【Apple A16 bionic チップ】性能、スペック、ベンチマークスコア、電力効率など、リーク情報、予想情報

2022年モデルのiPhoneや、iPadには、A16 bionicチップが搭載されることが確実視されています。

そんなA16 bionicチップですが、性能や、ベンチマークに関するリーク情報が少しずつ出てきています。

このページでは、Apple A16 bionicチップの性能やベンチマークスコアなど、リーク情報、予想情報、最新情報を紹介します。

発表時期、搭載機種

Appleno新型チップは、毎年9月の新型iPhone発表会の際に発表されます。

ですから、A16 bionicチップは、2022年9月に発表されることは確実でしょう。

搭載機種は、iPhone 14シリーズ、iPad Air、iPad Proになると予想されています。

iPad miniに関しては、次のモデルの登場は2年後になるとみられているため、次期iPad mini(第7世代)には、A17 bionicチップが搭載されることになるはずです。

A16 bionicの性能、スペック

A16 bionicチップは、3nmプロセスルールで製造されるとみられています。

A15 bionicチップは5nmですから、さらに微細化されることになります。

CPUの処理能力は、A15 bionicチップよりも4割ほど向上するとみられています。

A14からA15の時は、2割程度の性能向上にとどまっていましたから、大幅な向上ということになります。

プロセスルールは、4nmという情報もありますが、今のところ、3nmになるという情報が有力です。

A16 bionicのベンチマークスコア

Geek Bench 5のスコアだと、シングルコアが2000程度、マルチコアが6000程度になると予想されています。

発売が近づいてくると、テスト端末などからのリーク情報が出てくるかと思います。

A16 bionicの電力効率

A16 bionicチップは、プロセスルールの微細化により、電力効率がさらに向上すると予想されています。

具体的には、A15 bionicよりも2割ほど向上するという情報が有力です。

電力効率が向上すれば、バッテリーの持続時間の向上につながります。

A16 bionicチップのリーク情報は、これからもどんどん集まってくるかと思います。

あたらしい情報が入りましたら、また更新します。

当サイトでは、2022年に発売が見込まれる新型iPhoneやiPadなどの情報も、随時更新しています。

https://sumaho-mag.com/iphone14

https://sumaho-mag.com/iphone14-pro

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする