新型 iPhone11(2019年モデル) 発売日、予想、新機能、価格、スペック、サイズ、カラーなど、リーク情報!

注目のキャンペーン情報!
BIGLOBEモバイルでは、最大17,791円分の特典!(5月12日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルでは、最大7,170円分の特典!(終了日未定)
>>LINEモバイル公式サイトへ

_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
スポンサーリンク
ワン吉くん
来年は、iPhone11が出るのかな。楽しみだね。
ウサギ先生
iPhone11のリーク情報を教えてあげる。

このページでは、iPhone11の発売日、新機能、価格、スペックなど、リーク情報を紹介します。

名前は、iPhone11?

2017年にiPhoneXが発売されたあと、2018年にはiPhoneXsが発売されました。

この流れで行くと、2019年にはiPhone11が発売されるはずですよね。

新iPhoneの名称は、毎年直前まで議論になっていますが、2019年モデルに関しては、比較的予想をしやすく、iPhone11と、iPhone11MAXになるでしょう。

書き方は、iPhoneXではローマ数字が採用されていますが、これは10周年記念モデルという意味合いと、大きく生まれ変わってX(エックス)とかけていたということもあるので、iPhone11では、iPhoneⅪではなく、アラビア数字で11になるはずです。

結局、iPhone9という名前の機種は発売されませんでしたね。

発売日

iPhoneは、毎年9月に新機種が発表、発売されているのはよく知られていることです。

iPhone11も、2019年9月に発表されて、生産スケジュールに問題がなければ9月中には発売されることでしょう。

なにか革新的な技術を採用し、生産に遅れが発生したりしていたら、iPhoneXの時のように発売がすこし遅れる。ということもあるかもしれません。

デザイン

iPhone11のデザインは、iPhoneX、iPhoneXsと同様、ノッチのある全画面スタイルとなるでしょう。

技術の進歩により、ノッチが小さくなってより画面占有率が高くなるともいわれていますが、Appleは、ノッチのサイズ、角の丸みなどもデザインの一部として、小さければ良いとしているわけではないようなので、変わらないはずです。

ただ、背面はトリプルカメラが採用されるといわれており、背面のデザインは変わることになりそうです。

出典https://pbs.twimg.com

全画面になる?

iPhone11のディスプレイは、ノッチがなくなり、ポップアップ式のカメラを採用して、全画面になるのではないかという情報も出てきています。

ノッチを持ったデザインはiPhone XR2だけとなり、高級路線のiPhone 11は、更に一歩進んたデザインになるということですね。

ただしそうなると、Face ID認証をするのにいちいちポップアップ式のカメラを出さないと認証できなくなってしまうので、背面に指紋センサーをつけるのか?ディスプレイ内に組み込まれるのか?

全画面でポップアップ式のカメラが搭載されるという説は、ちょっと信憑性が低いかな。と思います。

ただし、Android端末では、既にポップアップ式のカメラを採用した機種が発売されています。

最終決定デザイン

iPhone11 MAXの最終決定デザインとされるCGがリークされています。


出典https://cashkaro.com

フロントのデザインは現行iPhone Xsと同様、背面はトリプルカメラで決定なようですね。

信憑性の高いOnLeaksからの情報です。

少し前にリークされた情報と同じですし、ここからのリーク情報は、この数年のiPhoneのリークを的中させているので、おそらく、このデザインで市販されることでしょう。

iPhone11の図面

iPhone11の筐体の図面がリークされています。

iPhone11
出典https://twitter.com

外枠の部分だけなので細かいデザインまではわかりませんが、注目は、左上の方にある3つの丸い穴です。

ちょうどカメラが配置される部分になるのですが、上で紹介したトリプルカメラとカメラの配置が同じですね。

ということで、iPhone 11はトリプルカメラになる可能性がいっそう高くなりました。

この図面のリーク情報の主は、iPhone XRの後継機としているのですが、他の情報では、iPhone Xs MAXの後継機のみがトリプルカメラになるという情報もあり、どの機種がトリプルカメラになるかはまだ分かっていません。

カラー

iPhone11のカラーラインナップは、iPhone Xsからローズゴールドが追加されて、全部で4色になるといわれています。

・シルバー
・スペースグレイ
・ゴールド
・ローズゴールド

iPhone Xになってカラーが大幅に減ったのですが、徐々にふえていく傾向にありますね。

こちらのページでは、歴代iPhoneのカラーラインナップの変化をまとめています。

ディスプレイサイズは?

最近のiPhoneは大きすぎる。と言われ始めて数年がたちますが、iPhone11も、ディスプレイサイズ、本体サイズともにiPhone Xsと同じになると予想されています。

2019年には、iPhoneSE2(仮称)というコンパクトなモデルも発売されると予想されていますが、あくまでメインストリームのiPhone11は、大画面の方向でいくということのようです。

スペック

iPhone11の予想スペックを紹介します。

iPhone11には、A13プロセッサが搭載されると予想されています。というか、名前がA13プロセッサになるということは確実でしょう。

気になるのは、その性能です。

iPhone Xsなどに搭載されているA12プロセッサは、7nmプロセスルールによって開発されたということもあり、A11プロセッサよりも約50%もの大幅な性能向上を実現しました。

しかし、A13プロセッサは、7nmというプロセスルールは変わらないので、それほどの大幅な性能向上はなく、25%から30%の性能の向上にとどまると予想されています。

それでも、A12プロセッサの時点でSnapdragon855を寄せ付けないほどの性能を実現しているので、引き続きスマートフォン最高スペックを堅持することとなるでしょう。

メモリ容量は、4GBで、iPhone Xsから変わらないと予想されています。

Androidスマートフォンのハイエンド端末は、4GB~6GBが主流で、4GBは少し少ない方ですが、iPhoneはOSとハードの一体開発により、少ないメモリ容量でもスムーズに動作することはよく知られています。

ですから、4GBというメモリ容量でも、動作には問題はないはずです。

トリプルカメラ採用か

iPhone11(2019年モデル)では、トリプルカメラが採用されて、より美しい写真や動画を撮影することができるようになると予想されています。

トリプルカメラが採用されるのは大画面モデルのiPhone11 Plus(MAX?)で、標準サイズのiPhone11はデュアルカメラになるでしょう。

Huaweiが一足早くトリプルカメラを採用しましたが、今後、Galaxy S10+もトリプルカメラになるといわれていますし、フラッグシップ級のスマートフォンの大画面モデルには、トリプルカメラが当たり前になるかもしれません。

【追記】
iPhone11にトリプルカメラが採用されるというリーク画像が入ってきました。

出典https://pbs.twimg.com

OnLeaksからのリーク情報ということで、結構信憑性の高い情報かと思います。

また、最近のiPhoneは事前のリーク画像、リーク情報がほとんど的中しているということもあり、新型iPhone11(おそらくPlus、MAXに相当する大画面モデル)には、トリプルカメラが、この画像の様な配置で搭載されることになるのでしょう。

よく見てみると、フラッシュ部分には4つのLEDを確認することができます。

カメラ部分の出っ張りといい、正直あまりスマートではないように感じてしまいますが、その性能にも注目したいところです。

指紋センサー復活か

iPhone11では、ディスプレイ内に指紋センサーが組み込まれると予想されています。

Appleは、ディスプレイ内に指紋センサーを組み込むための特許を申請しています。


出典https://www.patentlyapple.com

特許申請された図面のiPhoneのデザインが古いことを見ればわかるかと思いますが、この特許は2016年に申請されたものです。

また、この特許の中には、指紋認証だけでなく、心拍数といった健康に関するデータも一緒に読み込めるような技術が含まれているということです。

2019年モデルのiPhone11には、そこまでの機能は搭載されないでしょうが、Appleは、Apple Wachで同様の機能を搭載していますし、いずれiPhoneにも搭載されるかもしれません。

iPhone11の、新機能は?

iPhone11では、iOSが13にアップグレードされて、AI、Siriの機能が大幅に強化されると予想されています。

具体的には、商品の注文、ネットを介して接続することができる家電の操作などができるようになると予想されています。

最近では、家電とAIの連携が流行ってきており、AIスピーカーとの連携によって家電を操作するというものが主流となっています。

Appleも、HomePodというAIスピーカーを発売していますが、ライバルのGoogle Homeや、Amazon Echoに比べるとあまり普及していないようです。

そこで、AIスピーカーを使わずに、iPhoneのSiriから直接家電を操作することができるようにして、一気に普及を図ろうとしているということなのでしょう。

ただ、iPhoneには、リモコンのように赤外線を出す機能はないので、家電自体がネット接続に対応している必要がありますね。

最近だと、ネットで操作することができるエアコンが増えてきていますが、これから他の家電でもネットでの操作に対応している物が増えてくれば、リモコンいらずでiPhone1台でOKという時代が来るかもしれまえん。

ただ、リモコンのように、iPhoneがどこかにいってしまうと、大変なことになりそうですけどね^^;

iPhone11の、価格は?

iPhoneシリーズは、年々価格が高くなっていることが話題となっています。

iPhone11の価格も、iPhoneXsと同程度に高止まりすると予想されています。

iPhoneXsの価格は、いくらなんでも限界を超えた。という声も多く、また、日本では機種代金の割引をなくす方向で進んでいます。

そういった理由により、iPhoneXsの売れ行きが低迷するようなことがあれば、少し値下げされる可能性もなくはないかと思いますが・・・。

iPhone Xでも高すぎる!と言われていましたが、結果的にApple社の過去最高益に貢献したわけで、当分は販売台数よりも利益を重視する姿勢はかわらなさそうです。

あまり代わり映えしなさそう?

ここまでiPhone11のリーク情報、予想情報を紹介しましたが、iPhone11は、iPhoneXsからあまり大きくはかわらなさそうです。

ノッチのデザインも同じで、折りたたみディスプレイが採用されるわけでもなく、大きな変更点としては、トリプルディスプレイが採用されそうだ。ということくらいでしょうか。

iPhoneXs、iPhoneXRの販売もあまり好調ではないようなので、iPhone11も、それほど爆発的に売れるということはなさそうです。

ただ、一台あたりの利益は高いようなので、Appleの利益には貢献することでしょう。

iPhone11(2019年モデル)について新しい情報が入りましたら、また更新します。

関連記事

注目のキャンペーン情報!
BIGLOBEモバイルでは、最大17,791円分の特典!(5月12日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルでは、最大7,170円分の特典!(終了日未定)
>>LINEモバイル公式サイトへ

_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする