【iPhone12/Pro/MAX 予想、リーク情報】カラー、デザイン、スペック、新機能、発売日、価格、サイズなど。5G対応へ【2020年モデル】

スポンサーリンク

2020年には、iPhone11の次のモデルにあたる、iPhone12が発売されます。

このページでは、iPhone12のデザイン、新機能、価格、サイズ、カラーなど、予想情報、リーク情報をまとめて紹介します。

名前は、iPhone12という説が有力

2020年モデルiPhoneは、iPhone11sではなく、iPhone12となる説が有力です。

iPhoneのネーミングは、iPhone○の次は、iPhone○sとなるのが基本的なの法則です。

(例外としてiPhone7→iPhone8や、iPhone8→iPhoneXがありましたね)

どうしてiPhone11sではなく、iPhone12になるのか。その理由は、革新的な技術が採用されて、大きく変化するからです。

どういったところが変わるのか。といったことを、これから紹介していきます。

ラインナップは3種類

iPhone12のラインナップは、iPhone11と同じく、無印、Pro、Pro MAXの3種類になると予想されています。

iPhone12の発表日、発売日は、2020年9月!

iPhone12の発表日、発売日は、2020年9月中ということで間違いないでしょう。

基本的に、iPhoneの新モデルの発表は毎年9月に発表され、生産上の遅れがなければ、9月中に発売されます。

ここ最近のiPhoneの発表日、発売日を振り返ってみましょう。

iPhone11・・・発表日、発売日2019年9月

iPhoneXs・・・発表日、発売日2018年9月

iPhoneX・・・発表日2017年9月、発売日2017年11月

iPhone8・・・発表日、発売日2017年9月

iPhone7・・・発表日、発売日2016年9月

iPhone6s・・・発表日、発売日2015年9月

iPhone6・・・発表日、発売日2014年9月

iPhone12のデザイン

iPhone12のデザインは、iPhone11よりもノッチが小さくなり、カメラはクアッドカメラになると予想されています。

iPhone12のデザインの予想画像、レンダリング画像を紹介します。

出典https://iphone-mania.jp

iPhone11 Proのトリプルカメラは、集合体恐怖症の方にとっては気持ち悪いようですが、まだ、このクアッドカメラの方が気持ち悪さはマシな気がしますね。

デザイン自体は特に突飛なものではなく、ノッチが小さくなり、カメラが一つ増えて、正当な進化のように見えます。

iPhone12は、無印、Pro、Pro MAXの3種類がラインナップされると紹介しましたが、このレンダリング画像はPro系統のものだと考えることができますね。

新型iPhoneのデザイン画像は、発売数ヶ月前には正確なものが出回るので、また新しい画像をリサーチして紹介していこうと思います。

ノッチがなくなるという噂も

iPhone12では、ノッチがなくなり、全画面ディスプレイになるという噂もあります。

ポップアップ式のカメラが採用されてノッチがなくなるという情報。

もう一つは、カメラが小型化され、ベゼルの中に埋め込まれて、ノッチがなくなるという情報です。

【追記】
iPhone12は、カメラが小型化されて、ベゼルの中に埋め込まれるという情報が有力になってきました。

iPhone12のスペック

iPhone12の予想スペックを紹介します。

OS iOS14
ディスプレイ 5.8インチ
プロセッサ A14プロセッサ
メモリ 4GB/6GB
ストレージ 64GB/256GB/512GB
背面カメラ トリプル(Proはクアッド)
前面カメラ シングル
バッテリー容量
サイズ
重量

OSは、最新のiOS14が搭載されます。

iOS14は、新機能よりも、不具合の解消、安定性に主眼が置かれたOSです。

iOS13は、不具合が多かったですもんね^^;

ディスプレイは、iPhone11シリーズと同じく、5.8インチ、6.1インチ、6.5インチプロセッサが搭載されると予想されています。

プロセッサには、A14プロセッサが搭載されます。

A14プロセッサは、A13プロセッサよりも3割ほど性能が向上すると予想されています。

メモリ容量は、iPhone11シリーズから変わらないと予想されています。

バッテリー容量は、iPhone11シリーズよりも若干増えると言われていますが、詳細は不明です。

Face ID廃止で、Touch IDが復活か

iPhoneシリーズでは、iPhoneXからTouchID(ホームボタンによる指紋認証)が廃止されて、Face IDが採用されています。

しかし、今でもTouch IDの復活を望む声は多くなっています。

Face IDが採用された背景には、ホームボタンを廃止して、ディスプレイ領域を増やしたい。という思惑がありました。

iPhone12では、指紋センサーがディスプレイ内に組み込まれることで、ディスプレイ領域を減らさずにTouch IDを復活させることができます。

それにともなって、Face IDは廃止されると予想されています。

ただし、ホームボタンが復活するわけではないので、スワイプでホームに戻るという操作性が変わるわけではありません。

トランプ大統領は、iPhoneはホームボタンがある方が良い!というツイートをしていましたが、残念ながらその望みは叶わなさそうです。

iPhone12のカラーラインナップは?

iPhone12 Proのカラーは、以下の4色になると予想されています。

・ネイビーブルー
・スペースグレイ
・シルバー
・ゴールド

iPhone12 無印のカラーラインナップは、調査中です。

iPhone11では、6色のカラーがラインナップされています。

・パープル
・イエロー
・グリーン
・ブラック
・ホワイト
・プロダクトレッド

iPhone11 Proでは、4色のカラーがラインナップされています。

・ミッドナイトグリーン
・スペースグレイ
・シルバー
・ゴールド

iPhone12の価格は、大幅に高くなる!

価格が比較的お手頃だということで話題になったiPhone11ですが、iPhone12シリーズでは、5Gが採用されるiPhone12 Proを中心に製造コストが上がり、価格はiPhone11よりも高くなると予想されています。

5Gが採用されないiPhone12は、iPhone11と同程度の価格が

iPhone12の価格は、699ドル~

iPhone12 Proの価格は1099ドル~

iPhone12 Pro MAXの価格は、1199ドル~

日本での販売価格は為替相場にもよるので現時点ではなんとも言えませんが、iPhone12はiPhone11と同じくらい、ProやPro MAXは1万円以上高くなると予想することができます。

iPhone12関連記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする