがわかります。

デザイン的には、デジタルエディションの方が左右対称で美しいですね。

サイズは、通常モデルが390mm✕260mm✕104mmであるのに対し、デジタルエディションは390mm✕260mm✕92mmとなっています。

光学ドライブの膨らみがない分、デジタルエディションの方が12mm薄くなっています。

重さは、通常モデルが4.5kg、デジタルエディションが3.9kgと、600gの違いがあります。

ちなみに最大消費電力にもわずかな違いがあり、通常モデルは350W、デジタルエディションは340Wです。

PS5のデザインは、どちらもとてもスタイリッシュですよね。

ジム・ライアンCEOも、「今までで一番洗練されたコンソールのデザイン」と言っていますが、そのとおりだと思います。

違いその3:価格

標準モデルの価格は49,980円、デジタルエディションの価格は39,980円と、デジタルエディションの方が1万円安くなっています。

ダウンロード版でしか遊ばないよ。という方なら、デジタルエディションを選ぶと良いですね。

差額をソフト代にあてることができます。

注意点

PS5では、PS4のソフトをPS5版に割引価格で購入することが出来るサービスが実施されます。

この時、PS4のソフトがパッケージ版だった場合、PS5本体にディスクを挿入しないと、割引を受けることができないようです。

まだ、どのタイトルが割引価格になるかどうか。など詳しい情報は発表されていませんが、PS4のパッケージ版を持っている方は、PS5は標準モデルにしておいたほうが無難でしょう。

PS4のソフトをみんなダウンロード版で持っているという方は、デジタルエディションで良いかと思います。

PS5について

PS5について、かんたんにまとめます。

カラーは、ホワイトとブラックのツートンカラーの1色のみです。

<発売日>
2020年11月12日

<価格>
標準モデル・・・49,980円
デジタルエディション・・・39,980円

発売が決定しているタイトルは、以下の28タイトルです。

・Astro’s Playroom (JAPANスタジオ)
・Bugsnax (Young Horses)
・DEATHLOOP (Bethesda)
・Demon’s Souls (Bluepoint Games / JAPANスタジオ)
・Destruction All Stars (Lucid Games / XDEV)
・Ghostwire: Tokyo (Bethesda)
・Godfall(Gearbox Publishing / Counterplay Games)
・Goodbye Volcano High (KO-OP)
・Grand Theft Auto V 、GTAオンライン (Rockstar Games)
・グランツーリスモ7 (ポリフォニー・デジタル)
・ヒットマン3 (IO Interactive)
・Horizon Forbidden West (Guerrilla Games)
・JETT : The Far Shore (Superbrothers)
・Kena: Bridge of the Spirits (Ember Lab)
・Little Devil Inside (Neostream Interactive)
・Marvel’s Spider-Man Miles Morales (Insomniac Games)
・NBA 2K21 (2K, Visual Concepts)
・Oddworld Soulstorm (Oddworld Inhabitants)
・Pragmata (Capcom)
・Project Athia*(Square Enix / Luminous Productions)
・Ratchet & Clank: Rift Apart (Insomniac Games)
・バイオハザード ヴィレッジ (Capcom)
・Returnal (Housemarque / XDEV)
・Sackboy A Big Adventure (Sumo Digital / XDEV)
・Solar Ash (Annapurna Interactive / Heart Machine)
・Stray (Annapurna / Blue Twelve Studio)
・Tribes of Midgard (Gearbox Publishing / Norsfell)
・The Pathless (Annapurna Interactive / Giant Sq

日本では、グランツーリスモ7が一番注目されているようです。

PS5関連記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする