Galaxy Note9 日本発売日、スペック、価格予想などリーク情報。折りたたみ液晶?Snapdragon845?

注目のキャンペーン情報!
BIGLOBEモバイルでは、通話SIM、データSIM契約で最大15,600円分キャッシュバックキャンペーン実施中!
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ


エキサイトモバイルでは、10,100円キャッシュバックキャンペーン実施中!
>>エキサイトモバイル 公式サイトへ

_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
ワン吉くん
Galaxy Note9はディスプレイが折りたためるんだって?すごいね!
ウサギ先生
うーん。そんな噂はあるけどね^^;現時点でのリーク情報を紹介するわ。

このページでは、Galaxy Note9のスペック、価格予想、発売日など、リーク情報を紹介します。

スポンサーリンク

発売日

Galaxy Note9の世界での発表は2018年8月、発売は2018年9月になると予想されています。

今のところ、日本発売がどうなるか。といった情報は入っていません。

Galaxy Note8の発表が2017年8月、日本発売が2017年10月だったので、Galaxy Note9の日本発売日は、2018年10月になる可能性が高いでしょう。

ウサギ先生
Galaxy Note8の発売情報はこっちを見てね。

Galaxy Note8のスペック、サイズ、日本発売日、ドコモ、AU取扱予想情報など

デザイン

Galaxy Note9のレンダリング画像がいくつかでてきていますが、こんな感じになる可能性が高そうです。

出典Twitter

Galaxy Note8よりも更にベゼルが細くなっており、指紋認証が画面内に組み込まれるでしょう。

上の方のベゼルに見える部分も、よく見ると時計やバッテリー残量が表示されており、ディスプレイになっていることがわかります。

Galaxy Note9で、全面ディスプレイはほぼ完成形になりそうです。

ディスプレイ内に指紋センサーを搭載する技術は、既に市販できるレベルに仕上がっており、Galaxy Note9、またはGalaxy S9から搭載されるはずです。

ワン吉くん
ほとんどが画面だね!

折りたたみディスプレイは?

Galaxy Note9は、折りたためるディスプレイが搭載される?といった噂が流れていますが、技術の進捗状況的に、その可能性は低いかと思います。

ちまたでは、こんな画像が出回っています。

出典YouTube

ワン吉くん
わあ!すごいね!

技術開発が進められていることは事実ですが、2019年~2020年頃になるでしょう。

折りたたみディスプレイのスマートフォンが発売されれば、スマートフォンは新しい時代に突入することになりそうです。

その頃、日本メーカーは・・・。健闘していることを祈りますが。

スペック

Galaxy Note9のスペックは、Galaxy Note8から順当に進化します。

現時点で予想されている、Galaxy Note9のスペックを紹介します。

Galaxy Note9 Galaxy Note8
OS Android 8.0 Android7.1
ディスプレイ 不明 6.3インチ(2960×1440)
CPU Snapdragon 845 Snapdragon 835
メモリ 8GB 6GB
ストレージ 128GB、256GB 64GB、128GB、256GB
メインカメラ 1220万画素×2 1220万画素×2
インカメラ 1220万画素 800万画素
バッテリー容量 3,300mAh 3,300mAh
サイズ 不明 縦162.5×横74.8×厚さ8.6mm
重量 不明 190g

基本性能

まず、CPUですが、2018年時点でのSnapdragon最高峰のCPUが搭載されるでしょう。

Snapdragonの最新CPUはまだ発表されていませんが、Snapdragon845というものが搭載されるといわれています。

現時点で出ている情報では、Snapdragon845はSnapdragon835と比べて、4割ほど性能が向上するようです。

AppleのA11チップセットがとても高性能で、Snapdragon835を大きく上回るベンチマークスコアを叩き出していますが、Snapdragon845は、A11チップの性能には及ばなさそうです。

メモリ容量も6GBから8GBに増やされると予想されており、スペックはそこらのパソコンよりも高くなりそうです。

ディスプレイサイズは現時点では不明ですが、上で紹介したように折りたたみ画面になる可能性は低く、Galaxy Note8よりも少しだけベゼルが狭くなった有機ELディスプレイが搭載されるでしょう。

Galaxy Note9では、指紋センサーがディスプレイと一体化し、ディスプレイを触ると同時にロックが解除されるようになるでしょう。

バッテリー容量は、3,300mAhと、Galaxy Note8と同等になると予想されています。

サムスンとしては、バッテリー容量を増やして、持続時間を向上させたいところでしょうが、Galaxy Note7の発火事故の経験から、むやみに増やすことができない。という事情もあるようです。

カメラ

Galaxyシリーズのカメラは、Galaxy Note8からデュアルカメラが搭載されました。

Galaxy Note9も、メインカメラはデュアルカメラとなるでしょう。

メインカメラの画素数はGalaxy Note8と同程度になると予想されていますが、センサーやズーム性能の向上で、より綺麗な画像が撮影できるようになるでしょう。

一方、これまで800万画素に抑えられていたインカメラの画素数は、メインカメラと同じく1220万画素に向上し、グッと綺麗な写真が撮影できるようになるでしょう。

ただし、インカメラはシングルのままになると予想されています。

価格

Galaxy Note9の価格は、エントリー価格が1000ドルを超えてくるのではないかと予想されています。

Galaxy Noteシリーズの価格は、現在最新のGalaxy Note8で、929ドル~となっています。

Galaxy Noteシリーズは、世代を重ねるごとに価格が高くなっており、価格の上がり方を考えると、1000ドル超えでも全く不思議ではありません。

その時の為替レートにもよりますが、日本円で11万円程度~ということになりそうです。

最近は、HuaweiもP10 Proを日本円で12万円程度で販売するようですし、スマートフォンの価格の高騰が止まらないですね。

Huawei mate10シリーズ スペック、価格などリーク情報。日本発売日はいつ?

ワン吉くん
高いなあ。格安SIMを使っても高くなりそうだなあ。

安全性

Galaxy Note7が発火事故を起こしたのは、記憶にあたらしいところです。

Galaxy Note8は、こういった事故を二度と繰り返さないように、チェック体制を多重化するなど、安全性の確保にも力が注がれていました。

Galaxy Note9も、安全性を確保するためのテスト期間を十分に設けるために、2018年1月にはテスト機の生産がはじまるようです。

販売まで半年以上前からテスト機を生産し、様々な検査し、品質に万全を期す。ということでしょう。

発火事故後もGalaxyシリーズ自体の人気は衰えを知らず、サムスンは、今年もスマートフォンのシェアNo1を確保しています。

ドコモ、AUから発売か

Galaxy Note9は、Galaxy Note8と同じく、ドコモとAUから発売されると予想されています。

今回もソフトバンクからは発売されないでしょう。

ドコモ版、AU版の価格は、海外モデルを単純に円換算をした金額よりも高くなる傾向にあり、Galaxy Note8でも既に12万円を超えています。

Galaxy Note9の価格は、13万円~14万円にまで高くなることは必至で、高いと言われているiPhoneXにも匹敵する価格となるでしょう。

日本国内では、GalaxyシリーズはiPhoneほどの支持を得ることはできていないので、販売台数は限定的になりそうです。

スポンサーリンク
注目のキャンペーン情報!
BIGLOBEモバイルでは、通話SIM、データSIM契約で最大15,600円分キャッシュバックキャンペーン実施中!
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ


エキサイトモバイルでは、10,100円キャッシュバックキャンペーン実施中!
>>エキサイトモバイル 公式サイトへ

_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする