Galaxy S9 (+)日本発売日、スペック、画像、価格などリーク情報!Galaxy S9も、ドコモ、AUで取扱

スポンサーリンク
注目のキャンペーン情報!
NifMoでは、最大15,100円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!(10月31日まで)
>>NifMo公式サイトへ


BIGLOBEモバイルでは、最大16,400円分の特典!(12月2日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ


_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
ワン吉くん
Galaxy S9が発売されるみたいだね。どう進化するのかな?
ウサギ先生
Galaxy S9の、今入っている情報を教えてあげる。

このページでは、Galaxy S9、Galaxy S9+の日本発売日、スペック、画像、価格などリーク情報を紹介します。

Galaxy S9

まずは、プラスではない方、Galaxy S9を紹介していきます。

Galaxy S9の日本発売日

Galaxy S9は、2018年2月に発表されました。

日本発売日は、2018年6月中になると予想されています。

ちなみに、Galaxy S9の開発はこれまでのギャラクシーシリーズよりも早くからはじめられました。

これは、Galaxy S7で発火問題を起こした教訓を受けて、不具合のあぶり出しをする期間を十分に設けるためだといわれています。

Galaxy S9のデザイン

Galaxy S9のデザインは、Galaxy S8からほとんど変わっておらず、一見違いがわからないほどそっくりです。

Galaxy S9

出典https://www.flickr.com/ ”

出典https://www.flickr.com/ ”

 出典https://www.flickr.com/ ”

最近のAndroidは、ノッチを作って少しでも画面占有率を高くしよう。というデザインが流行りですが、Galaxy S9は、ノッチなしのデザインです。

そのかわり、画面占有率は、Galaxy S8からほとんど変わっていません。

個人的には、画面はもう十分なので、変なノッチはつけないでほしいので、良いデザインだと思います。

Galaxy S8からデザインが大きく変わっていないということで、時代の先をいっていたGalaxyシリーズも一旦頭打ちという印象でしょうか。

iPhoneも、6から8までほとんどデザインは変わっていないわけですし、毎回劇的に進化しないといけない。というわけでもないですからね。

次は、折りたたみ液晶など、新しい革新的な技術に期待したいところです。

2018年秋に発売が予想されている、Galaxy Note9から、折りたたみディスプレイが搭載されるようです。

Galaxy Note9 日本発売日、スペック、価格予想などリーク情報。折りたたみ液晶?

Galaxy S9のスペック

Galaxy S9は、フラッグシップモデルなので、Androidスマートフォンとして最高のスペックとなります。

Galaxy S9のスペックを、Galaxy S8と比較しながら紹介します。

Galaxy S9 Galaxy S8
OS Android 8.0 Android 7.0
ディスプレイ 5.8インチ4K 有機EL QHD+ 5.8インチ有機EL QHD+
CPU Snapdragon845 Snapdragon835
メモリ 4GB 4GB
ストレージ 64GB 64GB
メインカメラ 1200万画素 1220万画素
インカメラ 800万画素 800万画素
バッテリー容量 3000mAh 3000mAh
サイズ 縦147.7mm×横68.7mm×厚さ8.5mm 縦149mm×横68mm×厚さ8.0mm
重量 約163g 150g

CPUは、2018年に発売される最新のSnapdragon845が搭載されています。

Snapdragon845は、Snapdragon835よりも30%ほど性能が向上しています。

今回も、Snapdragon845は、サムスンが優先的に供給してもらう契約をしているようで、ソニーなどライバル会社は苦い思いをすることになるかもしれません。

Antutuベンチマークスコアは、約25万点と、Androidトップクラスの性能を誇ります。

メモリ、ストレージは、の容量は、Galaxy S8から変わっていません。

これだけ見ると、デザインも変わっていないし、Snapdragon835が845に変わっただけで、大して変わっていないじゃないか!と言いたくなるので、もう少し変わった点を紹介します。

Galaxy S9のカメラ性能

Galaxy S9では、プラスではない方もデュアルカメラになるのでは?と言われていたのに、シングルカメラでしたし、画素数も変わっていません。

それでも、Galaxy S8と比べて、カメラ性能は向上しています。

・デュアルアパーチャ
絞りをF1.5またはF2.4に自動で切り替え、明るいところでも、暗いところでも美し写真を撮影することができます。

シングルカメラながら、F値1.5のレンズと、F値2.4のレンズが搭載されているような感覚です。

・スーパースローモーション動画撮影
Galaxy S9は、960fpsのスーパースローモーション動画撮影に対応しています。

1秒間に960カット撮影することができる。ということです。

このスーパースローモーション動画を、ホーム画面に設定することもできます。

実機を使用して撮影してみましたが、フルオートモードで撮影すれば、色や明るさなどを自動で調整し、非常に高い再現度の写真を撮影することができる。という印象です。

料理モードにすると、料理が色鮮やかに、美味しそうに撮影することができます。

ちょっと暗いところで撮影しても、全くそれを感じさせません。

忠実度という点ではあまり高くないのかも知れませんが、料理を美味しそうに見せるということに特化したモードですね。

・手ぶれ補正も強力
動画も撮影してみましたが、フルハイビジョン画質までなら、強力な手ぶれ補正がききます。

4K画質で撮影すると、少し足りないかな。という印象です。それでも、これは、Xperiaシリーズを抜いて、カメラ性能もかなり高いですね。

AR対応

Galaxy S9は、AR(拡張現実)機能にも対応しています。

たとえば、マップ機能と連動して、カメラで実際の街中を映すと、カメラの映像の中に、それぞれのお店の案内などが表示されます。

また、iPhoneXに搭載されたアニモジのように、自分の動く絵文字を作成することができる程度です。

さらに、カメラに外国語が含まれるものを映すと、自動で翻訳してくれる。という機能も搭載されています。

グーグルの翻訳アプリにも搭載されていたはずですが、まだまだ精度は低かったので、Galaxy S9の翻訳機能の精度が高ければ、こちらの方が使えそうですね。

Galaxy S9の価格

Galaxyシリーズは、モデルチェンジを重ねるごとに、少しずつ高くなっています。

日本円で約5,000円ずつ高くなっていく印象です。

Galaxy S9の価格は、10万円程度

Galaxy S9+の価格は、12万円程度になると予想されています。

これまでの傾向から、ドコモよりはAUの方が少し価格、実質負担額ともに安くなるでしょう。

発売時の為替相場によっても変わってくるので、まだ未確定です。

ワン吉くん
ハイスペックスマホはどんどん高くなっていくね。
ウサギ先生
もう、そこらのパソコンよりも性能が高いから、仕方がないわね。

Galaxy S9の取扱キャリア

Galaxy S9は、Galaxy S8と同じく、ドコモとAUで取り扱われるでしょう。

今のところ、ソフトバンクでの販売の情報はありません。

ウサギ先生
Galaxy S9の新しい情報は、これからもどんどん更新していくわ。

Xperia XZ3と、Galaxy S9を比較!

Andoridoスマートフォンとして最大のライバルになるであろう、Xperia XZ3が発表されました。

こちらのページでは、Galaxy S9と、Xperia XZ3を比較しています。
Xperia XZ3と、Galaxy S9(+)を、比較!スペック、サイズ、重さ、価格、カメラ性能など。違いは?どっちが良い?

こちらのページでは、Xperia XZ3について、詳しく紹介しています。
Xperia XZ3 発売日、予約、スペック、デザイン、カメラ、価格など、リーク情報

注目のキャンペーン情報!
NifMoでは、最大15,100円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!(10月31日まで)
>>NifMo公式サイトへ


BIGLOBEモバイルでは、最大16,400円分の特典!(12月2日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ


_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする