Google Pixel3 lite 日本発売日、スペック、価格、カメラ性能など。ドコモ、ソフトバンク、SIMフリー

注目のキャンペーン情報!
BIGLOBEモバイルでは、最大29,794円分の特典!(3月31日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルでは、最大9,170円分の特典!(終了日未定)
>>LINEモバイル公式サイトへ

_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
スポンサーリンク
ワン吉くん
Googleから、Pixel3が登場するみたいだね。どんなスペックになるのかな?
ウサギ先生
Pixel3のリーク情報を教えてあげる。

このページでは、Googleの最新スマートフォン、Pixel3、Pixel3 liteの日本発売日、デザイン、スペック、価格などのリーク情報を紹介します。

Pixel3 lite

Pixel3(無印)は、無事発売されたので、これからはPixel3 liteの情報を中心に更新していこうと思います。

デザイン

Pixel3 liteのデザインがリークされています。



出典https://9to5google.com ”

Pixel3 liteのデザインは、ノッチのないデザインとなっています。LiteではないPixel3にそっくりのデザインですね。

背面はツートンカラーとなっており、カメラ、フラッシュ、指紋センサーの位置など、Pixel3とそっくりです。

スペック

Pixel3 liteの予想スペックを紹介します。

OS Android9.0
ディスプレイ 5.5インチ液晶
プロセッサ Snapdrago710
メモリ 4GB
ストレージ 32GB
背面カメラ 1220万画素
前面カメラ 800万画素
バッテリー容量 2,915mAh
サイズ
重量

Googleが手がける端末なので、OSは、当然最新のAndroid9.0が搭載されると予想されています。

ディスプレイには、5.5インチのIPS液晶が採用されるでしょう。

プロセッサには、Snapdragon710が搭載されると予想されています。

これは、ミドルレンジ向けとしては最も性能が高いもので、ハイミドルレンジに相当する端末になりそうですね。

正直、よっぽど重い作業をしない限り、Snapdragon710で十分です。

メモリ容量は、無印Pixel3と同じ4GB搭載されるようです。

メインカメラには、Pixel3と同じ1220万画素のシングルカメラが採用されており、その性能もPixel3と同等となるでしょう。

インカメラは、Pixel3ではデュアルカメラでしたが、800万画素のシングルとなり、性能が抑えられています。

バッテリー容量は2,915mAhと、Pixel3と同じだけ確保されると見られています。

ボディサイズに関しては、まだはっきりとした情報は出てきていませんが、Pixe3と同程度のサイズになると予想されています。

価格

Pixel3 liteの価格は、400ドル台になると予想されています。

日本円だと45,000円~50,000円程度になるでしょう。

ミドルレンジスマートフォンとしては比較的性能は高めですし、Googleブランドであるということを考えれば、妥当なところでしょう。

日本発売日

Pixel3 liteの日本発売日は、2019年初頭になると予想されています。

Pixel3 liteシリーズに関して、また新しい情報が入りましたら、更新します。

スポンサーリンク

Pixel3 lite XL

次に、Pixel3 lite XLのリーク情報を紹介します。

デザイン

Pixel3 lite XLのデザインがリークされています。



出典https://9to5google.com ”

Pixel3 lite XLのデザインは、Pixel3 XLとは違い、ノッチのないデザインとなっています。

Pixel3 liteをそのまま大きくしたようなデザインですね。

スペック

OS Android9.0
ディスプレイ 6.0インチ液晶
プロセッサ Snapdragon710
メモリ 4GB
ストレージ 32GB
背面カメラ 1220万画素
前面カメラ 800万画素
バッテリー容量
サイズ
重量

Pixel3 lite XLが、Pixel3 liteと違うところを紹介します。

基本的に違うところは、ディスプレイサイズだけということになりそうです。

XLの方が0.5インチ大きく、6.0インチになると予想されています。

Pixel3 XLが6.3インチであることに比べれば、少し小さくなっていますね。ベゼルの関係でしょう。

バッテリー容量は当然、Pixel 3 Liteよりも大きくなるはずですが、どれくらいになるかは不明です。Pixel3 XLと同程度の3400mAh前後になると予想されています。

価格

Pixel3 lite XLの価格は、500ドル台になると予想されています。

日本円だと6万円程度になるでしょう。

「lite」と名の付くモデルにしては高い気もしますが、ミドルレンジ向けとしては性能の高いSnapdragon710を搭載しているということもあるので、妥当なところでしょう。

スポンサーリンク

Pixel3

Pixelというブランドは、AndroidOSを開発しているGoogle純正のスマートフォンのことです。

ある意味、iOSを開発しているApple純正の、iPhoneに近い存在にあります。

しかし、iPhoneに比べると知名度は非常に低く、まだブランディングはうまくいっていません。

少しでも知名度を高めるべくPixel3も全力を上げて開発されている模様です。

まずは、小さい方、Pixel3の情報を紹介します。

デザイン

Pixel3のデザインは、ノッチがなくデザインとなっています。

前面には、2つのカメラとマイク、スピーカーが配置されています。

背面には、1つのカメラとフラッシュ、指紋センサーが配置されています。

Pixel3

出典https://store.google.com ”

最近はノッチを作り、少しでもディスプレイ占有率を高めようというデザインが流行っていますが、Pixel3は、ノッチのない、従来からのデザインです。

背面のデザインは、Pixel2シリーズ伝統のデザインです。

Pixelシリーズといえば、上下で色分けされたカラーリングが特徴的ですね。

【事前のリーク情報】

Pixel3 XLの実機の画像がリークされました。

 出典https://forum.xda-developers.com/ ”

フロントは、ノッチのあるデザインで、上で紹介したフィルムの形と同じですね。

インカメラはデュアルカメラなでしょうか、片方はセンサーなのでしょうか。

右と左で少し内部の形が違うように見えるので、片方はセンサーで、シングルカメラになっているような気がします。


出典https://forum.xda-developers.com/ ”

裏面のデザインです。

Pixelシリーズおなじみの、上下のツートンカラーとなっています。

どうやら、メインカメラはシングルカメラのようです。

メインカメラがシングルでインカメラがデュアルという機種はあるにはありますが、少ないので、ますますインカメラがシングルの可能性が高く感じます。

新しく、レンダリングの動画が公開されています。


やはり、Pixel3はノッチなしのデザイン、Pixel3 XLはノッチありのデザインでほぼ確定だと思って良さそうですね。

※追記
Googleは、新型スマートフォンのティザーサイトを公開しています。

機種名は明記されていないものの、これがPixel3のことだと思われます。


出典https://comingsoon2018jp.withgoogle.com/ ”

スマートフォンの枠をかたどったようなシルエットの画像が公開されているのですが、ノッチはありません。

おそらく、Pixel3のXLではない方をイメージしたシルエットなのでしょう。

それから、URLにも注目してもらいたいのですが、「comingsoon2018jp」となっています。

2018年日本で間もなく発売と読み取ることができます。

これで、Pixel3が日本で発売されることがほぼ確定ですね。

スポンサーリンク

Pixel3のカラー

Pixel3のカラーラインナップは、ブラック、ホワイト、ピンクの3色用意されています。

Pixel2のカラーは、ブラックとホワイト、ブルーの3色でしたから、ブルーが廃止されて、ピンクが追加されています。

予告サイトに表示されているスマートフォンのシルエットの、Gマークのところをクリックすると背景画像が変わります。

ホワイト→ブラック→グリーンの順に変わるので、グリーンも投入されると予想されていたのですが、グリーンはありませんでした。

Pixel3のスペック

Pixel3のスペックを紹介します。

OS Android9.0
ディスプレイ 5.5インチ有機EL
(2,160×1,080)
プロセッサ Snapdragon845
メモリ 4GB
ストレージ 64GB/128GB
メインカメラ 1220万画素
インカメラ 800万画素+800万画素
バッテリー容量 2915mAh
サイズ 145.6mm×68.2mm×7.9mm

まず、OSには、最新のAndroid9.0がいち早く採用されます。

これは、Googleの端末なので、当然といえば当然ですね。

ご存知の方も多いかと思いますが、AndroidOSは、Googleが開発しています。

Pixelシリーズは、iOSを開発しているAppleが、iPhoneを発売するのと同じような位置づけのスマートフォンです。

プロセッサには、ハイエンドスマートフォンの定番、Snapdragon845が搭載されています。

もうすぐSnapdragon855が発表されるといわれており、すぐに型落ちになってしまいそうなのが残念ですが、十分な性能を持ったプロセッサです。

メモリは、4GB搭載されています。最近のハイエンド端末では、6GB搭載しているものも増えてきましたが、とりあえず4GB搭載されていれば十分でしょう。

カメラ性能

Pixel3は、アウトカメラはシングルカメラ、インカメラはデュアルカメラになっています。

Pixel2と画素数は変わっていません。Pixel2では、インカメラもシングルだったので、その点は進化しています。

アウトカメラに関しては、Pixel2から劇的な進化はないかと思います。

インカメラに関しては、Pixel2を大きく上回る性能になっています。

デュアルカメラ搭載ということで、被写体を強調して背景をぼかすといった写真も自由自在に撮影することができるようになりそうです。

Pixel2では、シングルカメラながら、ボカシに関してはなかなかの性能を持っていましたから、デュアルカメラになれば、ポートレートモードの性能はかなり高いものとなりそうです。

ただ、カメラ性能に関しては、Pixelはダントツトップということはなく、P20 Proや、Galaxy S9、Xperia XZ2と同等か、少し劣るくらいのメインカメラ性能に落ち着くと思われます。

felica搭載は?

Pixel3が日本で発売されるということで、felicaの搭載に期待する声も多くなってきています。

felicaとは、オサイフケータイやSuicaなどの電子マネーに使用されている技術です。

国内メーカーのAndroidスマートフォンにはfelicaが搭載されているものが多くなっていますね。

Pixel3は、グローバルもでる、言うならば、Android界のiPhoneのようなもので、今のところ、felica搭載の情報はありません。

ただ、iPhoneも、日本でのシェアが突出して高いことから、日本仕様にだけfelicaを搭載したように、Pixel3の人気がとても高まり、日本仕様にだけfelicaを搭載するというコストがかかる決断をしてでもシェアを確保したほうが利益につながる。という判断がなされれば、今後felicaが搭載される可能性はなくはないと思います。

開発はLGが担当

Pixelシリーズは、Pixel2までは、台湾のHTCが開発を担当していました。

しかし、Pixel3シリーズでは、韓国のLG電子が開発を担当しているようです。

それに伴って、操作性が若干変わってくる可能性があります。

Pixel2までは、どこか、HTCのスマートフォンに近いような操作感、機能があったのですが、これからは、LGのスマートフォンに近いような操作感になるのかもしれません。

LGのスマートフォンは、日本国内ではあまり普及していないので、ピンとこないかもしれませんが、AIを利用したり、いち早くノッチを隠すデザインに対応したことでも知られています。

Pixelシリーズは、かつて、NEXUSシリーズとして販売されており、ブランドイメージを一新するためにPixelシリーズに名を変えたわけですが、あまり頻繁に名前が変わったり、開発メーカーが変わったりしていると、ブラインドイメージの確立には悪影響がありそうです。

Appleと違い、グーグルはハードウェアの開発の経験があまりないので、仕方がないのかもしれませんが。

Pixelシリーズ自体には直接関係はないことですが、台湾HTCはかつてはとても勢いのあるスマートフォンメーカーだったのですが、昨今、業績が低迷しています。

直近では、少し回復の兆しが見えてきたのですが、PixelシリーズがHTCの手から離れ、LGに取られてしまう形になると、HTCグループの業績にも少なからず影響を与えそうです。

HTCは、VR機器vive分野の事業売却なんていう噂もあります。

VR分野では先進的な企業の一つなので、HTCの業績不振は、VR全体の技術の進歩の遅れにもつながってくるかもしれません。

Pixel3シリーズをLGから調達することにした理由の一つとして、有機ELパネルの製造の関係が挙げられています。

現在、有機ELパネルの生産は、韓国サムスンと、LGでほとんどを占めています。

スマートフォン用の有機ELパネルは、どちらかというとサムスンの方が強いのですが、サムスンの有機ELパネルはGalaxy、iPhone、Xperiaなどに多くが振り向けられており、Pixelシリーズにまで十分な量が供給できない可能性がある。ということで、次点であるLGが生産をするということになったようです。

Googleは、LGの有機ELパネル生産のために1000億円規模で投資をしたという情報もあります。

いずれにしても、Pixel3シリーズの生産にはかなり力が入っており、Googleとしても台数を多く販売するつもりであるという事がわかります。

AI搭載か

Pixel3の開発は、LGが担当することになると予想されているわけですが、LGといえば、AIを積極的に採用していることでも知られています。

LGのスマートフォンの名前に、ThinQというサブネームがついているのを聞いたことがある方もいるかもしれません。

ThinQというのは、考える(think)からきた造語で、AIが自動で考えて、最適な動画撮影や、ユーザビリティの向上につなげることができるスマートフォンのことです。

Pixel3にも、LGのAI技術が採用されて、写真撮影やアシスタント機能などが強化されるかもしれませんね。

スポンサーリンク

価格

Pixel3の価格は、95,000円~と発表されています。

64GBモデルが95,000円、128GBは107,000円ということで、結構なお値段ですね。

これは、SIMフリーモデルの価格なので、キャリアでの価格はもう少し高くなるでしょう。

Snapdragon845を搭載したハイエンド端末だとしても、カメラ性能など、それほど特筆すべき部分はないようなので、ちょっと高いかな。という印象はあります。

Pixel3シリーズには、フラッグシップのPixel3、Pixel3 XLに加え、廉価モデルも投入されるのではないかと予想されています。

Googleのスマートフォンは、NEXUSシリーズでは比較的廉価な価格でしたが、Pixelシリーズになってから、Androidのフラッグシップという位置づけで、価格も高くなってしまっています。

新興国でのシェアを高めるため、「Pixel3 lite」のような廉価モデルが新興国を中心に投入されるのではないか。という情報が出てきています。

日本発売日

Pixel3は、2018年10月9日に発表されました。

Pixel2は、2017年10月4日に発売されているので、ちょうど1年後ということになりますね。

今回、Pixel3は、2018年中に日本でも発売されます。

SIMフリーモデルだけでなく、ドコモとソフトバンクからも発売されることが発表されています。

GoogleStoreでは、既に予約受付が始まっています。

ドコモとソフトバンクでは、2018年10月19日から予約受付がはじまります。

予約は、それぞれのオンラインショップや、店頭ですることができます。

Pixel3 XL

続いて大画面モデル、Pixel3 XLの最新情報をお伝えします。

デザイン

Pixel3 XLのデザインは、iPhoneXのようなノッチを持ったデザインになっています。

当初バカにされていたiPhoneXのノッチですが、今となっては採用するスマートフォンがかなり多くなっています。

フロントにカメラやスピーカーを配置しつつ、最大限ディスプレイ占有率を高めるには、このデザインが最適なのでしょう。



出典https://store.google.com ”

背面のデザインは、Pixel3とほぼ同じです。

同じシリーズの中で、片方はノッチあり、片方はノッチなしデザインにするというのは、なかなかめずらしく、面白い試みですね。

スペック

Pixel3 XLのスペックを紹介します。

OS Android9.0
ディスプレイ 6.3インチ有機EL
(2,960×1,440)
プロセッサ Snapdragon845
メモリ 4GB
ストレージ 64GB/128GB
メインカメラ 1220万画素
インカメラ 800万画素+800万画素
バッテリー容量 3430mAh
サイズ 158mm×76.7mm×7.9mm

ディスプレイサイズやバッテリー容量以外は、Pixel3と同じにです。

Snapdragon845とメモリ4GBという組み合わせで、標準的なハイエンドモデルとなっています。

ディスプレイサイズは、Pxiel2 XLは6.0インチでしたが、Pixel3 XLでは、6.3インチに大型化しています。ノッチを採用し、ベゼルを狭くした効果ですね。

バッテリー容量は、特別多いというわけではありませんが、このサイズの端末であれば標準的な容量です。

カメラの性能、画素数もPixel3と同じなので、純粋に画面サイズが大きいほうが良いか、小さい方が良いか。という部分から選べば良いと思います。

価格

Pixel3 XLの価格は、119,000円~となっています。

64GBモデルで、119,000円、128GBモデルは131,000円となっています。

iPhoneXs MAXよりは少し安いですが、かなり強気の価格設定です。

ドコモ、ソフトバンクから発売

Pixel3 XLも、Pixel3と同じく、ドコモ、ソフトバンクから発売されます。

予約は、10月19日からです。

廉価モデルも開発中か

Pixelシリーズは、これまで、Androidを開発するGoogleブランドのスマートフォンということで、ハイエンド端末のみ発売されてきました。

しかし、これでは販売台数が稼げない。Pixelブランドが浸透しない。ということで、スペックを落とした廉価モデルも開発されているようです。

廉価モデルに関しては、新興国に限定して発売される可能性が高いということです。

一気にシェアを伸ばせるか?

今回のPixel3シリーズは、ドコモとソフトバンクから発売されます。

当初、まずはSIMフリーモデルのみが発売されて、次のPixel4からキャリアでの取扱になるのではないか。と言われていましたが、Pixel3からキャリアで取り扱われることになりました。

Googleのスマートフォンは、かつてNEXUSシリーズとしてキャリアから発売されていましたし、Googleというブランドは知名度が高いので、販売すれば一定数売れるという判断からでしょう。

Googleは、Pixel3の投入でスマートフォンの世界でのシェアを高めたいと考えているようです。

Pixel3の紹介ページでも、「Pixelに移行しましょう」ということで、他のスマートフォンからの乗り換えを促すページが公開されています。

ただ、これは他のAndroidスマートフォンからの乗り換えを促しているものです。

ご存知の通り、日本ではiPhoneのシェアがとても高くなっています。

iPhoneからAndroidへの乗り換えは、データをそのまま移行できるわけではなく、ハードルが結構高いです。

そういった事情もあって、Googleが、日本のスマートフォン市場で一気にシェアを伸ばす可能性はそれほと高くないのではないでしょうか。

とはいえ、Galaxy、Xperia、AQUOSといったAndroidの有力ブランドの一角に入ることは間違いなさそうです。

Pixel 2のスペックをおさらい

今回、Pixelシリーズとして初めて発売されるPixel3ですが、Pixel2は日本で発売されていなかったため、よく知らない人も多いかと思います。

ここで、Pixel2、Pixel2 XLのスペックをおさらいしておきましょう。

Pixel2 Pixel2 XL
OS Android8.0
ディスプレイ 5インチ(1080×1920) 6インチ(1440×2880)
プロセッサ Snapdragon835
メモリ 4GB
ストレージ 64GB/128GB
背面カメラ 1220万画素
前面カメラ 800万画素
バッテリー容量 2700mAh 3520mAh
サイズ 縦145.7mm×横69.7mm×厚さ7.8mm 縦157.9mm×横76.7mm×厚さ7.9mm
重量 143g 175g

Pixel2、Pixel2 XLも、ハイエンド端末であったことが分かります。

しかし、ハイエンドではあるものの、他のハイエンド端末と比べて特に特徴といえるものもなく、埋もれてしまっている印象です。

Googleとして、Androidを開発しているGoogleのスマホだよ!ということをウリにしたいのでしょうが、今のところその戦略はうまくいっていないようです。

Pixel 4の開発が進んでいる?

Pixel 3が発表されたばかりですが、もう、Pixel 4の情報が少しずつ出てきています。

Pixel 4は、ノッチの形が横長ではなく、U字型になるなどといわれています。

最近は、カメラ部分のみのU字型のノッチを持つ機種も多くなってきていて、トレンドになりつつあります。

Pixel 4の情報は、これから少しずつでてくるはずなので、こちらの記事で少しずつ更新していきます。
Google Pixel 4 日本発売日、スペック、価格、サイズ、カメラ性能など、リーク情報、最新情報!

注目のキャンペーン情報!
BIGLOBEモバイルでは、最大29,794円分の特典!(3月31日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルでは、最大9,170円分の特典!(終了日未定)
>>LINEモバイル公式サイトへ

_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする