iPhone SE 3(第3世代)を、待つべきか。いつ出る?出ない?リーク情報まとめ。ホームボタン、指紋認証継続か。発売日、価格、バッテリー容量、カメラ性能など

iPhone SEシリーズの最新モデル、iPhone SE3のリーク情報が集まってきました。

このページでは、iPhone SE3の発売日、デザイン、価格、バッテリー容量など、リーク情報、予想情報、最新情報を紹介します。

iPhone SE3の発売日は、いつ?

iPhone SE3の発売日は、2022年春と予想されています。

歴代iPhone SEシリーズの発売日を振り返ってみましょう。

iPhone SE(初代)・・・2016年3月

iPhone SE(第2世代)・・・2020年4月

このように、これまでのiPhone SEシリーズは、春に発売されています。

iPhone SE2の発売日は、2022年3月か4月になる可能性が高いです。

iPhone SE3のホームボタン、指紋認証

iPhone SE3のデザインは、現行のiPhone SE2と同じ筐体が引き続き使用されると予想されています。

iPhone SE2

出典https://www.apple.com

と、いうことは、ホームボタンと、指紋認証は引き続き採用される。ということですね。

iPhone SEの人気の理由として、サイズが小さいということ以外に、ホームボタンや指紋認証がある。ということも大きいでしょうから、これが残るのは嬉しいことです。

また、バッテリー容量も、iPhone SE2と同程度になるということですね。

iPhone SE Plusという、iPhone11の筐体を利用した大画面のiPhone SEも発売されるという情報がありますが、そちらの情報は、また別の記事で紹介します。

iPhone SE3のカラー

iPhone SE3のカラーラインナップは、iPhone SE2と同じく、ホワイト、ブラック、プロダクトレッドの3色になると予想されています。

筐体はiPhone SE2と同じものが採用されるようですから、カラーも、わざわざ新色は用意されないようです。

現行のSE2でも、筐体を流用しているiPhone 8にはゴールドがラインナップされていたため、ゴールドの設定を望む声が多いのですが、今のところ、iPhone SE3にゴールドがラインナップされるという情報はありません。

iPhone SE3は、5G対応の可能性大

iPhone SE3は、5G通信に対応すると予想されています。

たとえば、ドコモでは2022年3月末に、5Gの人口カバー率55%を目標としている。ということです。

人口カバー率55%ということは、都会では普通につながる。くらいのカバー率です。

ですから、iPhone SE3のような廉価版でも、今後は5G対応が当たり前になっていくことでしょう。

【追記】
海外の有名リーカーが、iPhone SE3は、iPhoneシリーズの中で最も安い5G対応端末になる。との情報を発表しています。

iPhone SE3のプロセッサ

iPhone SE3には、2021年モデルのiPhone13シリーズに搭載される、A15プロセッサが搭載されると予想されています。

A15プロセッサは、A14プロセッサよりも2割ほど性能が向上すると予想されています。

iPhone SE2には、A13プロセッサが搭載されていますが、A14プロセッサは、A13プロセッサよりも、マルチスレッドで3割ほど、シングルスレッドで2割ほど性能が向上しています。

A15プロセッサは、iPhone SE2に搭載されているA13プロセッサよりも5割ほど性能が向上するとみられています。

iPhone SE3のカメラ性能

iPhone SE3のカメラは、iPhone SE2と同じく、メインカメラは1200万画素のシングル、インカメラは800万画素のシングルになると予想されています。

一部、デュアルカメラになるという情報もありますが、筐体がiPhone 8、iPhone SE2から流用されるという情報が、かなり信憑性の高いリーカーの元から出ていますから、デュアルカメラになる可能性は、低いでしょう。

正直、今どきフロントカメラもリヤカメラもシングルというのは、少々時代遅れ感がありますが、価格と、処理能力に特化したモデルですから、そのあたりは割り切りですね。

現在、iPhone SE(第2世代)には、ナイトモードは搭載されていませんが、iPhone SE3では、ナイトモードが搭載され、夜間、より綺麗に撮影することができるようになるといわれています。

メインカメラはデュアルカメラにならないの?と聞かれることがありますが、その可能性は限りなく低いでしょう。

iPhone SE3のメモリ、ストレージ

iPhone SE3のメモリ容量は4GB、ストレージ容量は、64GB/128GB/256GBになると予想されています。

iPhone SE2のメモリ容量は3GBでしたから、増量されることになります。

ストレージのラインナップは、iPhone SE2と同じです。

iPhone SE3のバッテリー容量

iPhone SE3のバッテリー容量は、iPhone SE2と同程度になると予想されています。

iPhone SE2のバッテリー容量は1,821mAhで、正直言って、バッテリー持ちは良いとは言えません。

容量自体に変化はないようなのですが、iPhone SE3は、MagSafeに対応する。というリーク情報が出ています。

MagSafeとは、磁石を利用したワイヤレス充電のことで、磁石がくっつくので、ずれにくく安定した充電ができるというメリットがあります。

また、たとえば、車のエアコンにMagSafe対応の充電器を取り付ければ、充電器兼スタンドになるといった使い方もできます。

iPhone SE3の価格

iPhone SE3の価格は、iPhone SE2と同程度になると予想されています。

<iPhone SE2の価格>
64GB・・・49,280円
128GB・・・54,780円
256GB・・・66,880円

Lightningケーブルは継続か

欧州で、強制的に一般的な充電ケーブル(USB等)を採用することを義務付ける法案の提出がされる。というニュースや、iPadではUSB-Cポートが採用されていることもあり、iPhone SE3には、USB-Cポートの採用を期待する声が多く上がっています。

ただ、iPhone SE3は、引き続きiPhone 8の筐体が利用されるといわれています。

ですから、充電ポートは、引き続きLightningケーブルが採用されると予想されています。

iPhoneの充電ポートがUSB-Cポートになるのは、2023年~2024年ごろになるでしょう。

iPhone SE3予想スペックまとめ

現時点でリークされている情報から、スペックを表にまとめて紹介します。

OS iOS 15
ディスプレイ 4.7インチ
1334×750
プロセッサ A15プロセッサ
メモリ 4GB
ストレージ 64GB/128GB/256GB
メインカメラ 1200万画素
インカメラ 700万画素
バッテリー容量 1821mAh程度
サイズ 138.4mm×67.3mm×7.3mm
重量 150g程度

iPhone SE3を、待つべきか?

iPhone SE3を待つべきか、悩んでいる方も多いかと思います。

価格が同じなら、待つべきです。と答えるところなのですが、最近は、iPhone SE2が投げ売りされています。

新規契約、MNPなら、64GBは一括1円、128GBでも一括6,000円程度。

また、端末のみでの購入も、定価から35,000円引きで64GBなら2万円程度となっています。

ドコモとAUが、積極的に投げ売りをしている印象です。

ヨドバシカメラやビックカメラ、ヤマダ電機などの家電量販店で、週末を中心に投げ売りセールが繰り返されています。

投げ売りされているということは、SE3の発売が近づいてきているということの裏返しでもあるのですが、ここまで安いなら、正直、iPhone SE2でも良いと思います。

実際、私は両親用にiPhone SE2を安く買いました。

iPhone SE2のキャンペーン情報は、こちらのページにまとめています。

https://sumaho-mag.com/iphonese2-campaign

あたらしい情報が入りましたら、また更新します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする