UQモバイル おしゃべりプランと、ぴったりプランを、比較!どっちがお得?通話回数別

ワン吉くん
UQモバイルには、おしゃべりプランとぴったりプランっていうのがあるけど、どっちがいいのかな。
ウサギ先生
プランS、M、Lの違いや、1ヶ月の通話回数によって変わってくるわ。おしゃべりプランとぴったりプランを比較してみましょう。

このページでは、UQモバイルのおしゃべりプランとぴったりプランの紹介と、通話回数別の比較をしてみます。

プラン説明

おしゃべりプラン

おしゃべりプランとは、5分以内の国内通話が何度でも無料でかけ放題のプランです。

プランS、プランM、プランL共に条件は同じです。

5分を超えた部分は、30秒20円の通話料がかかります。

ぴったりプラン

ぴったりプランとは、毎月決められた時間分の無料通話が割り当てられるプランです。

無料通話の時間は、

プランS・・・60分(26ヶ月目以降30分)
プランM・・・120分(26ヶ月目以降60分)
プランL・・・180分(26ヶ月目以降90分)

と、プランによって無料通話の時間が異なります。

その他のプラン

今、UQモバイルでは、おしゃべりプランとぴったりプランを強く推していますが、実は他にもプランが用意されています。

・データ高速プラン
高速通信データ容量3GB、通話ができないデータ通信のみのプラン

月額料金・・・980円

・データ高速+音声通話プラン
高速通信データ容量3GB、音声通話もできるプラン(無料通話なし)

月額料金・・・1,680円

・データ無制限プラン
月間データ容量無制限だが、速度が最大500kbps、通話ができないデータ通信のみのプラン

月額料金・・・1,980円

・データ無制限+音声通話プラン
月間データ容量無制限だが、速度が最大500kbps、音声通話もできるプラン(無料通話なし)

月額料金・・2,680円

ウサギ先生
無料通話が必要ない方には、こっちのプランでも良いかもしれないわね。でも今回は、おしゃべりプランとぴったりプランの比較を中心に紹介するわ。

通話パターン別比較

ワン吉くん
プランSだったらおしゃべりプランがお得で、プランLだったらぴったりプランがお得になりそうだね。
ウサギ先生
1ヶ月の通話回数によっても違うから、通話回数別に計算してみましょう。

通話回数が多ければ多いほどおしゃべりプランがお得で、少ないほどぴったりプランがお得になります。

1ヶ月の通話回数別に、おしゃべりプランがお得なのか、ぴったりプランがお得なのか、計算してみましょう。

なお、無料通話の時間は、契約から26ヶ月以内の条件である、プランS60分、プランM120分、プランL180分で計算しています。

月37回以上通話する人

月37回以上通話する人は、プランS、プランM、プランL全てでおしゃべりプランの方がお得です。

1回の通話を5分以内で切ってかけ直すことができる人も、おしゃべりプランがお得です。

1日1回通話する人(月30回)

・プランSの場合
月30回通話する人は、プランSの場合、おしゃべりプランがお得です。

<例>
1回の通話時間が6分だったとしても、余分にかかる通話料は

おしゃべりプラン・・・1,200円

ぴったりプラン・・・4,800円

で、おしゃべりプランのほうが圧倒的にお得です。

・プランMの場合
月30回通話する人は、プランMの場合、通話時間にかかわらずおしゃべりプランがお得です。

<例>
1回の通話時間が6分とした場合、余分にかかる通話料は、

おしゃべりプラン・・・1,200円

ぴったりプラン・・・2,400円

です。

・プランLの場合
月30回通話する人は、プランLの場合は、ぴったりプランがお得です。

<例>
1回の通話時間を5分とした場合、余分にかかる通話料は、

おしゃべりプラン・・・0円

ぴったりプラン・・・0円

1回の通話時間を6分とした場合、余分にかかる通話料は、

おしゃべりプラン・・・1,200円

ぴったりプラン・・・0円

1回の通話時間が7分だった場合、8分、9分、それ以降の場合も、ぴったりプランの方が常に1,200円安くなります。

2日に1回通話する人(月15回)

・プランSの場合
月15回通話する人は、プランSの場合、おしゃべりプランがお得です。

<例>
1回の通話時間を5分とした場合、余分にかかる通話料は、

おしゃべりプラン・・・0円

ぴったりプラン・・・600円

1回の通話時間を6分とした場合、余分のかかる通話料は、

おしゃべりプラン・・・600円

ぴったりプラン・・・1,200円

6分以上の場合も、すべておしゃべりプランの方が600円安く済みます。

・プランMの場合
月15回通話する人は、プランMの場合、ぴったりプランの方がお得です。

<例>
1回の通話時間を6分とした場合、余分にかかる通話料は、

おしゃべりプラン・・・600円

ぴったりプラン・・・0円

1回の通話時間を7分とした場合、余分にかかる通話料は、

おしゃべりプラン・・・1,200円

ぴったりプラン・・・0円

1回の通話時間を8分とした場合、余分にかかる通話料は、

おしゃべりプラン・・・1,800円

ぴったりプラン・・・0円

通話が月15回で、プランMだと、おしゃべりプランだと1回5分以内の通話までしか無料になりませんが、ぴったりプランなら1回8分以内の通話まで無料となります。

・プランLの場合
月15回通話する人で、プランLの場合、ぴったりプランの方がお得です。

<例>
1回の通話時間を12分とした場合、余分にかかる通話料は、

おしゃべりプラン・・・4,200円

ぴったりプラン・・・0円

1回の通話時間を13分とした場合、余分にかかる通話料は、

おしゃべりプラン・・・4,800円

ぴったりプラン・・・600円

13分以上の場合も、常にぴったりプランの方が4,200円も安くすみます。

通話が月15回で、プランLだと、おしゃべりプランだと1回5分以内の通話までしか無料になりませんが、ぴったりプランなら1回12分以内の通話まで無料となります。

通話が月10回以下の人

通話回数が月10回以下の人は、プランS、プランM、プランL全てでぴったりプランの方がお得です。

おしゃべりプランだと、当然ですが、5分以内の通話しか無料になりませんが、ぴったりプランなら、月10回通話するとして、プランSで1回6分、プランMで12分、プランLで15分まで無料で通話できるという計算になります。

通話回数が9回、8回と少なくなればなるほど、さらにぴったりプランの方がお得になります。

ウサギ先生
毎月の通話回数が11回~36回の方は、プランS、M、Lどれに契約するかによって、お得度が変わってくるので、注意しましょうね。
ワン吉くん
ボクは、月10回も電話しないから、ぴったりプランにしておこう。

まとめ

ウサギ先生
UQモバイルのおしゃべりプラン、ぴったりプランどちらを選べば良いか、簡単にまとめるわ。

・月の通話が10回以下の人はぴったりプラン一択!

・月の通話が37回以上の人はおしゃべりプラン一択!

・月の通話が10回以上37回以内の人は、契約プラン(S、M、L)によって、おしゃべりプランがお得なのか、ぴったりプランがお得なのかが変わってくるので、要注意!

・月の通話回数が安定していない人は、家族や、仕事関係で長電話をする人はぴったりプラン、それ以外の人はおしゃべりプランがおすすめ。

ワン吉くん
通話回数が10回~37回の人だけ、気をつけよう。ってことだね。

UQモバイルに申し込む

どちらのプランがお得か分かったら、いよいよUQモバイルに申し込みましょう。

UQモバイルへの申込方法を説明します。

MNPの場合は、予約番号をもらう

MNPをする人は、ドコモ、ソフトバンク、AUからMNP予約番号をもらって、控えておきます。

現在契約しているキャリアに電話するか、ショップに行って、MNP予約番号を発行してもらいます。

MNPではなく、新規で契約する場合は、この手順は飛ばします。

・ドコモ
ドコモ携帯電話から:151(9:00~20:00)
その他の電話から:0120-200-000(9:00~20:00)

・AU
携帯電話、固定電話共に:0077-75470(9:00~20:00)
ソフトバンク:0800-100-5533(9:00~20:00)

・ソフトバンク
ソフトバンク携帯電話から:*5533(9:00~20:00)
その他の電話から:0800-100-5533(9:00~20:00)

ココに電話をして、「MNPしたいです」と伝えると、ポイントをお付けします。とか引き止められるかと思いますが、断ると、MNP予約番号を発行してもらえます。

ここで発行してもらった「MNP予約番号」と「有効期限」を控えておきます。

公式ページから申し込む

いよいよ、UQモバイルの公式サイトから申し込みます。


>>UQモバイル公式サイトへ

1.端末と同時に申し込む場合は購入する端末を、SIMのみ購入する場合は必要なサイズのSIMカードから申し込みをタップします。

2.新規契約なのかMNPなのか、分割購入か一括購入か、料金プラン、オプションを選択肢、購入手続きへ進む

3.利用規約や重要事項を読んでチェックを入れて、次へ進む

4.住所、氏名などの個人情報を入力する

5.入力内容を確認して、登録を完了する

6.本人確認書類をアップロードする
本人確認書類は、
・運転免許証
・パスポート
・健康保険証+補助書類 などです。

補助書類とは
・住民票(発行から3ヶ月以内のもの)
・公共料金領収書(現住所が記載されていて、発行から3ヶ月以内のもの)

です。

スマホからは、撮影したものをライブラリからアップロード
パソコンからは、撮影、スキャンしたものをフォルダからアップロードします。

7.全て登録をタップする

以上で完了です。

ウサギ先生
UQモバイルについてもっと詳しく知りたい方は、こちらのページを見てみてね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする