ソフトバンク ミニモンスターとは? 月月割廃止!メリット・デメリット、落とし穴は?料金

スポンサーリンク
注目のキャンペーン情報!
NifMoでは、最大15,100円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!(8月31日まで)
最低でも12,100円以上もらえる太っ腹キャンペーンです。
>>NifMo公式サイトへ


BIGLOBEモバイルでは、最大11,300円分の特典!(9月30日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ


_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
ワン吉くん
ソフトバンクから、ミニモンスターっていう料金プランが発表されたね。どんな料金プランなのかな?
ウサギ先生
ミニモンスターについて詳しく教えてあげる。

このページでは、ミニモンスターのメリット、デメリット、料金、落とし穴などについて紹介します。


出典https://www.softbank.jp/ ”

ミニモンスターとは

ミニモンスターとは、データ通信を使った分だけ請求される、段階別の料金プランです。

国が携帯料金を引き下げるように圧力をかける中で、その意向に沿った料金プランともいうことができます。

月額料金1,980円~という定額でスマートフォンを利用することができる。というのが、ミニモンスターのアピールポイントです。

ミニモンスターの料金

ミニモンスターの料金設定は、以下のようになっています。

~1GB・・・1,980円
~2GB・・・3,980円
~5GB・・・5,480円
~50GB・・・6,480円

毎月のデータ通信量が1GB未満の月だと1,980円で済むし、50GB使ったとしても6,480円という安心できる料金設定となっています。

この料金は、ミニモンスターの料金に、通話基本プラン1,500円を加えた金額から、ミニモンスター契約後1年間毎月1,000円割引される、「1年おトク割」と、固定回線とのセット割引である「おうち割光セット」を適用したあとの金額です。

通話基本プランや、これらの割引を適用する前の、ミニモンスターの本来の料金は、以下のようになっています。

~1GB・・・2,480円
~2GB・・・4,480円
~5GB・・・5,980円
~50GB・・・6,980円

他の料金プランと比較

ソフトバンクには、同時に発表されたウルトラギガモンスター+(プラス)や、データ定額プランという料金プランも設定されています。

それらの料金プランと比べて安いのか高いのか、比較してみましょう。

・ウルトラギガモンスター+(プラス)と比較
ウルトラギガモンスター+(プラス)は、毎月50GBまでのデータ通信に加え、YouTube、AbemaTV、TVer、GYAO、hulu、LINE、Instagram、Facebookの動画、SNSのデータ通信量はカウントされない料金プランです。

月額料金は、5,980円です。

ミニモンスターでは、2GB以上使うと月額料金は5,980円になりますから、2GB以上使うかtはミニモンスターの方がお得。ということになります。

さらに、ウルトラギガモンスター+(プラス)には、みんな家族割という、家族一人あたり毎月500円割引が増えていくサービスがありますが、ミニモンスターにはないので、複数人で使う場合には更に差が広がります。

ウルトラギガモンスター+(プラス)について詳しくは、こちらの記事をごらんください。
ウルトラギガモンスター+(プラス)とは?デメリットは?繰越、テザリングはできるの?変更方法は?

・データ定額プランと比較
従来の、1GB~30GBのデータ定額プランと料金を比較してみましょう。

データ定額ミニ1GB・・・2,900円
データ定額ミニ2GB・・・3,500円
データ定額5GB・・・5,000円
データ定額20GB・・・6,000円
データ定額30GB・・・8,000円

最も契約者が多いであろう、データ定額5GBプランよりも、ミニモンスターで2~5GB利用したときの料金は高くなってしまっています。

しかも、今後データ定額プランの新規受付は終了してしまうので、今後契約する人は、ミニモンスターか、ウルトラギガモンスター+(プラス)のどちらかに契約をするしかありません。

データ定額プランが新規受付を終了することを、ソフトバンクのサポートに確認しました。

今後は、1GB未満しか使わない人はミニモンスター、2GB以上使う人はウルトラギガモンスター+(プラス)と、ちょっと極端な2つの料金プランから選択することになりそうです。

ワン吉くん
5GBくらい使っていた人にとっては、実質値上げになってしまうみたいだね。
ウサギ先生
今データ定額プランを契約している人は、引き続き使えるわよ。

月月割が適用されない

これまで、携帯電話を新しく購入した時は、毎月の料金から一定の金額を割引してくれる、「月月割」というものがついてきました。

実質○○円!というやつです。

しかし、ミニモンスターには、月月割が適用されません。同時に発表されたウルトラギガモンスタープラスも同じです。

ミニモンスターの場合は、料金の項目で紹介したように、主に1GB未満のデータ通信しかしない人がターゲットです。

従来の料金プランにあった、「データ定額ミニ1GB」も、月月割は適用されなかったので、月月割が適用されない!というのは、ミニモンスターよりも、ウルトラギガモンスタープラスの方が影響は大きいですね。

ミニモンスターの、メリット、デメリット

ミニモンスターのメリット、デメリットをおさらいしましょう。

メリット

・1GB未満の場合は安い
ミニモンスターは、月のデータ通信量が1GB未満だった月は、月額2,480円と、これまでのデータ定額ミニ1GBよりも安く使うことができます。

・50GB使っても6,980円
データ定額ミニ1GBで1GBを使い切ってしまった場合、1GB1,000円で追加のデータ通信量を購入しないといけませんでしたが、ミニモンスターなら、段階的な料金設定で、50GB使っても6,980円で済むので、安心です。

デメリット、落とし穴

・表記の料金は割引適用後
ミニモンスターの紹介ページでは、1年目1,980円~ということを大きくアピールしています。
しかし、1,980円~使えるのは、おうち割光セットを適用し、しかも1年間だけです。

・データ定額プランが終了する
これまでメインの料金プランであった、データ定額5GBなどの料金プランの新規受付が終了します。
毎月3~5GB程度のデータ通信をする人がMVNOなどでソフトバンクに転入するのは、ちょっと躊躇してしまうかもしれません。

ミニモンスターには、こういったメリット、デメリットがあるので、しっかりと理解して、上手に使いたいですね。

このページに書いてあることは、今後変更されることもあるでしょうから、契約をする際はサポートスタッフや店員さんにしっかりと確認してからしましょう。

注目のキャンペーン情報!
NifMoでは、最大15,100円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!(8月31日まで)
最低でも12,100円以上もらえる太っ腹キャンペーンです。
>>NifMo公式サイトへ


BIGLOBEモバイルでは、最大11,300円分の特典!(9月30日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ


_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする