AirPods3を、買うべきか?AirPods3/2比較。違いはどこなのか。どっちが良いのか。音質、バッテリー持ち、防水性能など

Appleから、AirPods3が発表されました。

AirPods3は、AirPods2からさまざなまところが進化したのですが、AirPods2が値下げされて併売されているため、どっちにしようか?高くてもAirPods3を買うべきか?迷っている方も多いようです。

今回は、AirPods2と、AirPods3の違いを比較して、AirPods3を買うべき人はどういった人なのか、考えてみましょう。

AirPods 2と3の違い1:価格

AirPods3の価格は、23,800円と発表されました。

同時にAirPods2が値下げされ、16,800円となりました。

AirPods3とAirPods2の価格差は、7,000円です。

AirPods3発売とともにAirPods2の販売が終了していれば悩むことはないのでしょうが、値下げされた上で併売されているので、悩んでしまいますよね。

AirPods 2と3の違い2:音質

イヤホンですから、音質はもっとも重要なポイントですよね。

AirPods3は、AirPods2よりも音質が向上する技術が色々と取り入れられています。

・アダプティブイコライゼーション
耳の形に合わせて各周波数の出力を調節する機能のことで、原音に近い音を届けます。

・高偏位ドライバ
臨場感のある低音を表現することができます。

・ハイダイナミックレンジアンプ
クリアで、臨場感のある低音を表現することができます。

・空間オーディオ
映画館やコンサートホールのような、臨場感のある音楽を楽しむことができます。

・ダイナミックヘッドトラッキング
頭と体の向きを検知して、頭の向きを買えても、適切なサラウンドを実現するものです。

これらの機能は、AirPods2には搭載されていません。

AirPods 2と3の違い3:防水性能

AirPods3は、IPX4という基準に対応しています。

これは、IPX4等級とは、あらゆる方向からノズルで約10L/ 分の水を5分間注水することに対して、本体機能を保護します。というものです。

防水ではなく、正確には耐水です。

雨や大量の汗にさらされても大丈夫。という性能であり、水につけても大丈夫ではありません。

AirPods2は、IP等級には適合していませんでしたから、これでも大きな進化です。

AirPods 2と3の違い4:バッテリー持ち

AirPods3本体の再生時間は、1充電あたり6時間、連続通話時間は4時間です。

AirPods2では再生時間が5時間、通話時間は3時間だったので、1時間長くなっています。

また、充電ケースも含めた最大再生時間は、24時間から30時間に伸びています。

さらに、AirPods3では、充電ケースに入れて5分充電するだけで、1時間も再生することができます。

AirPods 2と3の違い5:デザイン

デザイン面での一番の変化は、軸の部分が短くなったことです。

AirPods3は、AirPods2よりも軸の長さが3分の2になっています。

AirPods3

AirPods3と2のデザインを比較
出典https://www.apple.com

AirPods2
AirPods3と2のサイズを比較
出典https://www.apple.com

AirPods3のサイズ
18.26×19.21mm×30.79mm

AirPods2のサイズ
16.5mm×18.0mm×40.5mm

ケースは、全体の大きさこそ同じくらいですが、縦長だったものが横長になっています。

AirPods 2と3の違い6:センサー類

AirPods3には、肌検出センサー、動きを検知するための加速度センサー、音声を感知するための加速度センサー、感圧センサーが搭載されています。

肌検出センサーと、感圧センサーは、AirPods2にはなかったものです。

肌検出センサーは、AirPods3が耳に装着されているのか、そうではないのかを検出して、装着されていない時は音楽の再生を停止し、バッテリーを節約することができます。

感圧センサーは、これまでAirPods Proにしか搭載されていなかったもので、軸の部分を挟むことで、音楽の再生、停止、電話の応答、曲送り、曲戻しなどができるものです。

AirPods 2と3の違いまとめ

AirPods2と、AirPods3の違いを表にまとめると、以下のようになります。

AirPods3 AirPods2
本体サイズ 18.26mm×19.21mm×30.79mm 16.5mm×18.0mm×40.5mm
本体重量 4.28g 4g
ケースサイズ 46.4mm×54.4mm×21.38mm 53.5mm×44.3mm×21.3mm
ケース重さ 37.91g 38.2g
連続再生時間 再生6時間、通話5時間 再生5時間、通話4時間
耐水性 あり なし
センサー類 動き検知用加速度センサー
音声検知用加速度センサー
肌検出センサー
感圧センサー
動き検知用加速度センサー
音声検知用加速度センサー
音質関係 アダプティブイコライゼーション
高偏位ドライバ
ハイダイナミックレンジアンプ
空間オーディオ
ダイナミックヘッドトラッキング
価格 23,800円 16,800円

AirPods3を買うべきなのは、こんな人

以下の条件に当てはまる人は、AirPods3を買うべきです。

・高音質が良い人
少しでも音質の良さを求める方は、AirPods2よりも、3がおすすめです。

もっと言うなら、AirPods Pro2の方が音質は良いのですが、AirPods Proはカナル型ですから、好き嫌いが分かれます。

インナーイヤー型で、高音質が良いなら、AirPods3がおすすめです。

・長時間使いたい人
AirPods3は、AirPods2よりも1充電あたりの連続使用時間が1時間長くなっています。

また、5分の充電で1時間再生ができるようになっているので、長時間使いたい人におすすめです。

・激しい運動をする人
AirPods3は、IPX4の耐水性能を獲得したので、大量の汗をかく激しい運動をする人にも、おすすめします。

ただし、AirPods Proと比較すると、カナル型のAirPods Proの方が落ちにくいです。

・雨の日も外で使いたい人
AirPods3は、IPX4の耐水性能を獲得したので、雨の日も外で使いたい。という人にもおすすめできます。

・MagSafeで充電したい人
AirPods3のケースは、MagSafeに対応しています。MagSafe充電は、通常のワイヤレス充電よりも素早く、ズレる心配もありません。

・軸の部分が短い方が良い人
AirPodsは、発売当初から、耳からうどんが出ているようだ。などと言われていました。AirPods3では、その、うどんの部分が短くなったので、デザイン面を気にする方にもおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする