Zenfone6(2019年モデル)スペック、日本発売日はいつ?デザイン画像(ノッチ)、価格など、リーク情報!

ワン吉くん
来年は、ASUSから、Zenfone6シリーズが発売されるみたいだね。どんなモデルになるのかな。
ウサギ先生
Zenfone6シリーズのリーク情報を教えてあげる。

このページでは、Zenfone6(2019年モデル)の日本発売日、スペック、デザイン画像、価格など、リーク情報をお伝えします。

Zenfone6

まずは、中核モデルとなる、Zenfone6のリーク情報をお伝えします。

Zenfone6の、発売日

ワン吉くん
Zenfone6は、いつ発売されるのかな?
ウサギ先生
2019年5月に発表されて、それからの発売になるみたいよ。

Zenfone6(2019年モデル)の発売日は、2019年5月中と予想されています。

Zenfone5の発売から、ちょうど1年後です。

Zenfone6という名前は、2014年に発売された6インチのスマートフォンにも採用されていました。

同じ名前になってしまうと紛らわしいので、当サイトでは、Zenfone6(2019年モデル)と表記します。

Zenfone5も、2014年に発売された5インチサイズのスマホの名前として使われていましたが、重複を気にせず、Zenfone5という名前で発売されました。

ですから、Zenfone6も、重複した名前のまま発売されると予想されています。

※追記
2019年5月16日に、Zenfone6が発表されることが明らかになりました。

ワン吉くん
やっぱり5月に発表されるんだね!

Zenfone6のデザイン

ワン吉くん
Zenfone6のデザインは、どうなるのかな?
ウサギ先生
ノッチがすごく小さくなるか、なくなるといわれているわ。

Zenfone6(2019年モデル)のデザインは、Zenfone5とは違い、カメラ部分だけくり抜かれたデザインになるか、ノッチのないデザインになると予想されています。


出典https://www.asus.com/ ”

Zenfone6は、フロントもデュアルカメラになると予想されています。

ですから、ノッチ部分には2つのカメラが搭載されることになるでしょう。

背面は、Zenfoneシリーズの伝統、放射状に反射するデザインが採用されると予想されています。

Zenfone5までは、指紋センサーを中心に反射するようなデザインでしたが、Zenfone6からは、ディスプレイ内に指紋センサーが内蔵されるともいわれているので、どこを中心に反射するデザインになるのかは、不明です。

なお、Andoroid9.0からは、OSで、正式にノッチに対応するので、これまで以上に違和感なく使うことができるでしょう。

※追記
Zenfone6のリーク画像が公開されました。



出典https://android.hdblog.it ”

これによると、Zenfone6には、ノッチはあるものの、ノッチの大きさはZenfone5よりも小さくなり、レンズ部分のみのU字型のノッチとなっています。

また、ノッチは中央ではなく、右よりに配置されています。

背面には、2つのカメラとフラッシュが配置されていることが確認できます。

※追記

Zenfone6発表会の予告映像が公開されました。

この中で、Zenfone6の上部のシルエットと思われるものが公開されていますが、見る限りノッチがなさそうです。

事前のリーク情報とは違い、ノッチがなく、ポップアップ式のカメラを搭載しているのか?気になるところです。

ワン吉くん
ノッチが完全になくなりそうだね!

Zenfone 6の下には、「DEFY ORDINARY」という文言があります。

DEFY ORDINARYとは、「普通に逆らう」とかいう意味になります。

スマートフォンの普通に逆らう?ということでしょうか?

何か変わった仕組みが採用されていることに期待したいですね。

※追記
evleaksから、Zenfone6のデザインがリークされました。

Zenfone6

Zenfone6

Zenfone6
出典https://twitter.com

それによると、カメラはスライド式で、ディスプレイにくり抜きなどはありません。

evleaksのリーク情報の信憑性は高いですし、ASUSの予告動画で紹介しているシルエットとも一致しているので、これがZenfone6なのでしょう。

スライド式のカメラといえば、ガラケー時代にはいくつか出ていましたね。

上にスライドするとセルフィー用のカメラが出てきて、下にスライドするとスピーカーが出てきます。

そのかわり、厚さは少し厚くなるのでしょう。

Zenfone6の、スペック

Zenfone6(2019年モデル)の予想スペックを紹介します。

OS Android9.0
ディスプレイ 6.3インチ
プロセッサ Snapdragon730
メモリ 6GB
ストレージ 64GB
メインカメラ 1200万画素デュアル
インカメラ 800万画素デュアル
サイズ 縦153mm×横75mm×厚さ7.7mm
重量 165g

Zenfone6(2019年モデル)は、これまでと同じく、ハイミドルレンジの性能を持つスマートフォンになるでしょう。

プロセッサには、新たに生産される、Snapdragon730が搭載されると予想されています。

これは、Zenfone5に搭載されたSnapdragon636と比べ、約30%性能が向上し、約40%消費電力が低減されると予想されている、優秀なプロセッサです。

あとは、インカメラが800万画素のデュアルカメラになるくらいで、それ以外はあまり変わらないと予想されています。

Zenfone6の、価格

Zenfone6(2019年モデル)の価格は、Zenfone5と同じく、11,990台湾ドルに設定されると予想されています。

日本での発売価格も、Zenfone5と同じく57,000円前後になると予想されています。

Zenfone4では、おま国価格になってしまっていましたが、Zenfone5からは、海外と同程度の水準の価格に落ち着いています。

ですから、Zenfone6も、コストパフォーマンスの良い端末になることに期待できますね。

[ad]

Zenfone6 lite(Zenfone6 Q)

続いて、Zenfone6シリーズの廉価モデル、Zenfone6 liteのリーク情報を紹介します。

Zenfone6 liteの 発売日

Zenfone6 liteの発売日は、Zenfone6と同じく、2019年5月中と予想されています。

機種名ですが、Zenfone5 liteは、日本国内では、Zenfone5 Qという名前で発売されました。

そのため、Zenfone6 liteも、日本では、Zenfone6 Qという名前になるかもしれません。

Zenfone6 liteの デザイン

Zenfone6 liteのデザインは、ノッチのない、一般的なスタイルになると予想されています。

Zenfone5シリーズでも、Zenfone5 liteは、ノッチのないデザインでした。

Zenfone6 liteは、Zenfone5 liteよりも、ベゼルが狭くなり、画面が大きくなると予想されています。

Zenfone5 liteでは、6インチでしたが、Zenfone5 liteは、6.1インチになるでしょう。

背面のデザインは、Zenfone伝統の、放射状に反射するスタイルではなく、シンプルな単色になるでしょう。コストカットですね。

Zenfone6 liteの スペック

Zenfone6 liteの予想スペックを紹介します。

OS Android9.0
ディスプレイ 6.1インチ
プロセッサ Snapdragon710
メモリ 3GB
ストレージ 32GB/64GB
メインカメラ 1200万画素デュアル
インカメラ 2000万画素デュアル
サイズ 縦160mm×横76mm×厚さ7.8mm
重量 165g

Zenfone6 liteはベゼルが狭くなることによって、ディスプレイサイズは少し大きくなりますが、解像度はZenfone5 liteと同じく、フルHDとなるでしょう。

プロセッサには、新しいミドルレンジ用のプロセッサである、Snapdragon710が搭載されると予想されています。

これは、Snapdragon630に比べ、30%ほど性能が向上しており、ミドルレンジ機としては十分な性能となっています。

さらなる廉価モデルとして、Snapdragon430を搭載したモデルも、引き続き設定されるかもしれません。

Zenfone6では、アウトカメラ、フロントカメラ共にデュアルカメラになると予想されていますが、Zefone6 liteでは、Zenfone5 liteと同じく、フロントカメラのみデュアルになるでしょう。

写真撮影に関しては、主にセルフィーを重視した機種になりそうです。

Zenfone6 liteの 価格

Zenfone6 liteの価格は、Zenfone5 liteと同じく、9990台湾ドルに設定されると予想されています。

日本での価格は、4万円前後に設定されるでしょう。

[ad]

Zenfone6Z

最後に、Zenfone6シリーズのフラッグシップ、Zenfone6Zの情報をお伝えします。

Zenfone6Zの 発売日

Zenfone6Zの発売日は、Zenfone6、Zenfone6Qと同じく、2019年5月中と予想されています。

Zenfone6Zの デザイン

Zenfone6Zのデザインは、Zenfone6と全く同じになると予想されています。

つまり、基本的にはZenfone5とそれほど変わらないものの、フロントカメラがデュアルになる。ということですね。

Zenfone5Zのデザインも、Zenfone5と同じでしたから、それと同じですね。

Zenfone6Zの スペック

Zenfone6Zの予想スペックを紹介します。

OS Android9.0
ディスプレイ 6.3インチ有機EL
プロセッサ Snapdragon855
メモリ 6GB
ストレージ 64GB
メインカメラ 1200万画素デュアル
インカメラ 800万画素デュアル
サイズ 縦153mm×横75mm×厚さ7.7mm
重量 165g

Zenfone6Zには、今秋発表される最新のSnapdragonである、Snapdragon855が搭載されると予想されています。

Snapdragon855は、今後発売されるGalaxyやXperiaなど、Androido搭載スマートフォンのフラッグシップ機種にも続々採用される予定で、Zenfone6Zも、それらに負けないハイスペック機となるでしょう。

また、Zenfone6Zのみ、ディスプレイに有機ELディスプレイが搭載されると予想されています。

有機ELディスプレイが搭載されることで、より美しい映像を楽しむことができるようになりますね。

Zenfone6Zの 価格

Zenfone6Zの価格は、有機ELディスプレイの採用により、Zenfone5Zよりも1万円ほど高くなると予想されています。

Zenfone6Zの価格は、ASUS公式価格で、85,000円程度になるでしょう。

Zenfone5Zは、ハイエンド機種としては価格が安く、コストパフォーマンスに優れていると言われていましたが、Zenfone6Zは、コスパの優位性は少しなくなりそうです。

格安SIMで人気になりそう

Zenfoneはシリーズを通して、格安SIMで運用する端末として人気となっていました。

ここ最近はHuaweiに押され気味ではありますが、Huaweiがデータを収集しているという問題などから勢いに陰りが出てきているため、Zenfone6はZenfone5以上に人気の端末となりそうです。

Zenfone6を取扱MVNOの情報なども出てきましたら、また紹介します。

Zenfone MAX M2が発売

Zenfone6の発売に先立って、Zenfone MAX M2が発売されました。

Zenfone MAX M2は、名前からも分かるように、バッテリーが大容量のモデルです。

スペック的にはZenfone6シリーズよりは低く、価格も2万円台から購入することができます。

Zenfone MAX M2シリーズの詳しい情報は、こちらのページで紹介しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする