arrows M04 がっかりなだけじゃない!評判、格安SIM、取扱 MVNO一覧。最安値はBIGLOBE!

ワン吉くん
arrows M04が発売されたね。がっかりした声が多いみたいだけど、いいところはないのかな?
ウサギ先生
スペック以外では良いところもあるわよ。arrows M04の最新情報を紹介するわ。

このページでは、富士通、arrows M04の発売日、スペック、価格など最新リーク情報と、取扱MVNO一覧を紹介します。

arrows M04

発売日

arrows M04の発売日は、2017年7月20日です。

デザイン

arrows M04のデザインは、M03からほとんど変りません。

カラーラインナップには変更があります。

カラーは、全5色ですが、各MVNO限定のカラーが3色もあります。

・ホワイト

・ブラック

・ゴールド(楽天モバイル限定)

・デニムブルー(ビックカメラ系列、IIJmio限定)

・グリーン(mineo限定)

実質、どこでも買えるのはホワイトとブラックだけ。ということです。

格安SIM向けに限定カラーを色々と出しているということで、格安SIM市場で大いに利用されることを期待しているようですね。

スペック

arrows M04は、ミドルレンジ~ローエンドあたりに位置するスマートフォンです。

スペックは、

ディスプレイ・・・5.0インチHD(1,280×720)
プロセッサ・・・Snapdragon 410
メモリ・・・2GB
ストレージ・・・16GB
SDカード・・・最大256GB
カメラ・・・メイン1,310万画素、サブ500万画素
バッテリー容量・・・2,580mAh
サイズ・・・縦144mm×横72mm×厚さ7.8mm

スペック自体はarrows M03とほとんど変わりません。

ミドルレンジ~ローエンドと言うよりは、今の時代だと完全にローエンドに入ってしまいますね。

ネット上でも、いつまでこのCPUを使うんだ!といった声が多く見られます。

・オサイフケータイ
・ワンセグ
・防水防塵

など、arrowsの特徴は受け継ぎます。

arrowsシリーズは、スペックよりもこういった日本独自の仕様をアピールしていく方針なのでしょう。

ワン吉くん
絶対的なスペックは低いよねえ・・・。

耐久性

arrowsシリーズの魅力の一つ、耐久性の高さは今作にも受け継がれています。

・防水(水深1.5mでの防水試験)
・防塵(直径75μm以下のチリ・ホコリに耐える)
・耐衝撃(1.5mからの落下試験)
・高温(70度)
・低温(-10度)
・耐振動

などに耐えるだけの性能を持っています。

これらの性能に加え、arrows M04では、ハンドソープで本体を洗う事ができるようになっています。

綺麗好きな女性もターゲットにしているようですね。

ワン吉くん
性能では海外メーカーに太刀打ちできないから、こういった部分をアピールしているのかな。

海外メーカースマホとの違い

現在、格安スマホの市場は、HuaweiやASUSなどの海外メーカーの端末が人気となっています。

日本メーカーだからこそのメリット、デメリットなどがあるので、紹介します。

・おサイフケータイ機能がある
arrows M04は、日本メーカーの製品だけあって、日本で主に使用されている、おサイフケータイなどのFeliCa規格に対応しています。

・ワンセグに対応している
arrows M04は、日本メーカーの製品ということで、日本独自の規格である、ワンセグに対応しています。

・防塵、防水対応である
arrows M04は、格安の端末にしては珍しく、防塵、防水に対応しています。

・安心感がある
arrows M04は、有名メーカー、富士通製なので、品質やサポートの面で海外メーカー品よりも安心して購入することができます。

・性能の割に価格が高い
arrows M04の性能は、決して高いとはいえません。例えば、HuaweiのP10 liteよりも高いにも関わらず、スペックは劣ります。

コストパフォーマンスで考えるなら、海外メーカー品の方が良いかもしれません。

こんな人におすすめ

絶対的な性能は決して高くないarrows M04ですが、こんな人におすすめです。

・初めてのスマホを持つ子供
今は、小学生、中学生からはじめてのスマホを持つ時代です。
小学生、中学生の子供は、スマホを落としてしまったり、濡らしてしまったり、乱暴に扱ってしまうこともあるでしょう。
そんな時、防水、防塵、耐衝撃性のあるarrows M04なら安心です。

・綺麗好きな人
arrows M04は、洗剤で直接洗うことができる。という点をアピールしています。
汚れが気になったら、いつでも丸洗いをすることができるので、皮脂汚れなどが気になる綺麗好きな方にもおすすめです。

・ワンセグ、おサイフケータイ対応の防水端末が欲しい人
グローバルで販売される端末が多い中、ワンセグとおサイフケータイ機能を搭載した、防水端末はあまりありません。arrows M04は、ワンセグとおサイフケータイ機能を搭載した、防水端末としては最安値級です。

ウサギ先生
価格に対する性能を重視する人にはあまり向いていないわね。

評判、口コミ

arrows M04が発売されてしばらく経ったので、評判、口コミを集めてみました。

・中学生の息子に持たせる初めてのスマホとして選びました。あまりスペックが高すぎても、ゲーム漬けになっても困るので、軽いゲームができる程度が良いと思います。また、中学生男子はきっと何度も落としたりするはずなので、耐衝撃仕様になっているのはありがたいです。(40代男性)

・還暦を迎える母のために購入しました。母は何かと日本メーカー品にこだわるということと、文字を大きくして、らくらくフォンのように使えるので、使いこなせているようです。(30代女性)

・スペックはあまり良くない?ようですが、私はネット検索と通話、メールができれば良いので、本体を丸洗いできていつもキレイな状態で使える。という点に引かれました。(40代女性)

・自分が使うなら、このスペックでこの価格なら購入しない。でも、母が丸洗いできるし、お風呂の中でワンセグが見れる。ということで喜んでいた。女性には意外とニーズがあるのかもしれないと思った。(20代男性)

・ワンセグとオサイフケータイに対応していて、防水の安い端末がなかなかなかったので、これを選びました。スペック不足がちょっと心配だったが、インターネットやLINE、動画鑑賞くらいしか使わない私には十分でした。(30代男性)

取扱のあるMVNO

arrows M04を取り扱っている、主なMVNOと、販売価格を紹介します。

NifMo・・・31,112円
mineo・・・31,800円
楽天モバイル・・・34,800円→32,800円(8月31日まで)
IIJmio・・・32,800円
LINEモバイル・・・32,800円
DMM mobile・・・33,800円
BIGLOBE SIM・・・1,490円×24(35,760円)
イオンモバイル・・・37,800円

端末価格が安い順に並べると、以上のような感じです。

arrows M04の料金比較

ワン吉くん
NifMoが一番安いんだね。NifMoにしよう。
ウサギ先生
ちょっと待って。各MVNOの2年間の支払総額を比較してみましょう。

・Nifmo
3,000円(初期費用)+2,897円×24(利用料+端末代)=72,528円

・mineo
3,000円(初期費用)+1,600円×24(利用料)+31,800円(端末代)=73,200円

・楽天モバイル(3.1GBプラン)
3,394円(初期費用)+1,600円×24(利用料)+32,800円(端末)=74,594円

・IIJ mio
3,000円(初期費用)+1,600円×24(利用料)+32,800円(端末代)=74,200円

・LINEモバイル
3,400円(初期費用)+1,690円×24(利用料)+32,800円(端末代)-2,000円(キャッシュバック)=74,760円

・DMM mobile
3,000円(初期費用)+1,500円×24(利用料)+33,800円(端末代)=72,800円

・BIGLOBE SIM
3,394円(初期費用)+1,600円×24(利用料)+35,760円(端末代)-12,000円(キャッシュバック 9月3日まで)=65,554円←最安!

・イオンモバイル(4GBプラン)
3,000円(初期費用)+1,580円×24(利用料)+37,800円(端末代)=78,720円

最安値はBIGLOBE SIM

2年間の支払総額を比較すると、BIGLOBE SIMが最安です。

ワン吉くん
端末代はNifmoが一番安かったけど、支払総額では違うんだね。

キャッシュバック12,000円がとても大きく、唯一総額が6万円台に収まっています。

その他の料金プランは、以下の通りです。

プラン 1GB 3GB 6GB 12GB 20GB 30GB
通話SIM 1,400円 1,600円 2,150円 3,400円 5,200円 7,450円

キャッシュバックキャンペーンは9月3日までなので、検討中の方は早めの申込をおすすめします。

 

BIGLOBE SIM以外は、料金はどんぐりの背比べですが、使い方によっておすすめのMVNOを紹介します。

SNSを多く使う人は、LINEモバイル

LINEモバイルは、LINE、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムのSNSが使い放題(データ通信量がカウントされない)という特徴があります。

SNSを多く使う人は、LINEモバイルにすると、料金プランを一つ下げることができるかもしれません。

プラン LINEフリー コミュニケーションフリー
1GB 3GB 5GB 7GB 10GB
データ+SMS+通話 1,200円 1,690円 2,220円 2,880円 3,220円

>>LINEモバイル公式サイトへ

無制限かけ放題が欲しい人は、楽天モバイル

時間無制限のかけ放題が欲しい人には、楽天モバイルがおすすめです。

プラン ベーシックプラン
200Kbps
無制限
3.1GB 5GB 10GB 20GB 30GB
通話SIM 1,250円 1,600円 2,150円 2,960円 4,750円 6,150円

ベーシックプランは、常時200Kbpsと非常に遅いのでおすすめできません。

3.1GBか、5GBのプランがおすすめです。

この基本料金に、かけ放題オプションを追加することで、かけ放題を利用できます。

・5分かけ放題
5分以内の通話がかけ放題のプラン

月額料金・・・850円

・時間無制限かけ放題
時間無制限のかけ放題プラン

月額料金・・・2,380円

 

申込方法

さて、arrows m04を運用するなら、楽天モバイルがオススメだという話をしましたので、楽天モバイルへの申込方法を紹介します。

MNP予約番号を取得する

現在契約しているキャリアに電話するか、ショップに行って、MNP予約番号を発行してもらいます。(MNPではなく、新規申込の場合は、この項目は飛ばします。)

・ドコモ
ドコモ携帯電話から:151(9:00~20:00)
その他の電話から:0120-200-000(9:00~20:00)

・AU
携帯電話、固定電話共に:0077-75470(9:00~20:00)

・ソフトバンク
ソフトバンク携帯電話から:*5533(9:00~20:00)
その他の電話から:0800-100-5533(9:00~20:00)

ココに電話をして、「MNPしたいです」と伝えると、ポイントをお付けします。とか引き止められるかと思いますが、断ると、MNP予約番号を発行してもらえます。

ここで発行してもらった「MNP予約番号」と「有効期限」を控えておきます。

BIGLOBE SIMに申し込む

BIGLOBE SIMの申込方法を紹介します。申し込みは、公式ページから行います。

 

簡単に、手順を紹介します。

1.お申込みを選択し、スマホを選ぶを選択する

2.Zenfone Liveを選択し、申し込むを選択する

3.カラーを選択し、プラン、オプションを選択する

4.アクセサリーを選択する

5.お申込手続きへを選択する

6.お客様情報や、クレジットカード情報を入力する

7.通話SIMの場合は、本人確認書類をアップロードする

以上で、完了です。

楽天モバイルに申し込む

楽天モバイルの申込方法を紹介します。楽天モバイル公式ページから、申し込むをタップします。

 
(別ウインドウで開きます)

1.端末と同時に購入するか、SIMのみ購入するか、SIMのタイプを選択する
iPhoneを別で購入する方は、SIMのみ購入を選択します。

iPhoneを使う方はほとんどが通話もするでしょうから、通話SIMを選択します。

2.料金プランを選択する
SIMカードのみ契約する場合は、ここでSIMカードの大きさを聞かれます。

iPhone7s、iPhone8のSIMカードのサイズは、nanoSIMです。

3.オプションを選択します。
自分に必要なオプションを選択しましょう。

オプションはいつでもつけたり外したりできるので、迷ったら付けなくて良いです。料金が高くなります。

4.アクセサリーを選択します。
充電ケーブルや自撮り棒などをおすすめされますが、基本的にはアマゾンなどで安い物を探したほうが安いです。

5.お客様情報を入力します
MNP予約番号や住所、氏名、電話番号など個人情報を入力します。

MNPする場合は、自宅から楽天モバイル開通受付センターに電話して開通するにチェックをいれることをおすすめします。

そうしないと数日間電話が使えない期間ができてしまいます。

自宅から開通する方法は、こちらのページで詳しく説明しています。

6.利用規約を確認して、申込みを確定する

7.本人確認書類を提出する
通話SIMを契約する場合は、本人確認書類を提出する必要があります。

楽天モバイルから、本人確認書類提出のお願い。というメールが届いているはずなので、内容に従って本人確認書類を提出します。

これで、楽天モバイルとの契約は完了です!数日で、SIMカードが到着します。

楽天モバイルについてもっと詳しく知りたい人は、こちらのページをご覧ください。

LINEモバイルに申し込む

LINEモバイルの申込方法を紹介します。LINEモバイルには、公式ページから申し込みます。


>>LINEモバイル公式サイトへ

1.申込方法を選択する
普通は、通常申込を選択します。

2.申し込み区分、プラン選択、申し込み内容などを選択します
新規申込みか、MNPか

端末と同時購入か、SIMカードのみか

SIMカードのみの場合は、SIMカードのサイズ

を選択します。

3.お客様情報を入力し、利用規約に同意します

4.本人確認書類をアップロードします
本人確認のためのメールが届くので、URLをクリックして書類をアップロードします。

書類は、スマホで撮影したものをそのままアップロードするか、スキャンしたものをアップロードします。

5.支払い方法を選択します
支払い方法は、クレジットカード、LINE Pay、LINE Payカードから選択することができます。

6.ログインID、パスワードを設定します

以上で、完了です。

LINEモバイルについて更に詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする