Xperia 1 日本発売日、価格、スペック、カラー、カメラ、重さなど、最新情報!(Xperia XZ4)

注目のキャンペーン情報!
BIGLOBEモバイルでは、初期費用無料、端末代6,000円還元、オプション料金6ヶ月無料など実施中!
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルでは、基本料金5ヶ月間半額、LINEPay5,000円分プレゼントなど実施中!
>>LINEモバイル公式サイトへ

_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
スポンサーリンク
ワン吉くん
来年発売されるXperiaは、5Gに対応するのかな?どんなスペックになるのかな。
ウサギ先生
2019年モデルのXperiaのリーク情報を教えてあげる。

このページでは、Xperia XZ4(premiun/compact)の発売日、価格、スペックなど、リーク情報を紹介します。

名前は、Xperia XZ4になる?

2019年モデルのXperiaは、5G通信に対応する関係で、XZとは違う名前を名乗るともいわれています。

Xperia XZシリーズは、XperiaのフラッグシップシリーズとしてXZ3まで発売されてきましたが、次はXperia XZ4という名前にはならないかもしれません。

ただ、Xperiaシリーズの名前に関しては、いつも次は違う名前になる?という情報が出たり消えたりしている状態です。

当サイトでは、当面、2019年モデル、Xperia XZ3の後継機に関しては、Xperia XZ4と呼ぶことにします。

【追記】
最新のXperiaの名前は、Xperia 1、Xperia 10、Xperia L3となります。

フラッグシップはXperia 1なので、Xperia XZ3の後継は、Xperia 1ということになります。

というわけで今後、Xperia XZ4ではなく、Xperia 1と呼ぶことにします。

Xperia 1

まずは、Xperia 1シリーズの中核を担う、Xperia 1(無印)の情報を紹介します。

デザイン

2019年には、サムスンやHuaweiから折りたたみディスプレイのスマートフォンが投入されるといわれていますが、Xperia 1のデザインは、折りたたみではなく、Xperia XZ3からベゼルがもう少し細くなっただけの、一般的なデザインとなっています。

Xperia 1のデザイン


Xperia 1

出典https://farm8.staticflickr.com ”

Xperia XZ3では、フラッグシップスマートフォンならもう少しベゼルが細ければ良いのになあ。と思わされましたが、ベゼルの細さは合格点になりそうですね。

ただ、他社は折りたたみスマートフォンなど、更に先に進んでいるのが気がかりです。

メインカメラは、トリプルカメラになると予想されています。

Xperia XZ4のデザインCG動画も公開されています。


実物を立体的にイメージすることができますね。

かなり完成度が高く、外装はほとんどこのデザインで発売されることでしょう。

カラーラインナップ

Xperia 1のカラーは、全部で4色です。

・ブラック
・ホワイト
・グレー
・パープル

Xperia XZ4の、スペック

Xperia XZ4の予想スペックを紹介します。

Xperia XZ4は、フラッグシップスマートフォンとしてふさわしいスペックを備えた端末になると予想されています。

OS Android9
ディスプレイ 6.5インチOLED
(3,840×1,644)
プロセッサ Snapdragon855
メモリ 6GB
アウトカメラ 1200万画素×3
インカメラ 800万画素
バッテリー容量 3330mAh程度
サイズ 167×72×8.2mm
重量 不明

Xperia 1には、最新のOS、Android9が搭載されるています。

ディスプレイには、大画面ワイドの6.5インチOLEDが採用されています。解像度は、3,840×1,644です。一般的に4K解像度とは、3,840×2,160のものを指すので、4Kには少し足りません。

Xperiaシリーズでは、XZ3から有機ELディスプレイが採用されていますが、Xperia 1でも有機ELディスプレイが採用されています。

Xperia XZ3の有機ELディスプレイは発色がとても良いと好評なので、Xperia 1でも美しい発色を実現していることでしょう。

Xperia XZ3では、サムスン製の有機ELディスプレイが採用されていますが、Xperia 1では、シャープ製の有機ELディスプレイが採用されるとの情報もあります。

メインメモリは、6GB搭載されています。

ちょうど今が、ハイエンド端末が4GBから6GBに移行している時期で、先日シャープから発表されたAQUOS ZEROは、6GBのメモリを搭載してきています。

そのあたりにも対抗するためにも、そろそろ6GBメモリの搭載は必須ですね。

ストレージ容量はまだ発表されていません。

カメラは、背面カメラはトリプル、前面カメラはシングルになりました。

背面カメラは1200万画素のトリプルカメラ、前面カメラは800万画素のシングルカメラです。

本体のサイズは、Xperia XZ3とよりも縦の長さが長くなっています。

横幅はXZ3と同じくらい、厚さは1.7mmも薄くなっています。

重量は、正式には発表されていませんが、Xperia XZ3と同程度になると予想されています。

Xperia XZ3は190gオーバーの重量級ですから、結構重いほうなことにはかわりありませんが、サイズが少し大きくなることを考えれば、重量が同程度に収まってくれていれば上出来ですね。

カメラ性能

Xperia 1のメインカメラには、1200万画素のカメラが3つ搭載されていて、カメラ性能はシングルカメラだったXperia XZ3から大幅に向上しています。

なんと、ソニーの一眼レフカメラに搭載されている、瞳AF機能というものが搭載されています。

瞳AF機能とは、人間の瞳を自動で追尾して、ピントを合わせてくれる機能です。

人間に焦点を合わせて背景をぼかす、ポートレート撮影をする時などに役立ちます。

イヤホンジャックは?

Xperia XZ4は、イヤホンジャックが復活すると予想されています。

Xperiaシリーズでは、Xperia XZ2から、イヤホンジャックが廃止されました。

これはXperiaシリーズに限った話ではなく、iPhoneをはじめ、他のスマートフォンもイヤホンジャックを廃止するものが多くなっています。

Galaxyシリーズも、2019年モデルからイヤホンジャックは廃止されるとみられています。

そんな中、なぜXperiaはイヤホンジャックを復活させるのでしょうか?

もともとソニー、Xperiaといえば、カメラ性能と、音質の高さがウリのスマートフォンでした。

しかし、最近ではカメラ性能もライバルに追いつかれ、イヤホンジャックも廃止されてしまい、Xperiaらしさが失われてしまっています。

Xperia XZ4では、高性能なデュアルカメラと、ハイレゾに対応したイヤホンジャックを備えることで、ソニーの強みを全面に押し出したスマートフォンにしよう。ということなのでしょう。

Xperia XZ4でイヤホンジャックが復活し、Galaxyのイヤホンジャックが廃止されれば、イヤホンジャックがあることを理由にXperiaに戻ってくるユーザーも結構いそうですね。

【追記】
残念ながら、Xperia 1では、イヤホンジャックの復活はありませんでした。残念ですね。

5Gには非対応

Xperia 1は、Xperiaシリーズとしてはじめて5G通信に対応するのではないかといわれていましたが、残念ながら5G通信には対応していません。

これまでのスマートフォンと同じく3Gと4G通信にのみ対応しています。

とりあえず日本での5G通信サービスの開始は2019年から開始されるのですが、これには対応していないということになります。

Xperia 1の次の機種(Xperia 2?)では、5G通信に対応するということなので、こちらに機体ですね。

価格

Xperia 1の価格は、Xperia XZ3よりも1万円ほど高くなると予想されています。

Xperia 1は、SIMフリーモデルは発売されず、ドコモ、AU、ソフトバンクのキャリアからのみの発売となるはずなので、価格はそれぞれのキャリアが決定します。

Xperia XZ3は、おおよそ10万円程度の価格設定だったので、Xperia 1の価格は11万円程度になるでしょう。

【追記】
Xperia 1の価格は、Xperia XZ2 Premiumと同じになることが判明しました。

米国価格で999ドルなので、日本円に換算すると11万円程度ということになります。

日本では、各キャリアが価格設定をするのでXperia XZ2 Premiumと全く同じということはないと思いますが、近い価格になると予想することができます。

ここで、各キャリアのXperia XZ2 Premiumの価格を紹介しておきます。

ドコモ・・・107,568円

AU・・・108,000円

ソフトバンク・・・取扱なし

ドコモ、AUともに11万円程度の価格設定となっています。Xperia 1も、同程度の価格設定になることでしょう。

発売日は?

Xperia 1の発売日は、2019年夏頃になると予想されています。

Xperia XZ3の発売が2018年11月でしたから、1年弱での発売ということになりそうです。

Xperiaシリーズの新機種の発売スパンは短く、Xperia XZ2の発売は2018年5月、その半年後にXZ3が発売されています。

Xperiaシリーズがあまり注目されなかった一因として、それほど代わり映えしないモデルを短いスパンで投入しすぎている。ということもあるのではないかと感じます。

 

ゲームをコントローラー一体で?

Xperia 1は、21:9のワイドディスプレイが採用されると予想されています。

これは、横向きでゲーム画面を表示させた上で、その左右にコントローラーとなる部分を儲けることができるようにこれだけのワイドディスプレイになるといわれています。

具体的にどんなゲームがコントローラー機能に対応するのか分かりませんが、画面内にしっかりとしたコントローラーを表示することができれば、ゲームの操作性は飛躍的に向上し、スマホゲームのヘビーユーザーから人気を集めることになりそうです。

バッテリー容量はどうなる?

Xperia 1では、ディスプレイサイズの拡大と、本体サイズの拡大にともなって、バッテリー容量も3500mAh程度に増加するという情報が出ていましたが、一方でバッテリー容量はXZ3と同程度となる。という情報も出てきており、情報が交錯しています。

Xperia XZ4のバッテリー容量に関する情報は、こちらのページで紹介しています。
Xperia XZ4 バッテリー容量は、3200mAh?バッテリーの持ちが気になります。

ベンチマークスコアは?

Xperia 1には、最新のSnapdragon855が搭載されるということで、ベンチマークスコアが気になる方も多いかと思います。

Xperia 1のベンチマークスコアは、現在販売されているスマホの中で最も性能の高い、iPhoneXsと同等、あるいはそれを上回るくらいのスコアがリークされています。

Xperia 1のベンチマークスコアのリーク情報に関しては、こちらの記事で紹介しています。

Xperia XZ4 ベンチマークスコア Antutu、GeekBenchなど。XZ3、Galaxy、iPhoneと比較すると?

スポンサーリンク

Xperia 1 Compact

続いて、Xperia 1シリーズのコンパクトモデル、Xperia 1 Compactの情報を紹介します。

デザイン

Xperia 1 Compactのデザインは、無印よりも上下のベゼルが太いデザインになると予想されています。


出典https://www.mysmartprice.com ”

背面はシングルかめらになっている事がわかります。

Compactモデルとはいえ、フラッグシップのXZ4ですから、ベゼルはもう少し細くあって欲しいと思うところです。

スペック

Xperia 1Compactの予想スペックを紹介します。

OS Android9
ディスプレイ 5インチOLED
プロセッサ Snapdragon855
メモリ 6GB
アウトカメラ シングルカメラ
インカメラ シングルカメラ
バッテリー容量
サイズ
重量

無印のXperia XZ4と違うところは、ディスプレイサイズ、アウトカメラ、バッテリー容量、サイズ、重量といったところになると予想されています。

ディスプレイサイズは、5インチ程度のOLEDが採用されるでしょう。

アウトカメラは、XZ4ではトリプルカメラになるといわれていますが、XZ4 Compactでは、シングルカメラとなるでしょう。

それでも、XZ3を上回るくらいのカメラ性能を確保するとみられています。

バッテリー容量、サイズなどは、調査中です。

Xperia 1 Pro/Premium

Xperia 1の上位機種として、Pro、あるいはPremiumが用意されているという情報はありますが、現時点では詳しいことはわかっていません。

Xperia 1 Pro/Premiumに関しても、新しい情報が入りましたら、更新します。

Xperiaシリーズ、復権なるか?

国産スマートフォンの販売が芳しくないですが、ここ数年、Galaxyと比べると年々差をつけられており、中国勢にも追いつかれ、追い抜かれているところです。

Galaxyは、2019年モデルとして、折りたたみディスプレイのGalaxy Flexを発売することが確実視されています。

一方のXperiaシリーズからは、折りたたみディスプレイ投入の情報はありません。

残念ながら、Xperia XZ4も、特別目立った特徴などはなく、最新のプロセッサを搭載し、カメラ性能、音質の良いスマートフォン。といった感じにとどまりそうです。

かつては、Xperiaシリーズは、Galaxyと並ぶAndroidハイエンドスマートフォンのツートップでしたが、今や見る影もなく、日本国内でも、Huaweiなどにシェアを徐々に奪われつつあります。

せめて国内でも、Xperiaシリーズのシェアを堅持するため、SIMフリーモデルのミドルレンジ端末を投入するとかしてほしいものです。

関連記事

注目のキャンペーン情報!
BIGLOBEモバイルでは、初期費用無料、端末代6,000円還元、オプション料金6ヶ月無料など実施中!
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルでは、基本料金5ヶ月間半額、LINEPay5,000円分プレゼントなど実施中!
>>LINEモバイル公式サイトへ

_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする