LINEモバイルの評判、デメリット、料金、魅力、速度、MNP方法などまとめて紹介!

ワン吉くん
ボクはLINEをたくさんするから、格安スマホにLINEモバイルを考えてるんだ。LINEモバイルってどうなの?
ウサギ先生
LINEモバイルは、SNSが使い放題のとってもお得なMVNOよ。LINEモバイルの魅力、料金、申込方法などをLINE風に紹介するわね。

このページでは、LINEモバイルの評判、デメリット、料金、魅力、速度などをまとめて紹介します。

LINEモバイル

LINEモバイルとは

ワン吉くん
LINEモバイルっていう会社が最近できたみたいだね。
ウサギ先生
LINEモバイルは、2016年9月にサービスを開始したばかりの、新しい格安スマホの会社よ。
ウサギ先生
MVNOっていうのはキャリア(ドコモ・AU・ソフトバンク)から通信網を借りている会社のこと。

格安SIMとは、MVNOが発行しているSIMカードのこと。

格安スマホとは、格安SIMを入れて運用するスマホのことだから、覚えておいてね。

LINEモバイルの運営会社

LINEモバイルは、株式会社LINEが運営しています。

株式会社LINEとは、メッセージアプリの「LINE」、まとめサイトの「NAVER」、ニュースやブログの「ライブドア」などを運営している会社です。

みなさんもなじみがあるのではないでしょうか。

ワン吉くん
ボクもよく使うサービスばかりだ。

>>LINEモバイル公式サイトへ

ドコモのスマホがそのまま使える!

ワン吉くん
SIMロックっていうのを解除しないとLINEモバイルのSIMカードは使えないのかな?
ウサギ先生
ドコモのスマホなら、SIMカードを入れ替えるだけでそのまま使えるわ。

LINEモバイルは、ドコモの回線を利用しているので、ドコモのスマホか、SIMフリーのスマホならそのまま使用することができます。

AU、ソフトバンクのスマホはSIMロック解除が必要

AU、ソフトバンクのスマホは、SIMロックを解除する必要があります

ワン吉くん
SIMロックって何?何かの鍵なの?
ウサギ先生
スマホを買ったキャリアでしか使えないようにスマホにかかっているロックのことよ。

SIMロックとは、ドコモならドコモの回線でしか。AUならAUの回線でしか。ソフトバンクならソフトバンクの回線でしか使えないようにするロックのことです。

他社に乗り換えをするのを防ぐために、そんな意地悪なことをしているのです。

2015年からSIMロック解除が義務化されており、2015年5月以降に発売された端末であれば、SIMロックを解除することができます


>>LINEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルの料金プラン

プラン LINEフリー コミュニケーションフリー
1GB 3GB 5GB 7GB 10GB
データ通信のみ 500円
データ+SMS 620円 1,110円 1,640円 2,300円 2,640円
データ+SMS+通話 1,200円 1,690円 2,220円 2,880円 3,220円

LINEモバイルの料金プランはとってもシンプルです。

はじめに、データ通信のみのプランか、データ通信とSMS(電話番号を使ったメール)のプランか、データ通信とSMSと通話ができるプランかを選びます。

次に、自分が1ヶ月で使うデータ通信量を参考に、データ容量を選びます。

ウサギ先生
5GBか7GBがおすすめよ。

自分が1ヶ月で使うデータ通信量を調べる方法はこちらのページで説明しています。

自分に合ったプラン、オプションの選び方は、こちらのページで詳しく説明しています。


>>LINEモバイル公式サイトへ

SNSが使い放題!

LINEモバイルの最大の魅力は、LINEやFacebook、ツイッター、インスタグラムが使い放題ということです。

普通、SNSを使ったりメールを送ったり、Webサイトや動画を見たりすると、やりとりしたデータの量に応じて今月使用可能なデータ通信量が減って、上限に達すると通信速度が極端に遅くなります。

ワン吉くん
128kbpsになっちゃうもんねー。

LINEモバイルでは、LINEやFacebook、ツイッター、インスタグラムはいくら使っても通信量にカウントされないので、データ通信量を気にすることなく使えます。

しかも、既にデータ通信量が上限に達していても、対象のSNSは高速で通信をすることができます。

1GBプランは、LINEが使い放題

1GBプランは、「LINEフリー」という名前で、LINEが使い放題です。

スマホはほとんどLINEのために使う。という方は、1GBプランが一番安くなります。

LINEでの通話やビデオ通話、画像や動画のやりとりも全て使い放題です。

たとえば、LINEでビデオ通話や動画のやりとりをたくさんする人でLINEの通信量が月2GBになる人は、他社なら3GBを契約しないといけないところ、LINEモバイルなら1GBの契約で済むので、携帯代を安く抑えることができます。

その他のプランは、Facebook、ツイッター、インスタグラムも使い放題

3GB、5GB、7GB、10GBのプランは「コミュニケーションフリー」という名前で、LINE、Facebook、ツイッター、インスタグラムが使い放題です。

これらのSNSでビデオ通話をしたり、画像や動画を投稿すると、結構データ通信量を消費します。

LINE、Facebook、ツイッター、インスタグラムで月3GB使う人は、他社なら5GB以上を契約しなければいけませんが、LINEモバイルなら3GB分、安いプランに下げることができます。

ワン吉くん
LINEモバイルなら、SNSの分データ通信量を節約できるんだね!
ウサギ先生
どのサービスが対象なのか、くわしくはこちらのページを見てね。

Music+プランで音楽も聴き放題

2017年1月に、MUSIC+という新プランがスタートしました。

プラン MUSIC+
3GB 5GB 7GB 10GB
データ+SMS 1,810円 2,140円 2,700円 2,940円
データ+SMS+通話 2,390円 2,720円 3,280円 3,520円

MUSIC+プランは、音楽が聴き放題の「LINE MUSIC」のデータ通信量がカウントフリーとなります。(ストリーミングでの視聴、ダウンロードともにカウントフリー)

音楽を1日1時間聞くと、1ヶ月のデータ通信量は2GB~3GBになるといわれています。

MUSIC+プランは、コミュニケーションプランよりも料金は高くなりますが、日常的に音楽を聞く方にはおすすめのプランです。


>>LINEモバイル公式サイトへ

キャリアとLINEモバイルの料金を比較!

ワン吉くん
LINEモバイルに変えると、携帯代はどれくらい安くなるのかな?
ウサギ先生
キャリアとLINEモバイルの料金プランを比較してみましょう。

キャリア(ドコモ・AU・ソフトバンク)とLINEモバイルの価格を比較してみます。

プラン 2GB
(ドコモ・AU)
3GB
(AUのみ)
5GB
(ドコモ・AU)
キャリア5分かけ放題
(基本料金などを含む総額)
5,500円 6,200円 7,000円
LINEモバイル
(かけ放題なし)
1,690円 2,220円
LINEモバイル
(10分かけ放題)
2,570円 3,100円

最も一般的な5GBのプランで比較すると、キャリアは8000円、LINEモバイルだと3,100円と、倍以上の違いがあります。

しかも、キャリアでは5分かけ放題のところ、LINEモバイルなら10分かけ放題です。

かけ放題がいらないよ。という人はもっと安くなります。

しかも、LINEモバイルならLINE、Facebook、ツイッター、インスタグラムのデータ通信量がカウントされないので、3GBプランに下げることができれば、月々1,200円になります。

ウサギ先生
どう?安いでしょ。

ハイスペック端末もLINEモバイルが安い

ワン吉くん
高性能なスマホを買って使うと、機種代金の割引がないからLINEモバイルの方が高くなっちゃうかな?
ウサギ先生
そんなことはないわよ。差は小さくなるけど、ハイスペックな端末を使ってもLINEモバイルのほうが安いの。

キャリアと、LINEモバイルの料金を、機種代金を含めて計算してみましょう。

今回は、iPhoneとAndroido代表として、「iPhone7」と「GalaxyS7 edge」を使った時の料金を計算してみます。

iPhone7を使った時の料金

キャリア(ドコモ・AU・ソフトバンク)

ドコモ・AU・ソフトバンクでiPhone7(32GB)を新しく買って使用したときの料金を計算してみましょう。

データ通信量は一般的な5Gプランで計算します。

ドコモ
基本料、データ通信料など 8,640円
機種代金(24回払い) 3,429円
 月々サポート -2,322円
 合計 9,531円
AU
基本料、データ通信料など 8,640円
機種代金(24回払い) 3,300円
毎月割 -2,445円
 合計 9,495円
ソフトバンク
基本料、データ通信料など 8,640円
機種代金(24回払い) 3,670円
月月割 -2,815円
 合計 9,495円

キャリアでiPhone7(32GB)を使う場合は、毎月9,500円程度かかります。

LINEモバイル

LINEモバイルでiPhone7を使う時は、アップルストア(店舗、オンラインストア)でSIMフリーのiPhoneを購入します。

今回は、条件を合わせるためにiPhone7(32GB)を、24回払いで購入したとして計算してみます。

通話SIM 5GB
(かけ放題なし)
1,690円
機種代金(24回払い) 3,033円
合計 4,723円

LINEモバイルでiPhone7を使うと、機種代金を含めても月々4,723円と、キャリアの半額以下で利用できます

かけ放題を付けても、月額5,500円程度で使うことができます。

ワン吉くん
iPhoneもLINEモバイルの方が安いんだね。
ウサギ先生
しかも、SNS使い放題よ。

>>LINEモバイル公式サイトへ

GALAXY S7edgeを購入した時の料金

今度は、AndroidのGALAXY S7edgeを使った時の料金を計算してみましょう。

キャリア(ドコモ・AU・ソフトバンク)

GALAXY S7edgeはソフトバンクでは取扱いがないので、ドコモとAUの料金を紹介します。

GALAXY S7edgeの料金は、新規契約、MNP(他社からの乗り換え)と、機種変更では料金が違ってきます。

ドコモ(新規、MNP)
基本料、データ通信料など 8,640円
機種代金(24回払い) 3,267円
端末購入サポート -2,619円
 合計 9,288円
ドコモ(機種変更)
基本料、データ通信料など 8,640円
機種代金(24回払い) 3,915円
月々サポート -2,106円
 合計 10,449円
AU(MNP)
基本料、データ通信料など 8,640円
機種代金(24回払い) 2,475円
 毎月割 -576円
 合計 10,539円
AU(新規、機種変更)
基本料、データ通信料など 8,640円
機種代金(24回払い) 2,475円
 毎月割 -1,476円
 合計 9,639円

Androidの場合は新規契約か、機種変更か、MNPかによって料金が変わってきますが、大体、9,500円~10,500円かかります。

LINEモバイル

LINEモバイルでGALAXY S7edgeを使った時の料金を計算してみます。

LINEモバイルでGALAXY S7edgeを使う時は、アマゾンなどでSIMフリーもでるのGALAXY S7edgeを購入します。

2017年1月1日時点でのGALAXY S7edgeの価格は、78,100円です。
条件を合わせるため、24回払いで購入したとして計算します。

5GB
(かけ放題なし)
1,690円
機種代金(24回払い) 3,254円
合計 4,944円

GALAXY S7edgeを使う場合も、LINEモバイルの方が毎月5,000円~6,000円程度安くなります

かけ放題をつけても、5,800円くらいで使うことができます。

スマートフォンは機種が多いのでとても全ては紹介しきれませんが、他の機種でも同じようにLINEモバイルの方が安くなります。

ワン吉くん
高性能なiPhoneやGALAXYでも、LINEモバイルの方がずっと安いんだね!
ウサギ先生
今回は、キャリアでも扱っているような高性能な機種を紹介したけど、キャリアでは取り扱っていないコスパの良いSIMフリースマホを選べば、もっと安くなるわよ。

>>LINEモバイル公式サイトへ

もっとお手頃な端末も

LINEモバイルでは、もっと安く買える端末もいくつか扱っています。

HUAWEI P10・・・55,800円

Zenfone4 Selfie Pro・・・43,800円

ZenFone3・・・35,800円

arrows M04・・・32,800円

VAIO Phone A・・・21,800円

HUAWEI Media Pad T3・・・19,980円

HUAWEI nova lite・・・19,900円

Blade E01・・・13,800円

GRAND X LTE・・・9,980円

ワン吉くん
1万円以下で買えるのもあるんだー。

LINEモバイルのおすすめ端末は、こちらのページで詳しく説明しています。
LINEモバイル おすすめ機種、端末3選!

LINEモバイルは通信速度が速い

ワン吉くん
格安SIMは通信速度が遅いって聞いたよ。LINEモバイルはどうかな。
ウサギ先生
LINEモバイルは他の格安SIMよりも通信速度が速いの。理由を説明するわ。

LINEモバイルの通信速度

LINEモバイルの通信速度は他のMVNO(格安スマホ会社)よりも速く、ドコモとほとんど変わりません。

朝10時
ドコモ・・・68.5Mbps
LINEモバイル・・・45.5Mbps

昼12時
ドコモ・・・25.3Mbps
LINEモバイル・・・22.5Mbps

夜9時
ドコモ・・・32.6Mbps
LINEモバイル・・・28.7Mbps

これだけのスピードが出ていれば、高画質動画やアプリのダウンロードなど、何でも快適にできちゃいます。

LINEモバイルは契約者が少ない

楽天モバイルやOCNモバイルなど、大手のMVNO(格安スマホ会社)は、契約者が多いので、昼休み時など利用が集中する時間帯に、データ通信の渋滞が起きてしまい、速度が遅くなってしまいます。

LINEモバイルは2016年9月にサービスを開始したばかりの新しい会社で、まだ契約者が少ないです。

契約者が少ないからデータ通信の渋滞が起きず、本家のドコモとほぼ同等の速度が出る。ということです。

契約者が増えたら速度が遅くなるんじゃ?

ワン吉くん
っていうことは、これから契約者が増えたら速度が遅くなっちゃうんじゃないかな?
ウサギ先生
契約数を見てみると、当分その心配は必要なさそうよ。

OCNモバイル(約100万件)、楽天モバイル(約45万件)、mineo(約35万件)と比べて、LINEモバイルの契約数は約2万件と、圧倒的に少なくなっています。

そのため、今後1~2年は、他の格安SIMよりも速そうです。

ちなみに、LINEモバイルは1年以降はいつ解約しても違約金はかからないので、もし数年後、LINEモバイルが大人気となって通信速度が遅くなってしまったら、他のMVNOに乗り換えることができます。

※2017年10月追記
最近は契約者数が増えてきて、上で紹介した速度よりは少し遅くなってきたようですが、それでもまだ、他の契約者が多い格安SIMよりは速いようです。


>>LINEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルの乗り換え手続き、設定方法

ワン吉くん
手続きとか設定に自信がないなあ・・・。
ウサギ先生
大丈夫。手続きも初期設定も簡単よ。わかりやすく説明するわ。

1.MNP予約番号を取得する

現在契約しているキャリアに電話するか、ショップに行って、MNP予約番号を発行してもらいます。

・ドコモ
ドコモ携帯電話から:151(9:00~20:00)
その他の電話から:0120-200-000(9:00~20:00)

・AU
携帯電話、固定電話共に:0077-75470(9:00~20:00)
ソフトバンク:0800-100-5533(9:00~20:00)

・ソフトバンク
ソフトバンク携帯電話から:*5533(9:00~20:00)
その他の電話から:0800-100-5533(9:00~20:00)

ココに電話をして、「MNPしたいです」と伝えると、ポイントをお付けします。とか引き止められるかと思いますが、断ると、MNP予約番号を発行してもらえます。

ここで発行してもらった「MNP予約番号」と「有効期限」を控えておきます。

2.LINEモバイルに申し込む

LINEモバイルのホームページからプラン、データ通信量を選んで、申し込みます。


>>LINEモバイル公式サイトへ

1.申込方法を選択する
普通は、通常申込を選択します。

2.申し込み区分、プラン選択、申し込み内容などを選択します
新規申込みか、MNPか

端末と同時購入か、SIMカードのみか

SIMカードのみの場合は、SIMカードのサイズ

を選択します。

3.お客様情報を入力し、利用規約に同意します

4.本人確認書類をアップロードします
本人確認のためのメールが届くので、URLをクリックして書類をアップロードします。

書類は、スマホで撮影したものをそのままアップロードするか、スキャンしたものをアップロードします。

5.支払い方法を選択します
支払い方法は、クレジットカード、LINE Pay、LINE Payカードから選択することができます。

6.ログインID、パスワードを設定します

用意するもの

・本人確認書類
運転免許証
運転経歴証明書
日本国パスポート+補助書類
在留カード
特別永住者証明書
住民基本台帳カード
健康保険証+補助書類
後期高齢者医療被保険者証+補助書類
届出避難場所証明書
身体障害者手帳
療育手帳
精神障害者保険福祉手帳
特定疾患医療受給証+補助書類
特定疾患医療登録者証+補助書類

のうち、いずれか1点を写真に取るかスキャンしてアップロードします。
アップロードはホームページから簡単にできます。

・補助書類とは
公共料金領収書
住民票
補助書類が必要な本人確認書類の場合は、のうちいずれか1点を合わせてアップロードする。

・クレジットカード
料金支払いに使います。デビットカードは利用できません。

・メールアドレス
キャリアから乗り換える場合は、キャリアのメールアドレスは使えなくなるので、それ以外のメールアドレスを用意しましょう。

・MNP予約番号
上で紹介したMNP予約番号を入力します。

数日でSIMカードが家に届きます。

ワン吉くん
全部電話とネットでできるんだね。これならボクにもできそうだ。

3.初期設定をする

SIMカードが届いたら、MNPの転入切替手続きと、ネットワーク設定をします。

MNP転入切替手続きは、LINEモバイルのMNP開通受付窓口0120-889-279に電話するだけです。

ネットワーク設定は、iPhoneならhttp://mobile.line.me/apn/line.mobileconfigのリンクからインストールをタップしてインストールするだけ。(LINEモバイルと契約していない人はまだインストールしないでね!!)

Androidは、設定→もっと見る→モバイルネットワーク→アクセスポイント名→右上の+マークを押して、アクセスポイントの編集を開きます。

アクセスポイントの編集画面に、
名前:LINEモバイル
APN:line.me
ユーザー名:line@line
パスワード:line
認証タイプ:PAPまたはCHAP

と入力します。(LINEモバイルと契約してから編集してね!!)

言葉だけでは分かりづらいかもしれないので、こちらで画像付きで詳しく説明しています。

ウサギ先生
初期設定も順番通り進めれば数分で終わるわ。

>>LINEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルを使うメリット、デメリット

ここで、LINEモバイルのメリット、デメリットをまとめてみましょう。

LINEモバイルを使うメリット

・料金が安い
同じデータ通信量を選択しても、料金がキャリアよりも5,000円以上安くなります。

・SNS使い放題で更に安いプランにできる
LINE、Facebook、ツイッター、インスタグラムが使い放題(データ通信量をカウントされない)だから、その分データ通信量の少ないプランにできて、更に安くなります。

・通信速度が速い
他の格安SIMが遅くなる昼休み時間や夜にも通信があまり混雑せず、スムーズに通信することができます。

LINEモバイルを使うデメリット

・クレジットカードがないと契約できない
支払い方法はクレジットカード限定です。口座振替やコンビニ払いなどは利用できません。

・AU、ソフトバンクのスマホはSIMロック解除が必要
LINEモバイルはドコモの回線を使っているので、AU、ソフトバンクのスマホはSIMロックが必要です。

・長時間の通話をする人は、キャリアの方が安いかも
LINEモバイルには、キャリアのように時間無制限のかけ放題プランがありません。10分以上の通話が多い人は、キャリアの方が安くなるかもしれません。


>>LINEモバイル公式サイトへ

キャンペーン情報

2017年2月時点でのLINEモバイルのキャンペーン情報!

2017年2月時点、LINEモバイルでは、

・1周年記念!選べるキャンペーン

・端末割引キャンペーン

・端末プレゼントキャンペーン

が実施されています。

LINEモバイルのキャンペーンについて詳しくは、こちらのページをごらんください。
【2017年10月】LINEモバイル キャンペーン情報!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする