【PS5 コントローラー 最新情報】デザイン、新機能など。ディスプレイ搭載!【デュアルショック5】

注目のキャンペーン情報!
BIGLOBEモバイルでは、初期費用無料、端末代6,000円還元、オプション料金6ヶ月無料など実施中!
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルでは、基本料金5ヶ月間半額、LINEPay5,000円分プレゼントなど実施中!
>>LINEモバイル公式サイトへ

_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
スポンサーリンク

プレイステーション5の専用コントローラー、「デュアルショック5」の情報が続々とリークされています。

このページでは、デュアルショック5のデザイン、新機能など、最新情報、リーク情報を紹介します。

デュアルショック5のデザインがリーク!

プレイステーション5のコントローラー、デュアルショック5のデザインがリークされているので、紹介します。

PS5のコントローラーのデザインが、意匠登録されました。

デュアルショック5

出典https://www.j-platpat.inpit.go.jp

意匠登録されたということは、もうこのデザインで確定ですね。

事前にデュアルショック5の実物だといわれる写真がリークされていましたが、どうやらそのリークは正しかったようですね。


出典https://www.reddit.com

基本的なデザイン自体は、プレイステーション4のデュアルショック4から変わっていません。

変わった点といえば、デュアルショック4ではタッチパッドだった部分が液晶ディスプレイになっているという点です。

デュアルショック5の新機能

デュアルショック5には、新機能として、「ハプティック機能」が採用されています。

ハプティック機能とは、感覚フィードバックのことで、ゲームのシーンに合わせた振動、感覚をコントローラーを通して得ることができるというものです。

バイブレーション機能の進化版のようなもので、ボイスコイルモーターを採用することで、バイブレーションの強弱と感覚を自由自在に変動することができるものです。

例えば、キャラクターが砂の上を歩いている時、氷の上を歩いている時、沼地を歩いている時では、それぞれのイメージに合わせた感触が得られるようになっているということです。

また、アダプティブトリガー機能がL2ボタン、R2ボタンに搭載されます。

アダプティブトリガー機能とは、例えば、弓を引く時に、引けば引くほどボタンの抵抗力が強くなっていくなど、ボタンの硬さを可変させることができる機能のことです。

弓でなくとも、戦闘ゲームでは銃の種類によってボタンの硬さを変えたりと、よりゲームをリアルに感じることができる機能です。

デュアルショック5の重さは、4と同程度

デュアルショック5には、ディスプレイが採用されたり、ハプティック機能が搭載されるなど、デュアルショック4よりも重量が重くなる要素がいくつかありますが、重さはデュアルショック4と同程度に抑えられるという情報が入っています。

デュアルショック4の重さは136gです。

150gを超えてくると結構重くて長時間プレーしていると疲れてくるのですが、これくらいの重さなら長時間プレーしてもそれほど疲れずに楽しむことができます。

ちなみに、Xboxのコントローラーは200g以上もあり、かなり重いです。

アメリカ企業で手の大きな外国人がプレーすることを念頭に置いて開発されているものと、日本企業で日本人がプレーすることを念頭に置いて開発されているものとの違いですね。

関連記事

プレイステーション5の最新情報は、こちらの記事にまとめてあります。

注目のキャンペーン情報!
BIGLOBEモバイルでは、初期費用無料、端末代6,000円還元、オプション料金6ヶ月無料など実施中!
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルでは、基本料金5ヶ月間半額、LINEPay5,000円分プレゼントなど実施中!
>>LINEモバイル公式サイトへ

_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする