HUAWEI Mate20(Pro、lite)日本発売日、スペック、価格、デザイン、レビューなど、リーク情報!

スポンサーリンク
注目のキャンペーン情報!
NifMoでは、最大15,100円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!(10月31日まで)
>>NifMo公式サイトへ


BIGLOBEモバイルでは、最大16,400円分の特典!(12月2日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ


_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
ワン吉くん
HUAWEIから、Mate20が出るみたいだね。どんな機種になるのかな。
ウサギ先生
Mate20のリーク情報を教えてあげる。

このページでは、HUAWEI Mate20、Mate20 Proの発売日、スペック、価格など、リーク情報を紹介します。

Mate20とは

HUAWEIのMateシリーズは、HUAWEIのフラッグシップブランドです。

Mate20も、大きな画面にハイスペックなプロセッサを搭載した、ハイエンド端末となります。

Pシリーズとの棲み分けがよく分からない。という声も聞きますが、Pシリーズは、ファッション性、カメラ性能が重視であるのに対し、Mate20は、画面サイズ、スペック重視で、Galaxy Noteシリーズのライバルにあたります。

P20も、ハイスペックで、特にP20 proはトリプルカメラを採用するなど、大きく話題を呼びました。

Mate20は、P20よりも大きなディスプレイを搭載し、最新のプロセッサを搭載するなど、P20よりもスペックを重視した設計になると予想されています。

Mate20

まずは、Mate20シリーズの中核となる、Mate20の情報を紹介していきます。

Mate20の 日本発売日

8月31日、Mate20シリーズの廉価モデル、Mate20 liteが発表されました。

その中では、Mate20は10月16日に発表する。という予告がありました。

Mate20の日本発売日は、2018年12月中と予想されています。

先代のMate10シリーズのちょうど1年後となります。

Mate10シリーズでは、Mate10 liteと、Mate10 Proしか日本では発売されませんでしたが、Mate20シリーズでは、フルラインナップでの発売となるでしょう。

Mate20の デザイン

Mate20のデザイン予想を紹介します。

中国の工場から流出した、Mate20といわれているスマートフォンの画像がリークされました。


出典https://www.igeekphone.com/ ”

ノッチはなく、上下に細いベゼルがあることが確認できます。

左右の部分には、ほぼノッチはありませんね。

このリーク画像を元としたMate20のレンダリング画像も公開されています。


出典https://www.igeekphone.com/ ”

背面には、トリプルカメラが採用されています。

トリプルカメラは、Mate20の上位モデル、Mate20 Proに搭載されると予想されているので、この画像は、Mate20 Proのものでしょうか。

※追記
Huawei Mate20 Proのものとされる実機の画像がリークされました。


出典http://www.cnmo.com/ ”

見たところ、フロントベゼルにはカメラが確認されず、ポップアップ型のカメラが搭載される。という情報が出てきています。

上で紹介した画像は、あくまで予想CGであるのに対し、今回の画像は実機をリークしたものですから、こちらのほうが信憑性が高いということができます。

ということは、スマートフォン初のポップアップカメラが、Mate20 Proから採用されることになるのかもしれません。

※追記
Mate20のデザインは、OPPO F9のような、水滴型のノッチを持ったデザインになる。との情報も出てきました。



出典https://www.xda-developers.com/ ”

こちらは、背面にL字型に3つのカメラが配置されています。

いずれにしても、トリプルカメラになるのは確実なようです。

Mateシリーズは、Pシリーズよりも最先端のフラッグシップモデルという位置づけなので、P20 Proにトリプルカメラが採用された以上、Mate20にも搭載されると考えるのが自然ですね。

今のところ、どちらが正しいのかはわかりません。

また新しい情報が入りましたら更新します。

Mate20の スペック

Mate20の予想スペックを紹介します。

OS Android8.0
ディスプレイ 6.3インチOLED
プロセッサ Kirin980
メモリ 6GB
背面カメラ 4000万画素+2000万画素+800万画素
前面カメラ 800万画素
バッテリー容量 4,200mAh

ディスプレイは、Mate10よりも少しだけ大きくなり、6.3インチの液晶ディスプレイが搭載されますが、解像度は変わらないと予想されています。

プロセッサには、最新のKirin980が搭載され、メモリは6GBと、フラッグシップモデルにふさわしいスペックになるでしょう。

Mate10のメモリ容量は4GBと、ハイエンド端末としては少し物足りなかったのですが、Mate20では6GB搭載されるので、十分ですね。8GBまでは必要ないと思います。

カメラは、背面カメラが4000万画素+2000万画素+800万画素、前面カメラは800万画素のシングルで、どちらもライカ監修のものが搭載されるでしょう。

Proではない方のMate20のカメラ性能は、Mate10とそれほど変わらないと予想されています。

リーク情報をもとに、Mate20シリーズは、P20シリーズよりもどれくらい性能が向上しているのか、調査してみました。

Huawei Mate20と、P20を、比較!スペック、サイズ、価格、バッテリー、カメラなど

Kirin980の性能は?

HUAWEIのスマートフォンには、伝統的にKirinプロセッサが搭載されているわけですが、Mate20には、最新のKirin980プロセッサが搭載されると予想されています。

Kirin980は、Kirin970プロセッサに比べて、3割ほど性能が向上すると予想されています。

これにより、他社のAndroidスマートフォンに広く採用されている、Snapdragonの最新モデル、Snapdragon845を上回る性能を獲得することになるでしょう。

ただし、Snapdragonシリーズも、年末にはSnapdragon855がリリースされ、Snapdragon855の性能は、Kirin980を上回るとみられているので、Kirin980がAndroid向けプロセッサとして性能がNo1なのは、短い期間にとどまることになると予想されています。

Kirin980プロセッサについての詳しい情報は、こちらのページで紹介しています。
Huawei Kirin 980プロセッサ スペック、ベンチマークスコア(Antutu)、搭載機種など、リーク情報!

Huaweiとしては初の7nmプロセスルールを採用したプロセッサになるようなのですが、SnapdragonやA12プロセッサよりも早くに発表されるようなので、世界初の7nmプロセスルールによるプロセッサということにもなりそうです。

Mate20の 価格

Mate20の予想価格を紹介します。

Mate20の価格は、Mate10と同程度になると予想されているので、510ドル程度になるでしょう。

Mate10シリーズの日本での価格は、Mate10 liteが42,800円、Mate10 Proが89,800円です。

ですからMate10の日本価格は、6万円程度になるでしょう。

Mate20 Pro

続いて、Mate20シリーズのフラッグシップモデルMate20 Proの情報を紹介します。

Mateシリーズ自体が、一応フラッグシップモデルという位置づけですが、Mate20は、真のフラッグシップモデルということになります。

Mate20 Proの日本発売日

8月31日、Mate20シリーズの廉価モデル、Mate20 liteが発表されました。

その中では、Mate20は10月16日に発表する。という予告がありました。

Mate20 Proの日本発売日は、Mate20と同じく、2018年12月中と予想されています。

MateのPro系統は、Mate10 Proも日本で発売されているので、今回のMate20 Proも日本で発売されることはほぼ確実といえるでしょう。

Mate20 Proのデザイン

Mate20 Proのリーク画像を紹介します。


出典https://www.igeekphone.com/ ”

Mate20 Proは、P20 Proと同じく、トリプルカメラを搭載するスマートフォンになるでしょう。

指紋認証センサーはディスプレイ内に組み込まれ、画面下部のベゼルはほぼなくなります。

画面上部には、スピーカーやカメラが搭載されるので若干のベゼルがありますが、現行のMate10 Proよりもベゼルの幅は細くなっています。

トリプルカメラが採用されているスマートフォンはまだ少ないので、通話しているときも、良い意味で目立ちますね。

Mate20 Proの スペック

続いて、Mate20 Proの予想スペックを紹介します。

OS Android8.0
ディスプレイ 6.5インチOLED
プロセッサ Kirin980
メモリ 6GB/8GB
ストレージ 128GB/256GB
背面カメラ 4,000万画素+2,000万画素+800万画素
前面カメラ 2400万画素
バッテリー容量 4,200mAh

Mate20 Proは、ディスプレイサイズがMate20よりも大きく、OLED(有機EL)ディスプレイが搭載されると予想されています。

プロセッサには、Mate20と同じく最新のKirin980プロセッサが搭載され、メモリ容量は6GBと8GBの2種類がラインナップされるようです。

ストレージも、256GBと512GBの2種類がラインナップされると予想されています。

Huaweiのスマートフォンは、micro SDカードを使えるものが多いので、ストレージの容量は少し少なめのものが多かったのですが、Mate20 Proでは、内蔵ストレージだけでも十分な保存容量が確保されます。

注目はカメラで、Mate20 Proのカメラ性能は、評価の高いP20 Proと同等のものが搭載されると予想されています。

P20 Proのカメラ性能は、ベンチマークソフトによると、現在販売されているスマートフォンの中でトップの性能なので、Mate20 Proも相当高いカメラ性能を誇ることになります。

Mate20 Proの 価格

Mate20 Proの価格は、トリプルディスプレイの採用などにより、Mate10 Proよりも1万円ほど高くなると予想されています。

Mate10 Proの価格が89,800円なので、Mate20 Proの価格は、10万円程度になるでしょう。

10万円といっても、もう最近のハイエンドスマートフォンの価格としては驚かなくなりましたね。

※追記
さらに新しい情報によると、ベースモデルで999ドルになる可能性が高くなってきました。

999ドルといえば、日本円に換算すると約11万円です。

Mate20 Proには、メモリ6GBモデルと8GBモデル、ストレージ128GBモデルと256GBモデルが設定されることから、メモリ8GB、ストレージ256GBのモデルは、さらに高くなることは確実ですね。

キャリアからの発売は?

Mate20 Proは、ドコモ、AU、ソフトバンクすべてから発売されると予想されています。

Mate20 Proのドコモ、AU、ソフトバンクでの発売情報や、実質価格などは、こちらのページで詳しく紹介しています。

HUAWEI Mate20(Pro、lite) ドコモ、ソフトバンク、AUから発売?機種変更、新規、MNP 実質価格は?

Mate20 lite

最後に、Mate20シリーズの廉価版、Mate20 liteの情報を紹介します。

Mate20 liteの デザイン

Mate20 liteのデザインを紹介します。


出典https://www.gsmarena.com/ ”
Mate20 liteのデザインは、最近の流行りであるノッチをもったデザインとなりました。

前面には2つのカメラが搭載されている事がわかります。

Mate20、Mate20 Proが、ノッチのないデザインになると予想されているのに対し、Mate20 liteは、ノッチありのデザインになるようです。

背面デザインは、中央付近に2つのカメラと指紋センサーが縦に並んでいます。

カラーラインナップ

Mate20 liteのカラーは、ブラック、ブルー、ゴールドの3色がラインナップされています。

それぞれのカラーを紹介します。


出典https://www.phonearena.com/ ”

この画像を見る限り、光沢のない、比較的落ち着いたカラーになっていることが分かりますね。

Mateシリーズは、比較的落ち着いたカラーのものが多くなっています。

カメラは結構飛び出しているようです。

Mate20 liteの、発売日

Mate20シリーズの中では、Mate20 liteが一番先に発表されました。

ポーランドのオンラインサイトで、Mate20 liteの予約受付が始まっており、発売日は、9月9日です。

Mate20 liteの日本発売日は、2018年末ごろと予想されています。

Mate20 liteの スペック

Mate20 liteの予想スペックを紹介します。

OS Android8.1
ディスプレイ 6.3インチ液晶
(2340×1080)
プロセッサ Kirin710
(1.7GHz+2.2GHzオクタコア)
メモリ 4GB/6GB
ストレージ 64GB
背面カメラ 2,000万画素+200万画素
前面カメラ 2,400万画素+200万画素
バッテリー容量 3,750mAh
サイズ 縦158.3×横75.3×厚さ7.6mm
重量 172g

Mate20 liteは、Mate20シリーズの中では廉価版ということで、プロセッサは、ミドルレンジ向けに新しく開発される、Kirin710プロセッサが搭載されると予想されています。

後述しますが、このプロセッサは、Mate10 liteに搭載されているKirin 659プロセッサよりもかなり性能が向上しています。

メモリ容量は、4GBのものと6GBのものがラインナップされていますが、今までの流れだと、日本では4GBのもののみ発売されるのではないかと予想されています。

カメラも、背面、前面ともにデュアルカメラで、その画素数も2000万画素オーバーということで、かなりきれいな写真を撮影することができそうです。

Mate20 liteは、Mate20シリーズの中では廉価モデルとはいえば、Mateシリーズ自体がHuaweiのフラッグシップという位置づけですから、決して性能の低い端末というわけではなさそうです。

Kirin710の性能は?

現行のMate10 liteには、Kirin659プロセッサが搭載されていますが、あたらしいKirin710プロセッサの性能は、どの程度のものになるのでしょうか。

Kirin710プロセッサは、Kirin659プロセッサと比べて、5割以上が向上していると予想されています。

コア数は8コア。

2.2GHzのコアが4つと、1.7GHzのコアが4つです。

Huaweiによると、シングルコア性能は75%向上、マルチコア性能は68%向上、GPU性能は30%向上しているということです。

710という型番が同じということで、Snapdragon710のライバル。ともよく言われています。

性能的には、Snapdragon710よりは若干劣るようです。

先に、nova3に内蔵されて発売されると予想されているので、そちらの情報にも注目したいですね。

※追記
nova3に搭載されました。

Antutuベンチマークのスコアが出てきました。

ベンチマークスコアによると、Kirin659は87,000点程度

Kirin710は、138,000程度と、大きな差があります。

Mate20 liteはミドルスペックの端末とはいえ、十分な性能を確保した端末になりそうです。

ベンチマークスコア

Mate20 liteのベンチマークスコアがリークされました。

Geek Bench4のスコアで、

シングルコア・・・1598

マルチコア・・・4668

です。

P20 liteよりも5割ほど高い性能で、Kirin710の性能の高さが伺えます。

AIも超進化?

Huawei Mate20 liteでは、AIも超進化しているようです。

最近のスマートフォンには、AIを搭載してると謳っているものが多いのですが、AIが介入するポイントといえば、写真、動画撮影の時や、アシスタントをワンタッチで呼び出すことができる。といった程度のものが多くなっています。

Mate20 liteのAIは他のスマートフォンのAIよりも一歩進んでおり、撮影した商品を読み取ってオンラインショッピングのサイトを表示したり、電話のノイズを除去してクリアな通話をすることができるようになるということです。

撮影した商品を読み取る機能はすごいですね。

廉価版のMate20 liteに搭載されているわけですから、上位機種のMate20や、Mate20 Proにも当然搭載されるでしょう。

Mate20 liteの 価格

Mate20 liteの予想価格は、48,000円程度です。

現行Mate10 liteの価格が46,224円なので、若干値上がりしていますが、プロセッサの性能が3割ほど向上し、カメラ性能も大幅に向上することを考えるとそれほど大きな値上げではありません。

とはいえ、48,000円は、Androidoスマートフォンとしては少し高い方です。

Mate20 liteは、Mate20シリーズの中では廉価版とはいえ、Mateシリーズ自体がフラッグシップ機種という位置づけなので、比較的高い価格になります。

※追記
海外で先行して予約が始まったサイトを見てみると、日本円換算48,000円で販売されています。ちょうど予想通りですね。

ただ、海外ではP20 liteも48,000円で販売されているので、それを考えると、Mate20 liteの日本価格は、もう少し安くなる可能性はあるかもしれません。

キャリアからの発売は?

Mate20 liteは、キャリアの中では、AUから発売されるのではないかと予想されています。

同じくHuaweiのフラッグシップであるP20シリーズのP20 liteも、AUから発売されています。

AUは、コストパフォーマンスが高く、本体価格の比較的抑えられた端末として、Huaweiの中堅あたりの端末を積極的に取り扱っています。

Mate20 liteも、スペック的にはミドルハイスペックくらいにあたるので、AUから発売される可能性は高いと思われます。

Mate20liteと、Mate10liteの比較をしています。
Huawei Mate20 liteと、Mate10 liteを、比較!スペック、サイズ、カメラ性能、価格、重さなど。違い、変更点は?

キャリアに食い込む切り札になるか

Huaweiの端末は、最近はキャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)でも積極的に取り扱われています。

キャリアは、比較的ハイエンドの端末を積極的に取り扱う傾向にあります。

Huaweiの端末でも、P20 Proなどは比較的積極的に販売されているようです。

Mate20 Proなどは、P20 Proよりも更にハイスペックで、高価格な端末となると予想されています。

おそらく、ドコモとAUから発売されると思いますが、Huaweiの端末としては手厚い月額割引など、シェア拡大の一助になるのではないかと思います。

Huaweiの端末は、主に格安SIMと組み合わせて使われるSIMフリー端末では、国内シェア1位を獲得していますが、キャリアなどで販売されているモデルのシェアはは、「その他」に含まれている状態です。

まずは、「その他」から脱出するためには、シェア5%程度の富士通を抜く必要があります。

現在のラインナップを見ると富士通よりもHuaweiの方がシェアが低いということの方が驚きですが、抜くのは時間の問題でしょう。

注目のキャンペーン情報!
NifMoでは、最大15,100円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!(10月31日まで)
>>NifMo公式サイトへ


BIGLOBEモバイルでは、最大16,400円分の特典!(12月2日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ


_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする