【Galaxy S22 ultra/Plus リーク情報】発売日、スペック、価格、カメラ性能など。ドコモ、AUから発売か

2022年モデルのGalaxy、Galaxy S22にも、ultraと、Plusが設定されるとみらています。

Galaxy S22 ultra、Galaxy S22 Plusのリーク情報も、少しずつ集まってきています。

このページでは、Galaxy S22 ultra、Galaxy S22 Plusの発売日、スペック、カメラ性能、価格など、リーク情報、予想情報、最新情報を紹介します。

Galaxy S22 ultra/Plusの発売日

Galaxy S22 ultra/Plusの発売日(発表日)は、2022年2月ごろになるというリーク情報が有力です。

有力リーカー、ジョン・プロッサーが、そのようにリークしています。

Galaxy Sシリーズの発売日は、これまでも、少しずつ前倒しされていく傾向にありました。

これは、iPhoneに対抗するためだといわれています。

これまでのGalaxy Sシリーズの発売日は、以下のとおりです。

Galaxy S21・・・2021年4月
Galaxy S20・・・2020年3月
Galaxy S10・・・2019年6月
Galaxy S9・・・2018年5月
Galaxy S8・・・2017年6月
Galaxy S7・・・2016年5月

毎年5月~6月に発売されていたものが、最近では3月~4月になってきています。

これが、ついに2月にまで前倒しされることになるでしょう。

ただし、日本発売日は最終的にはキャリアが決めるため、それほどズレないかもしれません。

Galaxy S22 ultra/Plusのデザイン

Galaxy S22 ultraの背面のデザインがリークされています。

このデザインを見てみると、背面左上に5つの穴が空いていることがわかります。

Galaxy S21 ultraでは、背面左上の左側には3つのカメラが。右側には、上からAFセンサー、フラッシュ、カメラが並んでおり、合計6つの穴が必要でしたが、1つ減っています。

AFセンサーがフラッシュと同じ位置に配置されるとみられています。

Galaxy S22シリーズは、まもなく量産がはじまるとされていますから、これから、さらにデザインに関するリーク情報も増えていくはずです。今後も追っていきます。

【追記】
Galaxy S22 ultraのものとされる写真がさらにリークされています。

Galaxy S22 ultraのデザイン
出典https://www.frontpagetech.com

先に紹介したものと、5つの穴の位置は同じなので、信ぴょう性がより高くなりました。

ただし、右側の上下のカメラの間に、フラッシュがあります。

Galaxy S22 ultra/Plusのディスプレイサイズ

Galaxy S22 ultraのディスプレイサイズは6.81インチ

Galaxy S22 Plusのディスプレイサイズは6.55インチになるというリーク情報が出ています。

Galaxy S21 ultraのディスプレイサイズは6.8インチ、Plusは6.7インチでしたから、Plusのディスプレイサイズが結構小さくなります。

これまで、Plusのサイズはultraに近かったのですが、S22では、無印とultraの中間くらいになるようです。

Galaxy S22 ultraには、LPTOディスプレイ

Galaxy S21 ultraに引き続き、Galaxy S22 ultraには、LPTOディスプレイが搭載されると予想されています。

LPTOディスプレイは、OLED(有機EL)ディスプレイの一種なのですが、これまでのOLEDディスプレイよりも省電力性に優れています。

ディスプレイの消費電力は、約16%低減されており、バッテリーの持ちに貢献します。

ただ、コストがかかるため、Galaxy S22シリーズでも、LPTOディスプレイが採用されるのは、ultraだけになるとみられています。

Galaxy S22 ultra/Plusのカメラ性能

Galaxy S22 ultraのメインカメラは4眼で、1億800万画素のメインカメラが採用されるとリークされています。

このメインカメラには、画素サイズ0.8マイクロメートルのイメージセンサーが搭載され、F値は1.8になると予想されています。

また、1200万画素の超広角カメラも、Galaxy S21 ultraよりも高性能なものになるようです。

リーク情報によると、1億800万画素+1200万画素+1000万画素+1000万画素のクアッドカメラになるということですね。

Galaxy S22 plusのメインカメラには、5000万画素のものが搭載されると予想されています。

また、Galaxy S22 ultraのカメラは、オリンパスと共同開発のものが搭載される。というリーク情報も出ています。

カメラに関しては、ソニーやオリンパスなど、日本勢が高い技術を持っていますから、日本メーカーの技術が使われて性能が向上するのなら、嬉しいことですね。

ペリスコープカメラも、更に進化

ペリスコープカメラとは、通常、高い倍率の望遠を実現しようと思うと、レンズの長さが必要となり、スマホの厚みが厚くなってしまうのですが、潜水艦の潜望鏡のように反射を利用することで、厚さを抑えながら、高倍率を実現できる。というカメラです。

Galaxy S21 ultraには、ペリスコープカメラが採用され、最大100倍ズーム撮影ができるということで、話題となりました。

ペリスコープカメラ自体は、S20 ultraにも搭載されていましたが、S21 ultraでは、さらに性能が向上しており、100倍ズームの状態でもくっきり撮影ができるようになりました。

これが、Galaxy S22 ultraでは、更に進化して、よりくっきりとした写真を撮影できるようになる。と期待されています。

インカメラ

インカメラに関しては、ディスプレイ内に埋め込まれて、パンチホールがなくなると予想されています。

これにより、完全な全面ディスプレイが実現します。

最近のGalaxy S21などでも、前面はほぼ全てがディスプレイであり、ディスプレイ占有率はかなり高いものとなっていますが、やはりパンチホールは気になるものです。

ディスプレイに埋め込まれるタイプのインカメラは、画質が落ちてしまう。というのが大きなデメリットであり、これまで採用されたスマホは数少なかったのですが、サムスンは、画質を落とさずにディスプレイ内にカメラを埋め込む技術の開発に成功したようです。

最近のGalaxyの顔認証機能は、通常の顔認証機能よりも精度の高い、虹彩認証が採用されているのですが、Galaxy S22シリーズでも、引き続き虹彩認証が採用されるとみられています。

虹彩認証は、顔全体の認証ではなく、眼で認証をするため、昨今のマスクをしている環境下でも、スムーズにロックを解除することができます。

ディスプレイ埋込み型のカメラで虹彩認証を実現しているスマホはまだなく、それだけ、高性能なインカメラが埋め込まれるということを示唆されています。

Galaxy S22 ultra/Plusのプロセッサ

Galaxy S22 ultra/Plusには、2022年時点で最新のプロセッサ、Snapdragon 898が搭載されると予想されています。

Snapdragon 898は、現在のフラッグシップモデル、Snapdragon 888よりも3割ほど性能が向上すると予想されています。

Snapdragon 898についてのリーク情報、ベンチマークスコアなどは、こちらのページで紹介しています。

Exnos搭載モデルが拡大か

Galaxy Sシリーズには、Snapdragou搭載モデルと、サムスン独自チップのExnos搭載モデルがあることをご存知かもしれません。

韓国ではExnos搭載モデルが。日本、米国、中国など多くの地域ではSnapdragon搭載モデルが販売されています。

Snapdragon搭載モデルとExnos搭載モデルの性能差はない。ということになっていますが、やはり知名度の高いSnapdragon搭載モデルの方が評判が良いのも事実です。

Galaxy S22 ultra/Plusでは、米国でも、一部Exnos搭載モデルが販売されるのではないかといわれています。

今のところ、日本で販売されるモデルは全てSnapdragonになるようですが、Exnos搭載モデルの販売地域にも注目しておく必要があるかもしれません。

Galaxy S22 ultra/Plusのメモリ、ストレージ

Galaxy S22 ultraのメモリ容量は16GBで、ストレージ容量は512GBになる。とリークされています。

Galaxy S22 Plusの方は、メモリ容量12GB、ストレージ容量512GBになる。とリークされています。

Galaxy S21では、ultraがメモリ12GBストレージ256GB、Plusがメモリ8GBストレージ256GBですから、どちらも増量されるということになります。

メモリ16GBといえば、もう、十分すぎるほどの容量であり、プロセッサ性能の高さと合わせて、どんなアプリ、ゲームも快適にプレイすることができるでしょう。

ストレージ容量も512GBになると予想されていますから、micro SDカードを使わずとも、十分なデータを本体に保存することができるようになります。

Sペン対応

Galaxy S22 ultra、Galaxy S22 Plusも、もちろん、Sペンに対応するはずです。

Sペンは、ペンを使って文字を入力したり、絵を書いたり、写真を撮ったり、スマホの使い勝手をかなり良くしてくれます。

Galaxy S22シリーズには、Sペンで入力した手書きの文字をテキストに変換してくれる機能なども搭載されるようですから、ますます利便性は上がりそうですね。

Sペンを内蔵か

こちらのリーク画像によると、Galaxy S22 ultraでは、Sペンが本体に内蔵、収納できるようになるようです。

Galaxy S22 ultraのデザイン。Sペン収納か
出典https://www.frontpagetech.com

Galaxy noteシリーズが統合される。という噂は少し前からありますが、Sペンが内蔵されることになれば、いよいよGalaxy noteシリーズの廃止は近いのかもしれません。

Galaxy S22 ultra/Plusの価格

Galaxy S22 ultra、Galaxy S22 plusの価格は、S21と同程度になると予想されています。

<Galaxy S21 ultraの価格>
ドコモ・・・151,272円

<Galaxy S21 Plusの価格>
AU・・・118,540円

Galaxy S22 ultra/Plusは、ドコモ、AUから発売か

Galaxy S21 ultraはドコモのみ、Galaxy S21 PlusはAUのみから発売されましたが、Galaxy S22 ultra/Plusは、どちらもドコモ、AUから発売されると予想されています。

Galaxy S22 ultra/Plusに関して新しいリーク情報が入りましたら、また更新します。

Galaxy S22関連記事

Galaxy S22(無印)のリーク情報は、こちらのページで紹介しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする