Galaxy Z Flip バッテリー持ち、電池持ちは、約11時間!電池の減りは少し早いかも。

Galaxy Z Flipのバッテリー持ちが悪いという情報が出てきています。

 

私も気になったので、手元にある実機でどれくらいバッテリーが持つのか計測してみました。

 

Galaxy Z Flipのバッテリー持ちはどれくらいなのか。を紹介していきましょう。

Galaxy Z Flipのバッテリー容量は、3300mAh

Galaxy Z Flipのバッテリー容量は3300mAhと、最近のAndroidスマートフォンとしては少なめです。

 

たとえば、Galaxy S20のバッテリー容量は、4000mAhです。

 

Galaxy Z Flipのバッテリーの持ちは、約11時間

Galaxy Z Flipのバッテリーの持ち時間を計測したところ、約11時間でした。

 

「11時間しか電池持たないの!?」と驚くのはちょっと待ってください。

これは、「PC mark for Android」というアプリで、負荷をかけ続けた時の持ち時間です。

 

 

通常使用では、朝から夜まで約13時間、途中ウェブ検索やSNS、YouTube鑑賞などで3時間程度使った時のバッテリー残量は、48%でした。

 

Galaxy S20に比べると少しバッテリーの減りは少し早いかな。という印象です。

全く同じではありませんが、似たような使い方をして、Galaxy S20だと60%くらいは残っている印象。

 

少し電池の減りは早いですが、13時間使って半分近く残っていれば、普段使いには全く問題ありません。

 

ガッツリ使いたい時はモバイルバッテリーを持ち歩くという、他のスマートフォンと変わらない使い方でOKですね。

 

Galaxy Z Flipのスペックをおさらい

OS Android10
ディスプレイ 6.7インチOLED
2636×1080
サブディスプレイ 1.06インチ
300×116
プロセッサ Snapdragon855+
メモリ 8GB
ストレージ 256GB
背面カメラ 1200万画素×2
前面カメラ 1000万画素
バッテリー容量 3300mAh
サイズ 開いた時 縦167.3mm×横73.6mm×厚さ7.2mm
閉じた時 縦87.4mm×横73.6mm×厚さ15.3mm
重量 183g

 

Galaxy Z Flipのスペックは、上記のとおりです。

 

スペック的にはハイエンドで、高性能なスマートフォンです。

 

まとめ

Galaxy Z Flipは、たしかに、Galaxy S20に比べると少々バッテリーの持ちは悪いです。

 

ただ、実用上問題になるほど悪いということはありません。

 

Galaxy Z Flipは、折りたたみ機構に場所を取られてしまうので、バッテリーが2箇所に分割して配置されています。

 

個人的には、これでもかなり頑張ってバッテリー容量を確保されていると思います。

-SAMSUNG

© 2022 スマホリーク情報なら、格安スマホマガジン Powered by AFFINGER5