プレイステーション5(PS5)いつ?互換性、発売日、スペック(性能)、価格予想、発売予定、ソフト一覧

注目のキャンペーン情報!
BIGLOBEモバイルでは、最大17,791円分の特典!(5月12日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルでは、最大7,170円分の特典!(終了日未定)
>>LINEモバイル公式サイトへ

_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
スポンサーリンク
ワン吉くん
プレイステーション5がもうすぐ出るらしいよ!どんなゲーム機になるのかな?
ウサギ先生
プレイステーション5の今分かっているリーク情報を教えてあげる。

このページでは、ソニー、プレイステーション5(PS5)の発売日、スペック、価格、発売予定ソフトなど、気になる情報を紹介します。

プレイステーション5の、発売日

プレイステーション5(PS5)の発売日は、2019年末頃になると予想されています。

歴代プレイステーションの発売日

ここで、歴代プレイステーションの発売日を振り返ってみましょう。

・初代プレイステーション(PS1)
1994年12月3日発売

・プレイステーション2(PS2)
2000年3月4日発売

・プレイステーション3(PS3)
2006年11月11日

・プレイステーション4(PS4)
2013年11月15日

初代プレイステーションから、プレイステーション4まで、おおよそ6~7年の間隔で発売されているということが分かります。

プレイステーション5(PS5)は、2019年発売ということで、プレイステーション4発売からちょうど6年後の発売ということになりますね。

【追記】
PS5の発売は2020年初頭になる可能性が高くなってきました。

ソニーから、2019年中の発売はない。という公式発表がありました。

プレイステーション5の、スペック

プレイステーションシリーズといえば、時代の最先端のスペック、美しいグラフィックが特徴ですよね。

プレイステーション5(PS5)も、最先端のCPU、GPUを採用し、最高峰の美しいグラフィックを実現します。

プレイステーション5に搭載されるCPUは、AMDのZen2という8コアCPUです。

パソコン向けで言えば、Ryzen 7シリーズに相当するハイスペックなCPUです。

GPUは、AMDのNaviをベースとしたものが搭載されると予想されています。

NvidiaのGPUでいえば、GTX1080に匹敵する性能を持つ物で、市販向けにも2019年から発売されるといわれています。

これにより、8Kでの出力が可能になっています。

VRがより綺麗に!

PS4(PSVR)のVRもそれなりに綺麗で、初のVRモデルとしては十分綺麗だとは思うのですが、PS5のVRは更に解像度が上がり、また高性能なCPU、グラフィックによってPSVRよりも圧倒的に綺麗になるといわれています。

現行PSVRのVR解像度は1920×1080と、フルHDです。

これが、PS5のVRでは、2560×1440により高精細化されると予想されています。

単純にドットの数だと2倍近くになるということです。

解像度が上がるだけでなく、基本スペックの向上によってよりリアルな映像を描写できるようになるでしょうから、没入感がさらにアップし、VRの普及が進むかもしれませんね。

オーディオ性能が大幅アップ!

PS5は、オーディオ性能が大幅に向上します。

3Dオーディオに対応している他、まだ詳細は明らかにされていませんが、PS4と比べて音質、臨場感ともに相当向上しているから、楽しみにしておいてくれ。とインタビューでの発言があります。

PS4は、オーディオ性能はそれほど高くなかったので、オーディオ性能にも期待したいですね。

カスタムSSD採用

PS5では、PS5専用にカスタムされたSSDが搭載されており、読み込み速度がPS4の15倍以上になっています。

PS4ではHDDが採用されていました。

パソコンでも、HDDとSSDでは読み込み速度が大きく違いますが、PS5専用にカスタムされたSSDが搭載されているということで、15倍も早くなっているということです。

プレイステーション5の、価格

プレイステーション5の価格は、プレイステーション4よりも高くなると予想されています。

米ドル価格で599ドルになると予想されています。

日本円では、65,000円程度になるのではないかと予想されています。

ゲーム機の価格としては、ちょっと高いですね。

しかし、ニンテンドースイッチと比べると圧倒的な性能を持つわけで、仕方がないのかもしれません。

パソコンでいえば、Rizen7に、GTX1080を搭載したものに匹敵するスペックを持つわけですからね。

プレイステーションシリーズは、発売当初はハードでは赤字が続き、しばらくしてから黒字になる。というのがいつものことですが、プレイステーション5も、スペックを考えると、5万円でも最初は赤字でしょう。

プレイステーション5は、子供に買い与えるにはちょっと高い価格帯なので、比較的高い年齢層を中心に販売することになりそうです。

プレイステーション5は、はじめからVRに対応するだけのスペックを持っています。(ゴーグルは別売りになるはずですが)

VRをプレイすることができるパソコンのスペックを考えると、10万円は下らないので、発売当初のハードウェアの赤字は結構なものになりそうです。

歴代プレイステーションの価格

ここで、歴代プレイステーションシリーズの価格を振り返ってみましょう。

価格は途中で変わることがあるので、発売当初の価格を紹介します。

・プレイステーション(PS1)
39,800円

・プレイステーション2(PS2)
39,800円

・プレイステーション3(PS3)
49,980円

・プレイステーション4
46,179円

プレイステーションシリーズの価格は、性能の向上にともなって価格は徐々に上がってきています。

プレイステーション3→4でいったん少し安くなりましたが、プレイステーション5では、再び高くなると予想されています。

子供へのプレゼントにはちょっとつらい金額ですね。

PS5の価格はもっと高くなるかも?

ソニーの事業戦略の中で、ライフサイクルに伴う今後の利益変動幅を過去実績よりも大幅に縮小させて、利益構造を安定化させていくことを目指す。という発表がありました。

ご存知の方も多いかと思いますが、歴代プレイステーションは、発売時は売れば売るほど赤字になるという価格設定がされています。

そしてその後、各部品の価格の下落や、ソフトの売上によってカバーしていく。という戦略です。PS1からPS4まで、ずっとそんな感じでした。

そのため、ソニーのゲーム分野の業績は、新型のプレイステーションが発売された年はいつも赤字で、その後徐々に回復していく。といった流れになることが一般的です。

今回、利益変動幅を縮小させるということは、ゲーム機本体の価格を赤字にならない程度の高めの価格設定にする。ということを示唆しています。

その変わり、ソフトの価格は若干安くなるかもしれませんが、VRなど、ソフトの開発費もどんどん高騰してきており、あまり期待できません。

どうして、わざわざ売れば売るほど赤字になるような価格設定をしていたのか。疑問に思う方も多いかと思います。

これは、あくまでもゲーム機なので、あまり高い価格には設定しずらい。という事情があったものと思われます。

PS5の互換性

PS5は、初代プレイステーションからPS4までのソフトがプレイできるようになると予想されています。

「下位互換」というやつですね。

ソニーは、2017年に、PS5の下位互換に関するものと思われる特許を出願しています。

これは、プロセッサ情報を偽り、過去のプレイステーションシリーズのソフトの起動を可能にする。というものです。(要は、PS5が、PS4やPS3のフリをして、ソフトを起動するということです)

特許を出願していることから、PS5には何らかの下位互換性が持たされている可能性はかなり高いですね。

歴代のプレイステーションシリーズでは、互換性のあるものとないものがあります。

現行のPS4には互換性がなく、PS4のソフトしか遊べません。

PS3は型番によって互換性に違いがあり、初代プレイステーションには全て対応していたのですが、PS2に対応しているものとしていないものがありました。

PS2は、PS1のソフトに対応していました。

PS5のコントローラー

PS5のコントローラーには、ディスプレイが搭載されるといわれています。

ちょうど、PS4のコントローラーのタッチパネルになっている部分が、ディスプレイになり、ゲーム性を広げてくれるということでしょう。

PS4でタッチパネルとしての役割があったので、PS5のディスプレイ部分は、スマートフォンのようなタッチパネルになる可能性が高いでしょう。

そういった部分も、本体価格が高くなる要因ですね。

パソコンで遊べるようになる?

今でも、Play Station NOWというパソコンで遊ぶことができるサービスがありますが、PS5ではこれが更に強化されて、もっと気軽にパソコンでゲームが遊べるようになると予想されています。

PlayStation NOWでは、月額2,500円の利用料がかかるのですが、これが値下げされるのか、既に購入済のゲームはハードでもパソコンでも遊べるようになるのか?詳しいところまではわかりません。

PS5では、VRコンテンツもより充実するはずなので、スペックによってはパソコンの方が快適に楽しめる。ということも多くなってくるでしょう。

注目のキャンペーン情報!
BIGLOBEモバイルでは、最大17,791円分の特典!(5月12日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルでは、最大7,170円分の特典!(終了日未定)
>>LINEモバイル公式サイトへ

_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする