AQUOS ZERO 発売日、価格、サイズ、スペック、予約など。SIMフリーは?ドコモ、AU、ソフトバンク

注目のキャンペーン情報!
BIGLOBEモバイルでは、最大22,794円分の特典!(2月3日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ

NifMoでは、最大7,100円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!(12月25日まで)
>>NifMo公式サイトへ

_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
スポンサーリンク
ワン吉くん
シャープから、AQUOS ZEROが発表されたね。どんな機種なのかな。
ウサギ先生
AQUOS ZEROの気になる情報を教えてあげる。

このページでは、AQUOS ZEROの発売日、価格、サイズ、スペック、デザインなど、気になる情報を紹介します。

デザイン

まずは、AQUOS ZEROのデザインを紹介します。



出典http://www.sharp.co.jp ”

AQUOS ZEROのデザインは、iPhone Xのように、ノッチを持った全画面ディスプレイです。

iPhoneXよりは、少しベゼルが太い印象があります。

背面には、アラミド繊維が採用されており、マッド調のデザインになっています。

背面には、カメラが1つと、フラッシュ、指紋センサーが配置されています。

スペック

AQUOS ZEROのスペックを紹介します。

AQUOS ZEROは、AQUOSスマートフォン史上最高スペックに仕上がっています。

OS Android9.0
ディスプレイ 6.2インチ有機EL(1,440×2,992)
プロセッサ Snapdragon845
メモリ 6GB
ストレージ 128GB
背面カメラ 2260万画素
前面カメラ 800万画素
バッテリー容量 3,130mAh
サイズ 縦154mm×横73mm×厚さ8.8mm
重量 146g

OSには、最新のAndroid9.0が搭載されています。

ディスプレイには、シャープ製の有機ELディスプレイが採用されています。
今まで、スマートフォン向けの有機ELディスプレイは、ほとんどがサムスン製だったのですが、シャープ自社製のものが搭載されています。

シャープと言えば液晶が有名でしたが、ディスプレイ関係の開発は比較的進んでおり、韓国勢に次いで有機ELディスプレイの実用化にこぎつけた形です。

サムスンやLGの有機ELディスプレイと比べてどうなのか、気になるところです。

メモリは、6GB搭載されています。ハイエンドモデルでも4GBというものが多い中で、6GBというのは多い方ですね。

ストレージは、128GB確保されています。ただし、microSDスロットがありません。
128GBしか選択肢がないので、micro SDスロットがないというのは残念なポイントですね。

世界最軽量

AQUOS ZEROは、有機ELディスプレイを搭載したスマートフォンとして、世界最軽量という点も大きなアピールポイントとなっています。

本体には、アラミド繊維背面パネル、マグネシウム合金フレームを採用することで、軽量化と強度を両立しています。

これだけのハイエンド端末でありながら、重量はわずか146gです。

Xperia XZ3の重さが193gであることと比べると、かなり軽いということが分かるかと思います。

150gを切るスマートフォンは、ハイエンドモデルではほとんどなく、比較的軽量なGalaxy S9でも161gでした。先代のGalaxy S8は、150gでした。

毎日手に持って操作するスマートフォンにおいて、軽さは重要な指標で、特に手の小さめな日本人にとっては、操作性に大きく影響してきます。

AQUOS ZEROは、Xperia XZ3が最大のライバルになると思いますが、Xperia XZ3はスマートフォンの中でもかなり重い方です。

実に50gも軽いわけなので、それだけでもXZ3に対する競争力になります。

最近のスマートフォンは、ハイエンド志向が高まっており、それに伴って重量も重いものが多くなっています。

iPhoneでも、どんどん大型化、重量化していって、女性団体が問題視しているほどです。

そんな中、150gを切るような軽量なスマートフォンが発売されることで、女性にも強くアピールすることができそうですね。

充電しながらゲームもOK!

スマートフォンで充電をしながらゲームをすると、本体が発熱してパフォーマンスが低下し、動きが悪くなったりした経験がある方も多いかと思います。

AQUOS zeroでは、充電ICを2つ搭載することで発熱源を分散し、充電しながらゲームをプレイしても、パフォーマンスが低下しないように設計されています。

カメラ性能

AQUOS ZEROには、2260万画素のメインカメラと、800万画素のインカメラが搭載されています。

メインカメラには高画素センサーと新画質エンジンが採用されており、より鮮明な写真を撮影することができるようになっています。

また、ノイズリダクション機能によって、ノイズが入りやすい夜景などのシーンでも綺麗に撮影することができます。

インカメラは800万画素と、特に画素数が多いわけでもありませんが、普通にセルフィーを撮影する分には十分でそう。

AQUOS ZEROは、カメラ性能に関しては、特別にこだわったわけではなく、一般的な性能という印象です。

Xperia XZ3や、Galaxy S9の方がカメラ性能は上なのではないでしょうか。

ベンチマークスコアは?

AQUOS zero本体を使ったベンチマークスコアはまだ発表されていませんが、Snapdragon845、メモリ6GBを搭載した機種としてのおおよそのベンチマークスコアを紹介しておきます。

Antutuベンチマークスコア・・・27万点程度

Geekbenchベンチマークスコア・・・2450点程度

これくらいになると予想されています。

発売日は、いつ?

AQUOS ZEROは、2018年冬モデルとして発売されることが発表されています。

2018年冬モデルなので、2018年10月~11月中には発売されるでしょう。

取扱キャリアは?

AQUOS ZEROは、ソフトバンクのみから発売されます。

AQUOS ZEROは、AQUOS R2の後継ともいえる機種です。

AQUOS R2も、ドコモ、AU、ソフトバンクの3社から発売されていたのですが、今回はドコモとAUからの発売は見送られました。

どうしてかは分かりませんが、それなりに注目されている機種なので、ソフトバンクにとっては追い風となるでしょう。

飛躍するシャープ

シャープは、鴻海傘下に入ってから、魅力的な端末を次々と発売しています。

今回のAQUOS ZEROも、高いスペックかつ軽量で、とても魅力的ですね。

日本で最大のライバルであるソニーのXperia XZ3は、重量も重く、少し期待はずれだったという声も多いので、Xperia XZ3を凌ぐ人気機種になりそうです。

ただ、今回はソフトバンクのみからの発売なので、当然、ドコモ、AU、ソフトバンクの3社から発売されていたAQUOS R2ほどの販売台数にはならなさそうです。

今後のシャープのシェアの動向にも注目したいところです。

注目のキャンペーン情報!
BIGLOBEモバイルでは、最大22,794円分の特典!(2月3日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ

NifMoでは、最大7,100円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!(12月25日まで)
>>NifMo公式サイトへ

_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする