ドコモ home 5g レビュー、評判、メリット、デメリットまとめ。速度制限なしは本当か?キャンペーン、一括0円で買えるところを紹介

ドコモから、据え置きタイプのWi-Fiルーター、home 5Gが発売されました。


出典https://www.nttdocomo.co.jp

hone 5Gは、コンセントに挿すだけで、すぐにWi-Fiが使えるようになるため、固定回線の代わりとして注目されています。

これまで、固定回線の代わりになるようなルーターといえば、Softbank AirやUQ WiMAX、楽天モバイルあたりが定番でしたが、これらを差し置いて、本命になりそうなルーターです。

私も早速購入して、速度測定や、速度制限がかかるのかどうか、他社のSIMカードを挿して使えるのかなど、色々と実験してみました。

このページでは、ドコモ home 5gの速度、料金、速度制限、レビュー、評判、キャンペーンなど、気になる情報をまとめて紹介します。

結論:固定回線の代わりの大本命

結論から言うと、現時点では、ドコモhome 5gが固定回線の代わりの大本命です。

我が家には光回線も引いていますが、動画を見たり、ゲームをダウンロードしたり、一般的に重いと言われるようなことをしても、体感的には光回線と全く変わりません。

4K動画の視聴もスムーズにできました。

数百ギガバイトのデータ通信をしても、速度制限はかかりませんでしたし、月額料金は4,950円と、フレッツ光のマンションタイプよりは少し高いですが、工事がいりませんし、設置場所の住所変更をすればどこでも使えるので、賃貸住みの方などには、とてもおすすめできます。

それでは、ドコモhome 5gについて詳しく解説していきます。

ドコモ home 5Gとは?

まずは、ドコモ home 5Gとは何なのか?ということについて説明します。

ドコモhome 5Gとは、コンセントに挿すだけですぐに使えるようになる、据え置き型のWi-Fiルーターです。

こんな感じの筒型の本体をコンセントに挿すだけで、すぐにWi-Fiが使えるようになります。

ドコモhome5g
出典https://www.nttdocomo.co.jp

home 5gのサイズは、高さ170mm、幅と奥行きは95mmと、500mlのペットボトルよりも少し太く、少し短いくらいのサイズです。

月額料金は4,950円(税込)で、2年縛りなどの最低利用期間はありません。

購入から36ヶ月間は、月々サポートで、月額料金が1,100円割引=3,850円になります。

ドコモのスマホを利用している方なら、家族全員のスマホ料金が、最大1,100円割引となります。

home 5gの基本スペック

5G通信速度 受信時最大4.2Gbps
送信時最大218Mbps
4G通信速度 受信時最大1.7Gbps
送信時最大131.3Mbps
サイズ 高さ約170mm×横幅約95mm×奥行約95mm
同時接続台数 65台(有線1台、Wi-Fi64台)
無線LAN規格 IEEE802.11a/54Mbps
IEEE802.11b/11Mbps
IEEE802.11g/54Mbps
IEEE802.11n(Wi-Fi 4)/300Mbps
IEEE802.11ac(Wi-Fi 5)/867Mbps
IEEE802.11ax(Wi-Fi 6)/1201Mbps
2.4GHz帯/5GHz帯対応
有線LAN規格 IEEE802.3ab(1000BASE-T)
IEEE802.3u(100BASE-TX)
電源 100~120V、50/60Hz
消費電力 22W
本体付属品 ACアダプタ、LANケーブル
かんたん接続機能 WPS、QRコード接続

Wi-Fiルーターとしてはとても高性能です。

同時接続台数65台も、何に使うんだ。という感じですね(笑)

home 5gの速度制限なしは、本当か?

さて、こういったWi-Fiルーターは、3日間で○○GB以上通信したら、翌日速度が○Mbps以下に制限される。というものが一般的です。

ところが、home 5Gは速度制限がない。ということで話題となっていました。

私も気になったので、どれくらいで速度制限がかかるのか、試してみました。

1日目・・・122GB
2日目・・・109GB
3日目・・・155GB
4日目・・・123GB
5日目・・・202GB

これだけ通信をしても、速度制限はかかりませんでした。

あまり長期間実験をするのも、帯域を圧迫して申し訳ないので5日間にとどめておきましたが、

5日間トータルで700GBの通信をしても速度制限はかからなかったので、今のところ、速度制限はない。と思っておいて差し支えないでしょう。

ただし、ドコモの公式サイトには、「当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。」との記載があります。

ですから、今後利用者が増えてきて、帯域の余裕がなくなってきたら、速度制限がかかる可能性はあります。

ただ、2021年4月にはじまった、home 5gに似たような料金プランである、「5Gギガホ プレミア」という料金プランでも、今のところ速度制限があるという話は聞かないので、当面は速度制限はかからないのではないかと予想することができます。

Twitterのみんなの声

みなさん、速度制限されたという情報はありません。

700GB使ったという方も、80Mbps出ているので、十分すぎますね。

4Gエリアでも十分な速さ、5Gエリアは爆速

ドコモ home 5gは、その名の通り5G通信に対応しています。5Gエリア外では、4Gになります。

私の自宅は5Gエリアなのですが、通信速度は100Mbps~400Mbsも出ます。

これは、光回線と比べても全く遜色のないレベルです。

4Gエリアの実家でも試してみたところ、20Mbps~150Mbpsといったところでした。

4Gエリアだと、さすがに光回線よりは遅いですが、それでも時間帯を問わず20Mbpsは安定した出たので、普通に使う分には十分ですね。

Twitterのみんなの声

4Gエリアでも200Mbps以上出ている人もいます。

今後の5Gエリアは、どうなる?

今後のドコモの5Gエリアが、どれくらい広がっていくのか、気になりますよね。

こちらのページで、ドコモの現在の5Gエリア、3ヶ月後、5ヶ月後の5Gエリアを確認することができます。

現時点(2021年10月時点)では、都市部でもところどころエリア外の場所があります。

2022年3月末時点だと、大都市だけでなく、地方都市でもかなりの場所が5Gエリアになるということがわかります。

5Gエリアになると、数百Mbpsと、光回線と遜色ない速度で通信することができるようになります。

8日以内なら、無料で解約できる

home 5gは、8日以内なら、端末代金も含めて無料で解約することができます。

回線契約自体は、最低利用期間がないので、いつでも無料で解約できるのですが、8日以内なら、本体代金も返ってきます。

ドコモの電波が入らない場所はほとんどないかと思いますが、万が一、うまくつながらなかったとしても、安心です。

楽天モバイルのSIMを入れても動作した

home 5gに他社のSIMカードを入れても動作するのか気になったので、楽天モバイルのSIMカードを入れてみたところ、問題なく動作しました。

ということは、仮に、home 5gのプランの通信制限が厳しくなって、あまりメリットがなくなってしまったとしても、楽天モバイル回線を使って運用ができるので、本体は無駄になりません。

楽天モバイルの方は、楽天回線エリア内ではデータ通信無制限ではあるものの、1日10GB以上の通信をすると、日付が変わるまでの間、約3Mbpsになる。という速度制限が実施されています。

その代わり、楽天モバイルは月額3,278円と安いので、home 5gの制限が厳しくなって割に合わなくなったと感じたら、楽天モバイルのSIMで運用する。というのも一つの手ですね。

もちろん、ドコモのサポート対象外なので、自己責任にはなりますが。

ドコモ home 5gが一括0円で買えるキャンペーン

家電量販店では、ドコモ home 5gは、一括0円で買えるキャンペーンが開催されています。

私が確認した結果、各家電量販店では、以下のようなキャンペーンが開催されていました。

ヤマダ電機・・・一括0円

エディオン・・・一括0円

ケーズデンキ・・・一括0円

ドコモオンラインショップ・・・15,000ポイントプレゼント

ドコモショップ・・・1万ポイントプレゼント

【追記】
10月に入って、一括0円のキャンペーンは終了していっているようです。

キャンペーンの詳細については、店舗に確認することをおすすめします。

Twitter上のキャンペーン情報

ドコモ home 5gのレビュー、感想

ドコモ home 5gを使い始めて1ヶ月経ったので、私のレビュー、感想を紹介します。

・5Gエリアでの通信速度は、光回線と同等
5Gエリアで使っている限りは、下りの通信速度は光回線と同等です。

低い時でも100Mbpsくらいは出ます。

上りは、5Gエリアでも10Mbps~20Mbpsです。

・4Gエリアでの通信速度は、20Mbps~150Mbps
4Gエリアでの通信速度は、20Mbps~150Mbps程度です。

私が測定した限り、20Mbpsを切ることはなかったので、光回線に比べれば遅いものの、普通に4K動画を見たりするのにも問題のない速度です。

上りは、10Mbps~20Mbpsでした。

・有線LANにも対応していて、便利
今どき、ほとんど無線(Wi-Fi)に対応しているでしょうが、時々、有線でしか接続することができない機器があります。

我が家にも、有線でしか接続できないネットワークカメラがあるのですが、それも接続することができました。

・いつか制限が厳しくならないかだけ、不安
普通に使っている分にはとても快適で、100GB以上通信しても制限がかからないので、逆に、こんなに緩くて大丈夫なのか?と不安になります。

普段は1日100GBも使わないですが、制限をかけるとしても、1日数十GBくらいは使えるようにして欲しいな。というのが本音ですが、将来的にどうなるかは、まだ分かりません。

Twitterのみんなのレビュー、感想

ドコモ home 5gのメリット、デメリット

ドコモ home 5gには、どんなメリット、デメリットがあるのか、まとめました。

ドコモ home 5gのメリット

・1日100GB以上通信しても、速度制限がない
home 5gは、今のところ、1日100GB以上通信をしても、速度制限はかかりません。

100GBというのは極端としても、こういったWi-Fiルーターの中ではダントツで速度制限が緩いということは間違いありません。

・4Gエリアでも、十分に速い
home 5gは、4G、5Gに対応しているのですが、5Gエリアはまだ都会の一部だけで、4Gエリアの方が多いのが現状です。

ただ、4Gエリアでも20Mbps~150Mbpsは出るため、普通に使う分には全く問題ありません。

・最低利用期間(縛り)がない
home 5gには、最低利用期間(いわゆる2年縛りなど)がありません。

いつ解約しても違約金はかかりません。

ただし、端末を分割で購入した場合は、途中で解約したとしても、端末代は支払わないといけません。

・ドコモのスマホが1,100円割引になる
ドコモのスマホを使っている人は、家族全員、毎月の料金が最大1,100円割引となります。

月額1,100円割引となるのは、「5Gギガホ プレミア」「5Gギガホ」「ギガホ プレミア」「ギガホ」「5Gギガライト(1GB超)」「ギガライト(1GB超)」です。

月額550円割引となるのは、「5Gギガライト/ギガライト(1GB超~3GB)」です。

・一括0円で購入しても、月々サポートが有効
home 5gは、一括0円や、その他割引価格で購入したとしても、3年間月額料金が1,100円割引となる、月々サポートは有効となります。

3年間は、月額料金が4,950円から、3,850円になります。

・コンセントを挿すだけで、すぐに使える
ドコモ home 5gは、コンセントを挿すだけで、すぐに使えます。

固定回線のような工事は必要ありませんし、難しい設定も必要ありません。

すぐに使いたい方や、ルーターの設定をする自信がない方におすすめできます。

・使用場所を変更すれば、どこでも使える
ドコモ home 5gは、使用場所の住所を登録し、その場所で使うことが原則となっています。

使用場所は月1回変更することができるので、引っ越しの多い方でも、その都度使用場所の住所を変更すれば、本体を持っていくだけで、どこでも使えます。

ドコモ home 5gのデメリット

・使用場所を変更しないと、別の場所では使えない
ドコモ home 5gは、コンセントを挿せばすぐに使えるのですが、使用場所として登録した住所でしか使えません。

厳密には、使えるは使えるのですが、頻繁に使用場所以外の場所で使っていると、ドコモから注意され、最悪契約解除となってしまう可能性があります。

ですから、ホテルや、実家、友達の家など、気軽に持っていっていろいろな場所で使う。ということはできません。

・フレッツ光マンションタイプより高い
ドコモ home 5gの月額料金は、4,950円です。

36ヶ月間は月々サポートが使えて、3,850円になりますが、4年目以降は割引がなくなります。

フレッツ光のマンションタイプは、エリアや戸数にもよりますが、プロバイダ代も含めて3,500円~4,000円程度です。

同じところに長く住むなら、光回線を引いたほうが良いかもしれません。

・本体価格が高い
発売当初は、本体一括0円キャンペーンが頻繁に開催されていましたが、最近ではなくなってきているようです。

ドコモオンラインショップでの15,000ポイントを考えると、実質価格は24,600円といったところでしょうか。

固定回線の工事費用よりも少し高いくらいかもしれません。

ドコモ home 5gをおすすめできる人、できない人

おすすめできる人

ドコモ home 5gを使うことがおすすめできる人は、こんな人です。

・ドコモのスマホを使っている人
ドコモのスマホを使っている人は、家族も含めて、スマホ代が毎月最大1,100円引きとなります。

home 5gの月額料金は4,950円と、決して安くはありませんが、スマホ代が安くなるなら、それなりにお値打ちになってきます。

・引っ越しが多い人
引っ越しが多い人は、毎回光回線の引き込み工事、撤去工事をするのは面倒ですよね。

home 5gなら、使用場所の住所を変更するだけで引越し先でも使うことができます。

・光回線の工事が面倒な人
光回線を使いたい場合、その家の状況にもよりますが、たいてい、立ち会い工事が必要です。

指定した時間に家にいなければいけない、家に工事の人を入れるのが嫌だ。という方には、工事不要なhome 5gがおすすめです。

・ルーターの設定が苦手な人
光回線を引いた場合、NTTやプロバイダから届いたIDやパスワードを入力し、ネットを使えるようにするための設定作業が必要です。

そういった作業が苦手な人には、設定不要のhome 5gがおすすめです。

おすすめできない人

ドコモ home 5gを使うことがおすすめできない人は、こんな人です。

・フレッツ光マンションタイプが引けるマンションに住んでいる人
ドコモ home 5Gの月額料金は、フレッツ光のマンションタイプよりも少し高いです。

ドコモのスマホを使っているなら、ドコモ光のマンションタイプの方が安いです。

3年以上引っ越すつもりがないのなら、光回線を引くことをおすすめします。

・持ち運んでどこでも使いたい人
ドコモ home 5Gはモバイルルーターではないので、持ち運んでどこでも使いたい人にはおすすめできません。

使用場所の変更は月1回までしかできませんから、色々な場所で使いたいという方は、モバイルルーターを使うことをおすすめします。

・ゲームのダウンロードをしたい人
最近のゲームは、容量の大きいものだと100GBを超えるようなものもあります。

現時点では100GBのダウンロードも普通にできますが、今後、さすがに100GBといった極端な大容量の通信には、何らかの制限がかかると考えておいたほうが良いでしょう。

今後も大容量のゲームをダウンロードすることがありそうなら、固定回線を引くことを考えたほうが良いかと思います。

・FPSゲームをする人
0コンマ何秒の差が勝敗に関わってくるFPSゲームをする人は、home 5gはおすすめできません。

home 5gも、pingが極端に遅いというわけではありませんが、やはり光回線には劣ります。

・YouTubeなどで高画質動画をアップロードする人
ドコモ home 5gは、ダウンロード速度は十分に速いのですが、アップロード速度は10Mbps~20Mbspしか出ないことが多いです。

普通に使う分にはそれでも十分なのですが、YouTuberの方など、高画質の動画、長時間の動画をアップロードする方は、光回線の方が良いかと思います。

15,000ポイントのもらいかた

家電量販店での一括0円キャンペーンが終了してしまった今、最安値で購入することができるのは、ドコモオンラインショップということになります。

home 5gを購入すると、dアカウントと、dポイントクラブの会員に加入することになります。

契約の翌々月に、そのアカウントに15,000ポイントが付与されるので、特に手続きは必要ありません。

もらったポイントの有効期限は半年間なので注意しましょう。

ドコモショップ(店頭)での購入だと、10,000ポイントしかもらえない上に、契約事務手数料が3,300円かかってしまうので、できるだけオンラインショップから購入するようにしましょう。

home 5gパックは必要か?

ドコモ home 5gには、home 5gパックというオプションが用意されています。

home 5gパックは、「ケータイ補償サービス」と「ネットワークセキュリティ」のセットです。

ケータイ補償サービス550円、ネットワークセキュリティ385円、合計935円のところ、セットで770円になるお得なパックです。

が、個人的には必要ないと思います。

普段持ち歩くスマホならまだしも、家においておくhome 5gが故障することは、まずありませんから、補償はつけなくても良いでしょう。

また、ネットワークセキュリティのオプションも、パソコンのみを対象としたオプションです。

home 5gにスマホも接続するでしょうから、スマホもパソコンも保護することができるセキュリティソフトを別途購入した方が良いでしょう。

たとえば「ノートン360」や「マカフィーリブセーブ」「カスペルスキーセキュリティ」といったセキュリティソフトなら、パソコンもスマホも保護することができます。

ライバルのサービスと比較

ドコモ home 5gの直接的なライバルは、ソフトバンクのSoftbank Airと、AUのホームルーター、UQ WiMAXです。

どれも、コンセントに挿すだけでWi-Fiが使えるようになる、据え置き型のホームルーターを提供しています。

それぞれのサービスを比較してみましょう。

Softbank Airと比較

ソフトバンクエアー
出典https://www.softbank.jp

Softbank Airの月額料金は5,368円で、ルーター本体は購入するか、レンタルする必要があります。

分割払いで購入する場合は月月割が適用され、本体の分割代金分が割引されますが、途中で解約した場合は残金を支払う必要があります。

レンタルした場合はレンタル料が月額539円かかります。

本体を購入した場合は、24ヶ月間割引が適用され、26歳以上は月額2,288円、25歳以下は月額2,200円割引となります。

2年縛りがあり、契約解除期間以外で解約すると、違約金が10,450円かかります。

また、速度制限に関して詳しい内容は公表されていないものの、正直、速度の面で固定回線の代わりには厳しい。というのが多くの意見です。

AUホームルーターとの比較

AUホームルーター
出典https://news.kddi.com

AUのホームルーターの月額料金は5,170円で、加入から25ヶ月間は月々550円割引となります。

直近3日間のデータ通信量が15GBを超えると、ネットワーク混雑時間帯の通信速度が1Mbspに制限されます。

これでは、1日5GBしか使えないようなものです。

UQ WiMAXとの比較

UQ WiMAX、WiMAX+5Gプランの月額料金は4,818円で、契約から25ヶ月間は550円割引されます。

ルーター本体の価格は21,780円です。

直近3日間のデータ通信量が15GBを超えると、ネットワーク混雑時間帯の通信速度が1Mbspに制限されます。

UQはAU系列なので、AUホームルーターと同じような内容となっています。

料金は似たりよったりですが、通信速度や容量制限が厳しく、home 5g一択状態です。

home 5gに追従して、速度制限や容量制限の緩和、競争になってくれると嬉しいですね。

home 5g 開通手続きの方法

home 5gは、コンセントに挿すだけで使える。というのが特徴なのですが、初回利用時は開通手続きが必要です。

流れを簡単に説明すると、以下のようになります。

1.本体にSIMカードを挿入する
スマホと同じですね。ちなみに、home 5gのSIMカードは、スマホに入れても使えません。

2.開通手続きをする
ドコモオンラインショップのページへ行き、「購入履歴」を押します。

購入履歴のページにログインし、「切り替え(開通)の手続きへ」を押します。

開通前のご確認事項を確認し、メールアドレスを入力したら、「次へ」押します。

「ご注文を確定する」を押すと、開通が完了します。

ちなみに、申込みから15日が契約すると、ドコモが勝手に開通手続きをします。

正直、すぐに勝手に開通手続きをしておいてほしいものです。

開通手続きについて、詳しいやり方はこちらのページをご覧ください。

なんだ、コンセントに挿すだけで使えるって、嘘じゃん!と思ったかもしれませんが、光回線のルーターの設定に比べればずっと簡単ですし、これくらいは大目に見てあげましょう。

ライトユーザーなら、楽天モバイルがおすすめ

home 5gは1日100GB以上使っても制限がかからなかったわけですが、もう少しライトなユーザーなら、楽天モバイルがおすすめです。

楽天モバイルの速度制限は、1日10GB以上の通信をしたら、その日の日付が変わるまで、速度が3Mbpsに制限される。という内容になっています。

1日10GBというのも、比較的制限が緩い方ですし、3Mbps制限というのも緩い方です。

3Mbps出れば、フルHDまでの動画ならスムーズに見ることができます。(さすがに4Kは厳しいですが)

楽天モバイルなら、月額料金3,278円と、home 5gよりもお値打ちですし、モバイルルーターなので外出先でも使うことができます。

home 5gほどのスペックを必要としていないなら、楽天モバイルがおすすめです。

楽天モバイルは、今なら、モバイルルーターが無料でもらえますし、3ヶ月間月額料金も無料です。

↓コレが、無料でもらえます
Rakuten Wi-Fi Pocket 2B
出典https://corp.mobile.rakuten.co.jp

ですから、3ヶ月間楽天モバイルを試してみて、それでは不満だった時にhome 5gを購入する。という流れがおすすめです。

楽天モバイルも、最低契約期間はなく、いつ解約しても違約金がかからないので、楽天モバイルを試してみて、1日10GBでは足りない。とか、3Mbpsで足りない。ということなら、解約してhome 5gにする。というのが、一番負担の少ないやり方かな。と思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする