iPhone SE2(第2世代)、ワイモバイルと、UQモバイルから発売!どっちが良いか比較検討してみよう。料金、速度など

スポンサーリンク

ワイモバイルと、UQモバイルから、iPhoneSE(第二世代)が発売されます。

このページでは、iPhoneSE(第2世代)を安く運用するにあたって、UQモバイル、ワイモバイル、どっちが良いのか?について検証します。

iPhoneSE(第2世代)の発売日

iPhoneSE(第2世代)の発売日は、ワイモバイル、UQモバイルともに、2020年8月27日です。

iPhoneSE(第2世代)の本体価格を比較

iPhoneSE(第2世代)の価格は、以下のとおりです。

【UQモバイル】
64GB・・・35,640円
128GB・・・47,520円

【ワイモバイル】
64GB・・・39,600円

UQモバイルでは、64GBと128GBの2種類が。ワイモバイルでは64GBモデルのみが販売されます。

64GBモデルの価格を比較すると、ワイモバイルの方が4,000円ほど高いですが、ワイモバイルは、オンラインで契約すると、3,300円の事務手数料が無料になるので、本体価格はほぼ同じだと考えて良いでしょう。

ちなみに、Apple Storeで販売されているiPhoneSE(第2世代)の価格は、以下のとおりです。

【SIMフリーモデル】
64GB・・・44,800円
128GB・・・49,800円
256GB・・・60,800円

ワイモバイル、UQモバイルでの販売価格は、App Storeでの販売価格よりも安いので、ワイモバイル、UQモバイルで買ったほうが良いですね。

ワイモバイル、UQモバイルのプランを比較

64GBモデルで良い。という方は、ワイモバイルにしようか、UQモバイルにしようか、迷うかと思います。

ワイモバイルとUQモバイルの料金プランは、似ているというイメージを持っているかもしれませんが、最近どちらも改定されて、結構違う内容になっています。

それぞれの料金プランを比較してみましょう。

ワイモバイルの料金プラン

まずは、ワイモバイルから。

ワイモバイル S M R
月額料金 2,680円 3,680円 4,680円
データ容量 3GB 10GB 14GB
超過時速度 128kbps 1Mbps 1Mbps
通話料金 10分かけ放題 10分かけ放題 10分かけ放題

月額料金は、新規契約後6ヶ月間は700円割引。

おうち割光セット、もしくは家族割引サービスで、さらに500円割引となります。(おうち割光セットと、家族割の併用はできません)

データ容量は、1年間は、プランSが4GB、プランMが13GB、プランRは17GBに無料で増量されます。

+1,000円で、時間無制限のかけ放題にすることができます。

UQモバイルの料金プラン

次に、UQモバイルの料金プランを紹介します。

UQモバイル S R
月額料金 1,980円 2,980円
データ容量 3GB 10GB
超過時速度 300kbps 1Mbps
通話料金 20円/30秒 20円/30秒

月額料金は、家族割適用時のみ500円割引となります。

ワイモバイルのような、固定回線とのセット割引や、新規契約後一定期間の割引サービスはありません。

+1,700円で、時間無制限のかけ放題にすることができます。

+700円で、時間無制限のかけ放題にすることができます。

かけ放題オプションと、auIDを登録すると、データ容量がプランSだと4GB、プランRだと12GBに増量されます。

自分に合った方を選ぼう

ワイモバイルとUQモバイル、料金も、データ容量も、無料通話も、色々と違うことが分かったかと思います。

iPhoneSE(第二世代)を安く運用するにあたって、SIMフリーモデルを購入して、MVNOで運用することを考えている方も多いかと思いますが、通信の安定性や、話し放題オプションがあることを考えると、ワイモバイルやUQモバイルの方が良いんじゃないかと思います。

特に、ワイモバイルのプランM、プランR、UQモバイルのプランRは、データ容量を使い切っても、1Mbpsで通信することができます。

1Mbps出れば、高画質な動画以外は使い放題のようなもので、これは他のMVNOにはなかなかできないことです。

iPhoneSE2を、ワイモバイル、UQモバイルで運用することも検討してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする