AQUOS R3 発売日、スペック、価格、カラーなど、リーク情報!ドコモ、AU、ソフトバンク

注目のキャンペーン情報!
BIGLOBEモバイルでは、最大17,791円分の特典!(5月12日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルでは、最大7,170円分の特典!(終了日未定)
>>LINEモバイル公式サイトへ

_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
スポンサーリンク
ワン吉くん
シャープから、AQUOS R3が出るみたいだね。どんな機種になるのかな?
ウサギ先生
AQUOS R2をアップデートしたような機種になるみたいよ。リーク情報を教えてあげる。

このページでは、AQUOS R3の発売日、スペック、価格、カラーなど、リーク情報を紹介します。

発売日

AQUOS R3の発売日は、2019年6月~7月ごろと予想されています。

AQUOS R2は2018年6月、AQUOS Rは2017年7月に発売されています。

おおよそ1年程度のスパンで発売されるだろう。ということです。

【追記】
2019年5月8日、シャープから、AQUOS R3が正式に発表されました。

「夏」ではなく、あえて「初夏」と発表されているので、6月中に発表されるのではないでしょうか。

デザイン

AQUOS R3のデザインを紹介します。

AQUOS R3
出典https://corporate.jp.sharp

AQUOS R3のデザインは、AQUOS R2と同様に、上部にU字型のノッチを持ったデザインとなっています。

画面下部は、ディスプレイ領域を広げるため、指紋センサーの部分にまでディスプレイが拡大されていることが分かります。

AQUOS R2よりも画面占有率が高くなっています。

AQUOS R2は、上部にカメラ1つ分だけのノッチを持った、特徴的なデザインでした。

AQUOS R2


出典http://www.sharp.co.jp/

現行のAQUOS R2の時点でディスプレイサイズは限界いっぱいまで拡大されており、これ以上拡大する余地といえば、画面下部だけですね。

物理ボタンは、背面に移動すると予想されています。

AQUOS R2では、ノッチ部分にカメラが1つだけ配置されており、他のノッチを持つAndroid端末よりもノッチが小さいことも特徴です。

AQUOS R3でも、フロントカメラがデュアルになるということはなく、小さなノッチを持つデザインは変わらないでしょう。

ワン吉くん
ほぼ全画面になるんだね!

※追記
ドイツで開催されたIFA2018で、AQUOS R3のプロトタイプが出品されました。

プロトタイプは、やはりiPhoneXのように、横長のノッチを持っているデザインとなっていました。

iPhoneXよりは上下のベゼルが太く、画面占有率は低い印象です。

また、Galaxy S9のように、左右のディスプレイが曲面になっており、手にフィットしやすいデザインになっていました。

iPhoneXや、Galaxy S9の良いとこ取りをしたようなデザインになっています。

背面は滑りにくいように凹凸があり、カメラが1つ、フラッシュと、指紋センサーが配置されていました。

カラーラインナップ

AQUOS R3のカラーは、「プレミアムブラック」と「プラチナホワイト」の2色です。

AQUOS R2には、プレミアムブラック、プラチナホワイト、ローズレッドの3色が設定されていましたが、カラーラインナップは減りました。

スポンサーリンク

スペック

AQUOS Rシリーズは、シャープのスマートフォンのフラッグシップシリーズです。

当然、AQUOS R3も高性能なモデルとなっています。

AQUOS R3のスペックを紹介します。

AQUOS R3 AQUOS R2
OS Android 9 Pie Android 8.0
ディスプレイ 6.2インチ 6.0インチ
プロセッサ Snapdrgon 855 Snapdragon 845
メモリ 6GB 4GB
ストレージ 128GB 64GB
背面カメラ 1220万+2010万画素 2260万画素
前面カメラ 1630万画素 1630万画素
バッテリー容量 3200mAh 3130mAh
TVチューナー ワンセグ、地デジ ワンセグ、地デジ
サイズ 156×74×8.9mm 156×74×9.0mm
重量 185g 181g

プロセッサには、最新のSnapdragon855が搭載されています。

Snapdragon855は、年末に発表されるハイエンドスマートフォン向けプロセッサで、Snapdragon845よりも3~4割ほど性能が向上しています。

Snapdragon855に関する情報は、こちらで詳しく紹介しています。
Snapdragon855 発売日、スペック、ベンチマークスコアなど、リーク情報、最新情報!

AQUOS R2は、メモリ容量が4GBと、ハイエンド端末としては少し物足りないかな。という印象でしたが、R3では、メモリ容量は6GBに増やされています。

6GBあれば、今のところどんなに重たい作業をしたとしても、足りなくなることはないでしょう。

カメラは、背面カメラがデュアルカメラに進化しています。

1220万画素の静止画用カメラと、2010万画素の動画用カメラの組み合わせということなので、静止画、動画を撮影する時は、それぞれシングルで動作するのかもしれません。

前面カメラは、1630万画素のシングルで、AQUOS R2から変わっていません。

サイズや重量は、AQUOS R2とほぼ同じです。

AIライブストーリー機能

動画の中から笑顔の瞬間や、動きに変化があるシーンを自動的に抽出し、約15秒のダイジェスト動画を自動的に撮影する、AIライブストーリー機能が搭載されています。

Pro IGZOディスプレイ搭載

AQUOS R3には、従来のIGZOディスプレイよりも色表現、明るさに優れた、「Pro IGZOディスプレイ」が搭載されています。

10億色の色表現、120Hzの機敏な動作、AQUOS R2に搭載されていたディスプレイに比べて2倍の明るさを実現しています。

また、電力効率も10%向上しています。

ベンチマークスコア

AQUOS R3のベンチマークスコアがリークされました。

AQUOS R3の、Geekbenchのスコアは、シングルコアが3600程度、マルチコアが11000程度となっています。

リーク情報内では、機種名は「AQUOS AR3」と表記されていますが、Snapdragon855搭載、メモリは6GBとなっているので、AQUOS R3と見て間違いないでしょう。

おおよそ、Galaxy S10のリークされているベンチマークスコアと同等なので、フラッグシップスマートフォンとして十分な性能を持っているということが分かります。

現行モデルである、AQUOS R2のGeekbenchのスコアは、シングルスコアで2500程度、マルチスコアが8500程度ですから、4割程度性能が向上しています。

ドコモ、AU、ソフトバンクから発売?

AQUOS R3は、ドコモ、AU、ソフトバンクの三大キャリアすべてから発売されると予想されています。

現行のAQUOS R2も、三大キャリアすべてから発売されていて、販売はとても好調ですね。

今回、有機ELが採用されたことで、Xperia XZ3と激しい競争を繰り広げることになりそうです。

価格

AQUOS R3の価格は、有機ELディスプレイが採用される関係で、AQUOS R2よりも1万円ほど高くなると予想されています。

AQUOS R3は、SIMフリー版は発売されないと予想されているので、最終的に価格を決定するのはドコモ、AU、ソフトバンクといったキャリアで、毎月の割引金額などによっても実質価格は変わってくるのですが、一応の予想価格を紹介しておきます。

【新規、機種変更】
本体価格10万円程度

実質価格4万円程度

【MNP】
本体価格10万円程度

実質価格6万円程度

これくらいの価格に設定されるでしょう。

また新しい情報が入りましたら、更新します。

最近好調なシャープ

シャープは、2017年の国内携帯電話出荷台数でAppleに次ぐ2位になるなど、スマートフォン事業が好調です。

具体的には、AQUOS Senseや、AQUOS R2の販売が好調だったようです。

これまで、Androidではトップを走っていたXperiaを持つソニーを抜いての2位ですから凄いことですよね。

ご存知のかたも多いかとは思いますが、シャープは2016年に、台湾の鴻海に買収されています。

それいらい、経営判断が迅速になり、スマートフォン事業に限らず業績は上向き、2018年3月期の決算は黒字化しています。

「AQUOS」というブランドは、日本の消費者の間で今なお高いブランドイメージを持っています。

「世界の亀山モデル」というフレーズを覚えている方も多いのではないでしょうか。

いまとなっては、世界の亀山モデルはなくなってしまいましたが、スマートフォンでも知名度の高いAQUOSブランドを展開することで、これからも魅力的な機種を出してほしいですね。

事前の予想情報

有機ELディスプレイ採用?

AQUOS R3のディスプレイには、有機ELディスプレイ(OLED)が搭載されるともいわれています。

シャープ、AQUOSといえば、液晶テレビ。液晶のシャープ。という印象が強いですが、シャープは、自社で有機ELディスプレイの開発をすすめており、2018年中にもスマートフォンに搭載して発売する。という報道がされています。

今の所、スマートフォン向けの小型有機ELディスプレイは、サムスンがほぼ独占しているのですが、シャープが生産することによって、シャープの端末だけでなく、他社のスマートフォンにも有機ELの採用が一気に広がるかもしれません。

世界の亀山モデルといって液晶で一世を風靡したシャープでしたが、有機ELで再びあの頃の栄光を取り戻すことができると良いですね。

※追記
AQUOS R3のディスプレイは、有機ELディスプレイではなく、IGZOディスプレイでした。

注目のキャンペーン情報!
BIGLOBEモバイルでは、最大17,791円分の特典!(5月12日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルでは、最大7,170円分の特典!(終了日未定)
>>LINEモバイル公式サイトへ

_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする