Zenfone7(Pro) 日本発売日、スペック、価格、サイズ、カラーなど、リーク情報!フリップカメラが進化。防水非対応。おサイフケータイ、Felicaはなし

スポンサーリンク

2020年には、Zenfoneの最新モデル、Zenfone7が発売されます。

このページでは、Zenfone7、Zenfone7 Proの発売日、スペック、価格、サイズ、カラーなど、リーク情報、予想情報を紹介します。

Zenfone7シリーズは、無印とProの2種類

Zenfone7シリーズは、Zenfone7と、Zenfone7 Proの2種類が発表されました。

無印、Pro両方の情報をまとめて紹介します。

Zenfone7の日本発売日は、2020年夏

Zenfone7シリーズは、2020年8月26日に発表されされました。

YouTube上で、ライブ配信ページが用意されています。

Zenfone7は、日本ではいつ発売されるのか?気になりますよね。

Zenfone7の日本発売日は、2020年9月ごろと予想されています。

これまでのZenfoneシリーズの発売日を、振り返ってみましょう。

Zenfone6・・・2019年8月

Zenfone5・・・2018年5月

Zenfone7・・・2017年9月

Zenfone3・・・2016年10月

Zenfone2・・・2015年5月

毎年モデルチェンジされていますが、発売月は結構バラバラです。

Zenfone7/Zenfone7 Plusのデザイン

Zenfone7、Zenfone7 Proのデザインを紹介します。

出典https://store.asus.com

Zenfone7と、Zenfone7 Proはどちらも本体デザインは同じなので、まとめて紹介します。

廃止されるのでは?と噂されていたフリップカメラですが、廃止されるどころか、より大きくなって、存在感を増しています。

ちなみに、イヤホンジャックはありません。

スポンサーリンク

Zenfone7のスペック

Zenfone7のスペックを紹介します。

OS Android10
ディスプレイ 6.67インチOLED
2400✕1080
プロセッサ Snapdragon865
メモリ 6GB/8GB
ストレージ 128GB
カメラ 6400万画素+1600万画素+800万画素
バッテリー容量 5000mAh
サイズ 縦165.5mm×横77.28mm×厚さ9.6mm
重量 230g

OSには、最新のAndroidである、Android10が搭載されます。

Android10は、ダークテーマやジェスチャーナビゲーションなど、便利な機能や目に優しい機能が搭載されています。

ダークテーマを使用すると、有機ELディスプレイを採用するスマートフォンではバッテリーの持ちが良くなるのですが、Zenfone7は、液晶ディスプレイが採用されるとみられているので、バッテリーの持ちに対する効果はわずかです。

ディスプレイサイズは、6.4インチだったZenfone6よりも少し大きく、6.67インチになっています。

ノッチが全くない全画面なので有効領域が広く、十分に大画面です。

プロセッサには、最新のSnapdragon865が搭載されています。

Snapdragon865は、Snapdragon855よりも2割ほど向上し、電力消費も低減されています。

メモリ容量は、6GBと8GBの2種類ラインナップされています。

ストレージは、Zenfone6では、128GBと256GBの2種類でしたが、Zenfone7では、256GBと512GBの2種類に、倍増します。

カメラは、6400万画素+1600万画素+800万画素のトリプルカメラで、フリップカメラなので、インカメラもアウトカメラも同じ性能です。(フラッシュの

スポンサーリンク

Zenfone7 Proのスペック

次に、Zenfone7 Proのスペックを紹介します。

OS Android10
ディスプレイ 6.67インチOLED
2400✕1080
プロセッサ Snapdragon865+
メモリ 8GB
ストレージ 256GB
カメラ 6400万画素+1600万画素+800万画素
バッテリー容量 5000mAh
サイズ 縦165.5mm×横77.28mm×厚さ9.6mm
重量 230g

無印と違うところは、以下の4点です。

・プロセッサがSnapdragon 865+
・メモリが8GBだけ
・ストレージが256GB
・カメラが4軸光学式手ブレ補正に対応

Zenfone7のベンチマークスコア

Zenfone7のものといわれているベンチマークスコアがリークされています。

Geekbench5.1.1のスコアは、シングルコアスコアが902、マルチコアスコアが3074ということです。

Galaxy S20よりは5~10%ほど低い値です。

Zefone7は、5G対応に

Zenfon7は、5G対応になると、ASUSの投資家向けイベントでのアナウンスがされています。

2020年春ごろから日本でも5Gサービスが本格的に開始されるので、5Gに対応したスマートフォンとして重宝されることになりそうです。

5Gサービスがいつからはじまるのかといった情報は、こちらのページにまとめてあります。

Zenfone7は、防水非対応

Zenfone7は、相変わらず防水には対応していません。

引き続きフリップカメラが採用されたので、防水を実現するのは難しかったんでしょう。

Felica、おサイフケータイには非対応

ZenfoneシリーズはFelicaを搭載していない、おサイフケータイに対応していない機種がほとんどですが、Zenfone7も、Felicaは搭載していません。

Felica搭載を期待する声も多かったので、残念ですね。

Zenfone7、Zenfone7 Proの価格

Zenfone7の価格

6GB/128GB・・・21,990台湾ドル(約79,000円)
8GB/256GB・・・23,990台湾ドル(約87,000円)

Zenfone7 Plusの価格

8GB/256GB・・・27,990台湾ドル(約101,300円)

Zenfoneシリーズの復権なるか?

Zenfoneシリーズは、サムスンや中国勢に押されて、ここ数年はかつての勢いを失っています。

Zenfone6では、革新的なフリップカメラを採用し、フロントはパンチホールもない完全な前面ディスプレイになりました。それでも、シェアの回復には至りませんでした。

個人的には、フリップカメラはとても革新的な機能だと思うのですが、Zenfoneシリーズのシェア拡大につながるでしょうか?今後のマーケティングにも期待です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする