【iPhone 14 iPhone 15 比較】違いは?デザイン、カラー、スペック、性能、カメラ、価格など。iPhone 14は、いらない?買わない方がいいという人も多い

毎月のスマホ料金を安くしたいなら、楽天モバイルがおすすめです。
エリアも広くなり、全国の方におすすめできるようになりました。

スポンサーリンク

2023年9月には、iPhone 15シリーズが発表されることが確実視されています。

iPhone 15シリーズについては、既に様々なリーク情報が飛び交っています。

現在出ているリーク情報や、予想情報をもとに、iPhone 15は、iPhone 14から、どういったところが変わるのか、比較をしていきましょう。

iPhone 14と15を比較1:デザイン

iPhone 15の無印と、PlusのデザインはiPhone 14と同じ、Pro、Ultraは角が丸みを帯びたデザインに変わるといわれています。

 

iPhone 14と15を比較2:カラー

iPhone 15のカラー

iPhone 15/Plusでは、パープルかブルーが廃止されて、イエローが追加されるといわれています。

ProやUltraには、何かしらの新色が追加されるといわれていますが、現時点でははっきりとした情報はありません。

iPhone 14のカラー

iPhone 14/Plusのカラーは、パープル、ブルー、ミッドナイト、スターライト、レッドの5色です。

iPhone 14 Pro/Pro MAXのカラーは、スペースブラック、シルバー、ゴールド、ディープ・パープルの4色です。

スポンサーリンク

iPhone 14と15を比較3:チップ

iPhone 15のチップ

iPhone 15シリーズには、A17チップが採用されることは間違いないでしょうが、Proシリーズにのみ採用されるという情報と、全機種に採用されるという情報があります。

A17 bionicは、3nmプロセスルールが採用されて、iPhone 14の無印系統に搭載されているA15 bionicよりも3~4割ほど性能が向上すると期待されています。

ただ、Proシリーズのみの採用であれば、iPhone 14と同じように、無印の人気が低迷するかもしれません。

【Apple A17 bionic チップ】3nm採用か。性能、スペック、プロセスルール、ベンチマークスコア、電力効率など、リーク情報、予想情報

Apple A17 bionicチップ、プロセッサのリーク情報、予想情報を紹介していきましょう。性能、スペック、ベンチマークスコア(Antutu、GeekBench)、電力効率はどうなるのか?iPhone 15シリーズや、iPad AIr、iPad Proに搭載されるとの予想が出ています。

続きを見る

iPhone 14のチップ

iPhone 14シリーズでは、無印/PlusとPro/Pro MAXで搭載チップが差別化されています。

無印/PlusにはiPhone 13と同じA15 bionicが。Pro/Pro MAXにはA16 bionicが搭載されています。

 

iPhone 14と15を比較4:メモリ、ストレージ

iPhone 15のメモリ、ストレージ

iPhone 15 Pro/Ultraでは、メモリ容量が8GBに増えるといわれています。

iPhone 15/Plusのストレージ容量は、iPhone 13と同じく、128GB/256GB/512GBの3種類、

iPhone 15 Pro/Pro MAXのストレージ容量は、128GB/256GB/512GB/1TBの4種類になるといわれています。

iPhone 14のメモリ、ストレージ

iPhone 14シリーズは、全機種でメモリ容量は6GBです。

iPhone 14/Plusのストレージ容量は、iPhone 13と同じく、128GB/256GB/512GBの3種類。

iPhone 14 Pro/Pro MAXのストレージ容量は、128GB/256GB/512GB/1TBの4種類です。

スポンサーリンク

iPhone 14と15を比較5:カメラ性能

iPhone 15のカメラ性能

iPhone 15 Ultraには、ペリスコープレンズが搭載されるといわれています。

iPhone 15 Proのカメラは4800万画素+1200万画素+1200万画素のトリプルカメラ、

iPhone 15/Plusのカメラは1200万画素+1200万画素のデュアルになるといわれています。

iPhone 14のカメラ性能

iPhone 14 Pro/ProMAXのカメラは4800万画素+1200万画素+1200万画素のトリプルカメラ、

iPhone 14/Plusのカメラは1200万画素+1200万画素のデュアルカメラです。

 

iPhone 14と15を比較6:価格

iPhone 15の価格

iPhone 15シリーズでは、特にiPhone 15 UltraはiPhone史上最も高い価格になると予想されています。

それ以外のモデルに関しては、為替レート次第になるでしょうが、現在の130円前後のレートであれば、iPhone 14と同程度になるでしょう。

iPhone 14の価格

iPhone 14のドルベースの価格は、iPhone 13と同程度ですが、円建てでは高くなっています。

・iPhone 14
128GB・・・119,800円
256GB・・・134,800円
512GB・・・164,800円

・iPhone 14 Plus
128GB・・・134,800円
256GB・・・149,800円
512GB・・・179,800円

・iPhone 14 Pro
128GB・・・149,800円
256GB・・・164,800円
512GB・・・194,800円
1TB・・・224,800円

・iPhone 14 Pro MAX
128GB・・・164,800円
256GB・・・179,800円
512GB・・・209,800円
1TB・・・239,800円

 

iPhone 14は、いらない、買わない。という人も

iPhone 14は、無印とPlusに搭載されているチップは、iPhone 13と同じ、A15 bionicです。

このことと、値上げされていることにより、特に無印に関して、いらない。買わない、iPhone 13で十分だ。という人も結構多いようです。

今回、Pro系と無印系で搭載されているチップが差別化されたことが、販売にどのような影響を与えるのか、注目したいところです。

 

iPhone 13で十分だ。という人も多い

iPhone 14とiPhone 13のスペック上の違いで大きな部分は、メモリが4GBか6GBか。という違いです。

iPhone 13のメモリ4GBというのは、今どきのスマホにしては少ないのでは?と感じる人も多いかもしれませんが、メモリを多く消費するアプリも、無理なく動きます。

メモリ6GBの恩恵を感じるとすれば、アプリをたくさん開いて、元のアプリに戻っても、続きの画面からスタートすることができる。

ブラウザのウインドウを数十個開いても動作が重くなりにくい。というくらいです。

ですから、iPhone 13を持っているなら、iPhone 13で十分だといえるでしょう。

毎月のスマホ代を安くしたいなら

毎月のスマホ料金を安くしたいなら、楽天モバイルがおすすめです。

使った分だけ、0円から、最大でも3,278円までです。

エリアも広くなり、全国の方におすすめできるようになりました。


今なら、はじめての申し込みでもらえるポイント増量中!SIMだけでも8,000ポイントもらえます。


スポンサーリンク

-Apple, スマホリーク情報

© 2023 スマホリーク情報なら、格安スマホマガジン Powered by AFFINGER5