Huawei Mate 30(Pro 5G/lite)日本発売日、Googleは使えるのか?スペック、価格など、最新情報!5G対応!

スポンサーリンク

Huaweiから、フラッグシップスマートフォン、Mate30シリーズが発売されます。

このページでは、Mate 30 Pro、Mate 30 liteのスペック、価格、発売日など、リーク情報を紹介します。

Mate 30 Pro 5G

まずは、Mate 30シリーズの中でも高性能なモデル、Mate 30 Proの情報を紹介します。

Mate 30 Proのデザイン

Mate 30 Proのデザインを紹介します。


出典https://www.dxomark.com

表面上部には、横長のノッチが配置されています。

背面には、4つのカメラが確認できます。

カメラ周囲のリングが特徴的ですね。

Mate 30 Pro 5Gの日本発売日

ファーウェイ・ジャパンは、2020年3月16日に新しいスマートフォンを発表する。というツイートをしています。

このリングは、Mate 30シリーズで特徴的なデザインですね。

実は、Mate30 Pro 5Gは、日本の技適を取得しており、日本の発売準備が進められていました。

いよいよ、3月16日に発表されるということですね。

Mate 30 Proのスペック

HuaweiにはMateシリーズや、Pシリーズ、Honorなど、フラッグシップとされるシリーズがいくつかあります。

スペックを追求しているシリーズとしては、PシリーズよりもMateシリーズに最新のプロセッサが搭載されることが恒例で、Mateシリーズが真のフラッグシップということができます。

スペック寄り Mateシリーズ⇔Pシリーズ⇔Honorシリーズ デザイン寄り といった感じです。

ですから、Mate 30 Proのスペックは、Huawei史上最高のものに仕上げられます。

Mate 30 Proのスペックを紹介します。

OS EMUI 10(Android 10ベース)
ディスプレイ 6.53インチ有機EL
2,400✕1,176
プロセッサ Kirin 990
メモリ 8GB
ストレージ 256GB
背面カメラ 4000万画素✕3+深度センサー
前面カメラ 3200万画素+深度センサー
バッテリー容量 4500mAh
サイズ 縦158.1mm✕横幅73.1mm✕厚さ8.8mm
重量 198g

気になるOSは、Android 10ベースのEMUI 10が採用されています。

プロセッサには、最新のKirin 990プロセッサが搭載されています。

背面カメラは4000万画素✕3+深度センサーのクアッドカメラ

前面カメラは3200万画素+深度センサーのデュアルカメラとなっています。

Googleアプリは使えるのか?

Mate30 Proを使うにあたって一番気になるのは、Googleアプリが使えるのか?ということだと思います。

残念ながら、標準状態では、Googleアプリ(Google Play Storeなど)は使えません。

パソコンと接続してゴニョゴニョすれば、使える状態にできるようですが、普通の人にはなかなか難しいですよね。

一応、パソコンと接続してGoogleを使えるようにした。という記事を貼っておきます。

https://gazyekichi96.com/2019/10/27/i-finally-finished-it-how-to-install-google-play-on-huawei-mate-30-pro/

5G対応

Kirin 990か、Kirin 985が搭載されるわけですが、どちらも5G通信に対応しています。

日本では、5G通信が本格的にサービス開始となるのは2020年になってからなので、端末側が対応していても仕方がないですが、米国や韓国ではすでにサービスがはじまっています。

中国でも、5G通信は2019年中にはサービスが開始される予定となっています。

それに合わせて、Mate 30 Proは、Huawei初の5G対応の端末となるでしょう。

Mate30 lite

Mate30 liteに関しては、まだ日本発売の情報は入ってきていません。

情報が入り次第、更新します。

キャリアでの取扱はあるのか

最近、政府の方針に従って、各キャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)は、Huawei製品の排除をすすめています。

5G通信機器も、Huawei製品は使わない方針で、Huaweiにとっては強い逆風が吹いています。

Mate20シリーズや、P20シリーズはドコモやソフトバンクでの取扱がありましたが、最近ではありません。

キャリアで取り扱われないとなると、SIMフリーモデルのMVNOでの運用がメインとなるのですが、ハイスペックで高価なMate30シリーズは、MVNO、格安スマホにはあまり向いていないと言わざるを得ません。

ここ最近、キャリアでの取扱機種を増やすなど、シェアを拡大してきたHuaweiですが、現状、急ブレーキがかかっており、今後の先行きは不透明です。

おそらく、SIMフリーモデルのみの取り扱いとなるでしょう。

Googleアプリが使えない。という致命的な弱点はあるものの、今はまだ5G対応のスマートフォンが少なく、5G対応のMate 30 Proを投入すれば、注目してもらえるだろう。という判断があったということでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする