iPhone 14には、指紋認証(Touch ID)は搭載される?されない?リーク情報まとめ。2022年~2023年に搭載か。

最近のiPhoneのメインストリーム商品には、指紋認証が搭載されていません。

今現在、指紋認証が搭載されているiPhoneは、iPhone 8の筐体を利用している、iPhone SEのみです。

来年のiPhoneには、指紋認証が搭載される!と数年前から言われ続けているのですが、いったい、いつになったら搭載されるんだ?とやきもきしている方も多いのではないでしょうか。私も、そのうちの一人です。

このページでは、iPhoneの指紋認証に関するさまざまなリーク情報、予想情報を、まとめて紹介します。

指紋認証の特許は取得している

Appleは、ディスプレイ埋込み型の指紋センサーに関係する特許を取得しています。

iPhone 14 指紋認証、Touch ID
出典https://www.patentlyapple.com

ディスプレイ埋込み型の指紋センサーには、大きく分けて、光学式と、超音波式の2種類があります。

光学式は、光の反射を利用して指紋の凹凸を読み取る方式。

超音波式は、超音波の反射を利用して指紋の凹凸を読み取る方式です。

精度、セキュリティは超音波式の方が高く、価格も超音波式の方が高くなります。

こういった特許を取得していることから、iPhoneに指紋認証が復活する時には、ディスプレイ埋め込み型のセンサーになるという情報が有力となっています。

一方で、コスト面で優位な電源ボタンに埋め込まれるタイプも、miniシリーズで搭載されるのでは?といった情報もありますが、そもそも、iPhone 14以降はminiが廃止されるという情報も多く、そのあたりはまだはっきりしていません。

リーク情報1:2022年に発売との情報

さて、現時点では、iPhone指紋認証の復活は、2022年モデルとなる、iPhone 14になると言う情報が最も多くなっています。

スマートフォン用としては最大級のディスプレイ埋込み型指紋センサーを採用し、広い範囲で指紋を検知することができる、利便性の高いものになる。とリークされています。

その情報によると、iPhone 14シリーズは、miniが廃止され、miniは大画面の廉価版となり、全4モデルがラインナップされるが、4モデルすべてで指紋認証が復活する。とのことです。

リーク情報2:2023年に発売との情報

一方で、開発の遅れから、2023年にずれ込むのではないかというリーク情報も出ています。

リーク情報の数としては、2022年に指紋センサーが復活する。という情報の方が多くなっています。

リーク情報というのは、色々と交錯するものですから、正式発表までは正確な事が分からないのは仕方がないことですが、とても待ち遠しいです。

Face IDも、ディスプレイに埋め込まれる?

2023年以降には、Face IDのセンサー類もディスプレイに埋め込まれることになるというリーク情報も出てきています。

Face IDのセンサー類がディスプレイに埋め込まれるのは、Proシリーズのみである。と報じています。

最近の流れとしては、フロントカメラもノッチやパンチホールではなく、ディスプレイの奥に隠されるようなデザインが増えてきており、今後は更に増えていくでしょうから、iPhoneもそういったスタイルになるのかもしれません。

昨今の情勢からも、指紋認証が待ち望まれている

iPhoneのメインストリーム商品では、2017年に発売されたiPhone Xシリーズから、指紋認証(Touch ID)が廃止され、顔認証(Face ID)となりました。

廃止された当初から、指紋認証の復活を望む声は多かったのですが、昨今の情勢から、マスクをする機会が多くなっているため、ますますその声は多くなってきています。

実際、マスクをしていると、Face IDの精度は大きく下がってしまいます。

私も、指紋認証が搭載されたiPhoneが発売されたら、いち早く購入しようと思っているので、これからもあたらしい情報が入り次第、更新していきます。

iPhone 14(2022年モデル)関連記事

https://sumaho-mag.com/iphone14

https://sumaho-mag.com/iphone14-pro

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする