ワイモバイルで、iPhone7が使える!販売日、値段、設定方法、テザリング方法などまとめ

最近、猛烈な勢いで契約数を伸ばしている、ワイモバイル。

ワイモバイルで、iPhone7を使いたい。という方も多いでしょう。

このページでは、ワイモバイルでiPhone7を使う方法、料金、設定方法などを紹介します。

ワイモバイルとは

ワン吉くん
あ、ヤフーのマークだ。

ワイモバイルとは、ソフトバンクグループの通信会社です。

一般的なMVNOは、ドコモやAUといったキャリアの通信網の一部を借りてサービスを提供していますが、ワイモバイルは、ソフトバンクグループなので、ソフトバンクの通信網をそのまま使っています。

自社の通信網を持っているから、安定した通信を、ソフトバンクよりも安い値段で提供することができる。という特徴を持っています。

通信が安定しているというキャリアのメリットと、料金が安いという格安SIMのメリットを両立しているので、最近では利用者の伸び率No1の通信事業者となっています。

ウサギ先生
ソフトバンクの、対MVNO用のブランドね。

ワイモバイルでiPhone7を使うには

ワイモバイルでは、iPhone7の販売をしていないので、アップルストアSIMフリーのものを購入するか、SIMロックを解除したのiPhone7を用意する必要があります。

SIMフリー版iPhone7の価格は、以下のとおりです。

iPhone7 32GB 61,800円
iPhone7 128GB 72,800円
iPhone7 Plus 32GB 74,800円
iPhone7 Plus 128GB 85,800円

ワイモバイルは、ソフトバンクグループではありますが、ソフトバンクのSIMロックがかかったiPhoneは使えません。

ワン吉くん
間違えてソフトバンク版を買ってしまわないように注意だね。

ワイモバイルでは、2017年にiPhone6sの販売を開始しました。この調子でいくと、2018年中には、iPhone7の販売も始まると予想されています。

iPhone7の設定方法

ワン吉くん
設定は難しくないのかな?
ウサギ先生
簡単よ。

自分で用意したiPhone7を、ワイモバイルで使えるようにするための設定方法を説明します。

設定といっても、ワイモバイル用の構成プロファイルをインストールするだけです。

iPhoneからこちらのページにアクセスすると、自動的に構成プロファイルのインストールページにジャンプします。(別ウインドウで開きます。)

このプロファイルをインストールすると、ワイモバイルでiPhoneが使えるようになります。

ワン吉くん
簡単だね。

ワイモバイルでiPhone7を使う時の料金

さて、ワイモバイルでiPhoneを使うと、料金はいくらかかるのでしょうか。

各プランの2年間の総支払金額を計算してみます。

ウサギ先生
まずは、プラン内容と料金を紹介するわ。

ワイモバイルには、スマホプランSスマホプランMスマホプランLという3つの料金プランがあります。

機種代金を含まない月々の料金は、以下のとおりです。

スマホプランS スマホプランM スマホプランL
データ通信量 2GB 6GB 14GB
かけ放題 10分以内 10分以内 10分以内
料金(1年目) 1,980円 2,980円 4,980円
料金(2年目以降) 2,980円 3,980円 5,980円
2年間支払総額 59,520円 83,520円 131,520円

ウサギ先生
iPhone7を持っている人は、上の表の料金だけで済むわね。

機種代金を含めて計算してみましょう。

スマホプランS スマホプランM スマホプランL
iPhone7 32GB 121,320円 145,320円 193,320円
iPhone7 128GB 132,320円 156,320円 204,320円
iPhone7 Plus 32GB 134,320円 158,320円 206,320円
iPhone7 Plus 128GB 145,320円 169,320円 217,320円

ワイモバイルは、端末とSIMカードを同時に購入する場合は、ドコモ、AUからのMNPとソフトバンクからのMNPで料金が変わることがあります。

しかし、iPhone7を自分で用意して、SIMカードのみ契約する場合は、どこからMNPしても料金は同じです。

キャリアの料金と比較

ワン吉くん
でも、キャリアだと、iPhone7の機種代金を毎月割引してくれるサービスがあるよね。それを考えるとキャリアの方が安くならない?
ウサギ先生
機種代金の割引を考えても、ワイモバイルの方が安いのよ。計算してみましょう。

iPhone7をキャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)で利用すると、月々いくらかかるのでしょうか。ワイモバイルの料金と比較してみましょう。

上で計算したワイモバイルの料金と条件を近づけるため、iPhone7(32GB)を、データ通信5GB、5分以内かけ放題のプランで契約したとして計算します。

ドコモの料金

ウサギ先生
ドコモでiPhone7、iPhone7 Plusを使った時の2年間の支払総額を計算してみましょう。
2GB+5分かけ放題 5GB+5分かけ放題
iPhone7 32GB 146,400円 182,400円
iPhone7 128GB 157,200円 193,200円
iPhone7 Plus 32GB 159,000円 195,000円
iPhone7 Plus 128GB 169,800円 205,800円

さきほど計算したワイモバイルの料金と比較してみましょう。

スマホプランS
(2GB)
スマホプランM
(6GB)
スマホプランL
(14GB)
iPhone7 32GB 121,320円 145,320円 193,320円
iPhone7 128GB 132,320円 156,320円 204,320円
iPhone7 Plus 32GB 134,320円 158,320円 206,320円
iPhone7 Plus 128GB 145,320円 169,320円 217,320円

ドコモの2GBプランとワイモバイルのスマホSプラン、ドコモの5GBプランとワイモバイルのスマホMプランを比較してみると・・・、

ワイモバイルの方が、かけ放題が10分と長く、スマホMプランではデータ容量も多いのに、2年間の支払総額は25,000円程度安いということが分かります。

2年間で25,000円安いということは、毎月1,000円くらい安くなる。ということです。

ワン吉くん
ワイモバイルの方がお得なんだね!

AUの場合

ウサギ先生
今度は、AUでiPhone7、iPhone7 Plusを使った時の2年間の支払総額を計算してみましょう。
3GB+5分かけ放題 5GB+5分かけ放題
iPhone7 32GB 163,800円 183,000円
iPhone7 128GB 174,480円 193,680円
iPhone7 Plus 32GB 176,472円 195,672円
iPhone7 Plus 128GB 187,368円 206,568円

さきほど計算したワイモバイルの料金と比較してみましょう。

スマホプランS
(2GB)
スマホプランM
(6GB)
スマホプランL
(14GB)
iPhone7 32GB 121,320円 145,320円 193,320円
iPhone7 128GB 132,320円 156,320円 204,320円
iPhone7 Plus 32GB 134,320円 158,320円 206,320円
iPhone7 Plus 128GB 145,320円 169,320円 217,320円

AU3GBとワイモバイル2GB、AU5GBとワイモバイル6GBという違いはありますが、どちらもワイモバイルの方が安いことがわかります。

3GBと2GBの比較だと、2年で4万円の差、5GBと6GBの比較だと、2年で3万円ほどの差があります。

ワン吉くん
やっぱりワイモバイルの方がお得だね。

ソフトバンクの場合

ウサギ先生
最後に、AUでiPhone7、iPhone7 Plusを使った時の2年間の支払総額を計算してみましょう。
1GB+5分かけ放題 5GB+5分かけ放題
iPhone7 32GB 136,608円 187,008円
iPhone7 128GB 147,288円 197,688円
iPhone7 Plus 32GB 149,280円 199,680円
iPhone7 Plus 128GB 160,272円 210,672円

さきほど計算したワイモバイルの料金と比較してみましょう。

スマホプランS
(2GB)
スマホプランM
(6GB)
スマホプランL
(14GB)
iPhone7 32GB 121,320円 145,320円 193,320円
iPhone7 128GB 132,320円 156,320円 204,320円
iPhone7 Plus 32GB 134,320円 158,320円 206,320円
iPhone7 Plus 128GB 145,320円 169,320円 217,320円

ソフトバンクの1GBプランとワイモバイルの2GBプラン、ソフトバンクの5GBプランとワイモバイルの6GBプランを比較すると、どちらも、ワイモバイルの方が2年で15,000円ほど安いということが分かります。

ワン吉くん
ドコモ、AU、ソフトバンクよりワイモバイルの方が安くて、無料通話も長いんだね。ワイモバイルにするよ。

テザリングはできるの?

ワン吉くん
テザリングはできるのかな?
ウサギ先生
最近できるようになったわよ。

ワイモバイルでは、2017年6月以降に契約した人は、SIMフリーのiPhoneのテザリングができるようになりました。

既存のユーザーも、2017年8月からテザリングができるようになっているので、今はすべてのユーザーが、SIMフリー、SIMロック解除済のiPhoneでテザリングをすることができるということです。

特にオプション料金がかかるわけではないので、無料でテザリングを利用することができます。

ワイモバイルでiPhone7を使うメリット

・料金が安い
上でも紹介したように、2年間の総額だと、3万円程度安くなります。

普通に携帯を使っているだけで2年で3万円安くなるのだから、ありがたい話です。

・話し放題が10分間
今回比較した、キャリアの話し放題プランは、3社とも5分以内が話し放題となっています。

それに対し、ワイモバイルでは10分以内話し放題と、倍の時間となっています。
5分だと微妙に短い・・・。という方にはありがたいプランです。

もし、時間無制限の話し放題プランが良いという方は、キャリアもワイモバイルもプラス1,000円で時間無制限の話し放題にすることができます。

・通信速度が安定している
冒頭でも説明したとおり、ワイモバイルは、他のMVNOとは違い、ソフトバンクグループそのものなので、ソフトバンクの通信網をそのまま使っています。

多くのMVNOは限られた帯域を借りているので、昼休みの時間帯など、動画がまともに見れない。といったところが多いのですが、ワイモバイルではそんなことはありません。

混雑する時間帯でも、快適に動画を楽しむことができます。

・緊急時も通信が確保される
ワイモバイルは、独自の通信網を持っているので、災害など緊急時にも、比較的安定した通信が確保されます。

大きな災害が発生すると、昼休み時などを大きく上回る通信の集中が発生します。

熊本地震の時など、多くのMVNOでは、まともに通信ができない。という状況に陥りました。

そんな時でも、ワイモバイルは比較的安定した通信ができました。

緊急時、電話は混雑するかもしれませんが、データ通信だけでも安定してできることで、必要な情報を収集したり、メッセージアプリでやりとりをしたり、随分とできることがあります。

・ヤフーのサービスで恩恵がある
ワイモバイルは、ヤフーを運営しているソフトバンクグループということもあり、ヤフーショッピングやヤフープレミアム会員の恩恵があります。

まず、ヤフーショッピングでは、毎日ポイントが10倍もらえます。

さらに、普通は毎月462円かかるヤフープレミアム会員費も無料となります。

ソフトバンクでも同じような恩恵がありますが、ソフトバンクよりも安い料金でソフトバンクと同等の恩恵をうけることができるというわけです。

・iPhoneを使わなくなったら高く売れる
上でも紹介したように、ワイモバイルでは、SIMフリー版のiPhone7を使用します。

それに対し、キャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)では、それぞれのSIMロックがかかったiPhone7を使用することとなります。

iPhone7を使わなくなった時、SIMロックがかかったiPhone7よりも、SIMフリーのiPhone7の方が高く売ることができます。

ただし、今はキャリア版のiPhoneもSIMロックを解除することができるので、SIMロック解除の方法が分かる人にとっては特にメリットにはなりません。

ワイモバイルでiPhone7を使うデメリット

・テザリングができない
ワイモバイルでiPhone7を使うと、テザリング(iPhoneをポケットWi-fiのように、他のパソコンなどに接続して使う)ができません。

・メールアドレスが変わる
これまで、ドコモ、AU、ソフトバンクのメールを使っていた方は、ワイモバイルに変更すると、(@yahoo.ne.jp)というメールアドレスに変わります。

これを機会に、Gメールやヤフーメール、LINEなどのSNSで連絡を取るように変更しておくと、今後メールアドレスが変わることがなく、便利です。

ウサギ先生
デメリットはこれくらいね。このデメリットが気にならなければ、迷わずワイモバイルに契約するといいわ。
ウサギ先生
申し込みは、公式ページからよ。

>>ワイモバイル公式サイトへ

光セット割

ワイモバイルでは、ソフトバンクグループであるというメリットを生かして、「ソフトバンク光」とのセット割引を実施しています。

ソフトバンク光とワイモバイルを両方使っている人は、以下のような割引をうけることができます。

スマホプランS・・・月々500円割引
スマホプランM・・・月々700円割引
スマホプランL・・・月々1,000円割引

ドコモ、AU、ソフトバンクも、それぞれグループの光回線とのセット割引を実施していて、月々1,000円~1,500円の割引を受けることができます。

ワイモバイルとの割引金額の差は、2年間で5,000円~1万円程度なので、それを考えても2年間の支払総額はワイモバイルの方が安くなります。


>>ワイモバイル公式サイトへ

ワイモバイルに申し込む

ウサギ先生
ワイモバイルの安さは分かった?申込方法を説明するわ。

MNPの場合は、予約番号をもらう

MNPをする人は、ドコモ、ソフトバンク、AUからMNP予約番号をもらって、控えておきます。

現在契約しているキャリアに電話するか、ショップに行って、MNP予約番号を発行してもらいます。

MNPではなく、新規で契約する場合は、この手順は飛ばします。

・ドコモ
ドコモ携帯電話から:151(9:00~20:00)
その他の電話から:0120-200-000(9:00~20:00)

・AU
携帯電話、固定電話共に:0077-75470(9:00~20:00)
ソフトバンク:0800-100-5533(9:00~20:00)

・ソフトバンク
ソフトバンク携帯電話から:*5533(9:00~20:00)
その他の電話から:0800-100-5533(9:00~20:00)

ココに電話をして、「MNPしたいです」と伝えると、ポイントをお付けします。とか引き止められるかと思いますが、断ると、MNP予約番号を発行してもらえます。

ここで発行してもらった「MNP予約番号」と「有効期限」を控えておきます。

プラン、オプション、端末を選択する

いよいよ、ワイモバイルに申し込みます。

本人確認書類をアップロードするのがスマートフォンからの方が簡単なので、スマートフォンから申し込むことをおすすめします。

まず、ワイモバイルの公式ページを開きます。

>>ワイモバイル公式サイトへ

パソコンの場合は右上の「オンラインストア」をクリックします。
スマホの場合は画面上の「オンラインストア」をタップします。

1.端末と同時に購入する場合は購入する端末を。SIMカードのみ契約する場合は、SIMカードのサイズを選択します。

iPhone7を自分で用意する場合は、SIMのみでnanoSIMを選択します。

2.新規契約なのか、MNPなのかを選択します。

3.MNPの場合は、現在使っている会社を選択します。

4.契約する料金プランを選択します。

5.オプションを選択します。
迷ったら何もつけないことをおすすめします。

6.割引サービスを選択します。

特に対象がなければ、チェックを入れません。

8.ご購入手続きへ。を洗濯します。

9.注意画面が出るので、免許証などを用意して、次に進みます。
Yahoo!Japan IDを持っている方は、ログインすると、お客様情報の入力が省略できます。

お客様情報を入力する

1.MNP予約番号や、住所、氏名、電話番号(MNPの場合はMNPする番号とは違う電話番号)などを入力します。

2.各種手続きなどに必要なネットワーク暗証番号を入力し、覚えておきます。

3.クレジットカード番号を入力します。

全て入力したら、次へ進みます。

本人確認書類をアップロードする

必要な本人確認書類をアップロードします。

必要な本人確認書類は、

・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード
・住民基本台帳カード+補助書類
・健康保険証+補助書類

です。

補助書類とは、住民票記載事項証明書や、公共料金領収書、ソフトバンクの請求書や領収書です。

免許を持っている方は、免許証が一番簡単です。

スマホなら、カメラで撮影したものをライブラリからそのままアップロードできます。

パソコンなら、カメラで撮影した画像やスキャンした画像を取り込んで、アップロードします。

重要事項を読んで、チェックする

重要事項が色々と出てくるので、理解したらチェックを入れます。

次へ進み、お申込みをタップすれば、完了です。

ウサギ先生
ワイモバイルでお得にiPhone7を使ってね♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする