AQUOS SENSE3(lite/plus) 発売日、価格、スペック、サイズ、カメラ、バッテリー【ドコモ、AU、UQモバイル】

シャープのスマートフォン、AQUOS SENSE3が発売されました。

今回のAQUOS SENSE3には、無印、lite、Plus、basicの4種類がラインナップされています。

このページでは、AQUOS SENSE3シリーズの、発売日、価格、スペックなど、最新情報を紹介します。

AQUOS SENSE3

まずは、無印のAQUOS SENSE3の情報から紹介します。

AQUOS SENSE3の発売日

AQUOS SENSE3の発売日は、2019年11月1日です。

AQUOS SENSE2は、2018年10月に発売されました。

AQUOS SENSEは、2017年11月に発売されました。

AQUOS SENSEシリーズは、毎年10月~11月に発売されているということが分かります。

SIMフリー版が11月27日に発売

キャリア版に続き、SIMフリー版が2019年11月27日に発売されます。

ドコモ、AU、ソフトバンク、UQモバイルから発売

AQUOS SENSE3(無印)は、ドコモ、AU、ソフトバンク、UQモバイルから発売されます。

AQUOS SENSE3のデザイン

AQUOS SENSE3のデザインを紹介します。

出典https://corporate.jp.sharp

カラーは、左からライトカッパー、シルバーホワイト、ブラックの3色です。

AQUOS SENSE3のスペック

AQUOS SENSE3のスペックを紹介します。

AQUOS SENSE3は、歴代AQUOS SENSEシリーズと同じく、ローエンド~ミドルレンジに位置するスペックとなっています。

OS Android 9.0
ディスプレイ 5.5インチIGZO
1,080×2,160
プロセッサ Snapdragon630
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
背面カメラ 1200万画素+1200万画素
前面カメラ 800万画素
バッテリー容量 4000mAh
サイズ 147mm×70mm×8.9mm
重量 167g

OSには、最新のAndroid10.0ではなく、Android9.0が採用されています。

バッテリーの持ちが良いダークモードを搭載しているAndorido 10.0ですが、恩恵が大きいのは有機ELディスプレイを搭載した機種であり、AQUOS SENSE3は液晶なので、あまり関係ないです。

ディスプレイには、5.5インチのIGZO液晶ディスプレイが採用されています。

解像度は2,160×1,080で、フルHD+となっています。

プロセッサには、ミドルレンジ向けによく使われている、Snapdragon630が採用されています。

AQUOS SENSE2には、Snapdragon 450が搭載されていました。

Snapdragon630は、Snapdragon450よりも2割ほど性能が高くなっています。

現在、ミドルレンジ向けのSnapdragonは、上に660や710などがあり、Snapdragon630はミドルレンジ向けとしては最下位のものですが、AQUOS SENSEのコンセプトとして、性能は最低限で安価なスマートフォンというものがあるので、Snapdragon630が採用されたということです。

メモリは、AQUOS SENSE2では3GBでしたが、AQUOS SENSE3では、4GB搭載されています。

最近では、ローエンド~ミドルレンジ帯のスマートフォンでも、4GBのメモリというのは珍しくなくなってきました。

メインカメラは1200万画素の標準カメラと、1200万画素の広角カメラの、デュアルとなっています。

バッテリーの持ちが自慢!

AQUOS SENSE3には、4000mAhのバッテリーが搭載されており、充電しなくても一週間待機することができるほどバッテリーの持ちが長くなっています。

バッテリーが大容量なだけでなく、シャープ自慢のIGZO液晶ディスプレイは消費電力が少ないので、これだけのバッテリーの持ちを実現しています。

AQUOS SENSE3の価格

AQUOS SENSE3の価格は3万円程度と、お手頃に抑えられています。

ドコモ・・・31,680円
AU・・・36,720円
UQモバイル・・・23,760円
SIMフリー・・・35,000円程度

[ad]

AQUOS SENSE3 plus

次に、AQUOS SENSE3 plusの情報を紹介します。

AQUOS SENSE3 plusの発売日

AQUOS SENSE3 plusの発売日は、2019年12月中旬です。

AUとソフトバンクから発売

AQUOS SENSE3 plusは、AUとソフトバンクから発売されます。

AQUOS SENSE3 plusのデザイン

AQUOS SENSE3 plusのデザインを紹介します。


出典https://corporate.jp.sharp

カラーは左から、ムーンブルー、ブラック、ホワイト、ピンクの4色です。

AQUOS SENSE3 plusのスペック

AQUOS SENSE3 plusのスペックを紹介します。

OS Android 9.0
ディスプレイ 6.0インチIGZO
1,080×2,220
プロセッサ Snapdragon636
メモリ 6GB
ストレージ 64GB/128GB
背面カメラ 1220万画素+1310万画素
前面カメラ 800万画素
バッテリー容量 4000mAh
サイズ 160mm×75mm×8.7mm
重量 175g

無印と違うところを紹介していきます。

ディスプレイサイズは6.0インチと大きくなっており、それにともなって解像度も向上しています。

プロセッサには、Snapdragon636が採用されています。

これは、無印に搭載されているSnapdaragon630よりも6割ほど性能が高くなっています。

メモリは無印よりも2GB多い、6GB搭載されています。

メインカメラも無印よりも画素数が多く、1220万画素の標準カメラと、1310万画素の広角カメラが採用されています。

AQUOS SENSE3 plusの価格

AQUOS SENSE3の価格は、無印よりも1万円ほど高く、45,000円程度になると予想されています。

正式な価格はまだ発表されていません。

AQUOS SENSE3 lite

次に、AQUOS SENSE3 liteの情報を紹介します。

AQUOS SENSE3 liteの発売日

AQUOS SENSE3 liteの発売日は、2019年10月1日です。

liteは、楽天モバイル専用

AQUOS SENSE3 liteは楽天モバイル専用モデルで、楽天モバイルのみから販売されています。

AQUOS SENSE3 liteのデザイン

AQUOS SENSE3 liteのデザインを紹介します。

出典https://corporate.jp.sharp

カラーは左から、ライトカッパー、シルバーホワイト、ブラックの3色です。

AQUOS SENSE3 liteのスペック

AQUOS SENSE3 liteのスペックを紹介します。

OS Android 9.0
ディスプレイ 5.5インチIGZO
1,080×2,160
プロセッサ Snapdragon630
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
背面カメラ 1200万画素
前面カメラ 800万画素
バッテリー容量 4000mAh
サイズ 147mm×70mm×8.9mm
重量 167g

無印との違いは、メインカメラがシングルになっているということくらいです。

AQUOS SENSE3 liteの価格

AQUOS SENSE3 liteの価格は、29,819円です。

UQモバイルの無印よりも価格が高いのが少し気になりますね。

AQUOS SENSE3 basic

最後に、AQUOS SENSE3 basicについて紹介します。

AQUOS SENSE3 basicは、ソフトバンクのみ

AQUOS SENSE3 basicは、ソフトバンクのみが取り扱っています。

それも法人向けとして販売されており、一般向けではありません。

AQUOS SENSE3 basicのデザイン


出典https://corporate.jp.sharp

カラーはシルバーの1色のみです。

basicのスペックは、liteとほぼ同じ

AQUOS SENSE3 basicのスペックは、liteとほぼ同じですが、liteから更にお財布ケータイ機能が省略されています。

いずれにしても、法人向けとして販売されているので、一般ユーザーにはあまり関係ありません。

バッテリーの持ちが良いので、法人向けで頻繁に充電しなくても良い格安のスマートフォンとして使われることでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする