UQモバイルと、mineoを比較!速度、料金はどうなの?iPhoneを使うならどっち?迷う。悩む。

ワン吉くん
今、AUを使っているんだけど、AUから乗り換えるならUQモバイルかmineoだよね。どっちがいいのかな。
ウサギ先生
UQモバイルとmineoはどちらもAUの通信網を使っているから、迷っている人が多いみたいね。今回は、UQモバイルとmineoを比較してみましょう。

このページでは、UQモバイルの速度、料金、使い勝手などを比較して紹介します。

どちらもAUのスマホがそのまま使える

UQモバイル

UQモバイルは、KDDIのグループ会社である「UQコミュニケーションズ」が提供する格安SIMです。

UQモバイルでは、AUの通信網を使ったサービスのみ提供しており、AUのスマホか、SIMフリーのスマホを使うことができます。

mineo

mineoは、関西電力系列の、「ケイ・オプティコム」という会社が提供する格安SIMです。

mineoでは、AUの通信網を使ったAUプランと、ドコモの通信網を使ったドコモプランの2つを提供しています。

AUプランでは、AUのスマホかSIMフリーのスマホが。ドコモプランではドコモのスマホかSIMフリーのスマホを使うことができます。

今回は、AUの通信網を使ったUQモバイルと、mineoのAUプランを比較していきます。

料金プランを比較

ウサギ先生
それぞれの料金を比較してみましょう。

5分かけ放題を使う場合

まずは、5分かけ放題をつけた価格を比較します。

UQモバイルプランS vs mineo3GBプラン

UQモバイルのプランSは、

データ容量・・・1GB(最初の25ヶ月は2GB)

料金・・・2,980円(最初の13ヶ月は1,980円)

2年支払総額・・・58,520円

mineoの3GBプランに5分かけ放題をつけると、

データ容量・・・3GB

料金・・・1,510円+850円=2,360円

2年支払総額・・・56,640円

データ通信量が多く、総額の安いmineoの勝ち!

UQモバイルプランM vs mineo6GBプラン

UQモバイルのプランMは、

データ容量・・・3GB(最初の25ヶ月は2GB)

料金・・・3,980円(最初の13ヶ月は2,980円)

2年支払総額・・・82,520円

mineoの6GBプランに5分かけ放題をつけると、

データ容量・・・6GB

料金・・・2,190円+850円=3,040円

2年支払総額・・・72,960円

2年目以降のデータ通信量が多く、総額の安いmineoの勝ち!

UQモバイルプランL vs mineo20GBプラン

UQモバイルのプランLは、

データ容量・・・7GB(最初の25ヶ月は14GB)

料金・・・5,980円(最初の13ヶ月は4,980円)

2年支払総額・・・130,520円

mineoの20GBプランに5分かけ放題をつけると、

データ容量・・・20GB

料金・・・4,590円+850円=5,440円

2年支払総額・・・130,560円

支払総額は同じだが、データ容量が圧倒的に多いmineoの勝ち!

かけ放題を使わない場合

UQモバイルデータ高速+音声通話プラン vs mineo3GBプラン

UQモバイルのデータ高速+音声通話プランは、

データ容量・・・3GB

料金・・・1,680円

2年支払総額・・・40,320円

mineoの3GBプランは、

データ容量・・・3GB

料金・・・1,510円

2年支払総額・・・36,240円

支払総額が4,000円ほど安いので、mineoの勝ち!

ワン吉くん
全部のプランでmineoの方が安いじゃん。じゃあ、mineoにしよう。
ウサギ先生
ちょっと待って、料金以外にもチェックしないといけないポイントがあるのよ。

速度を比較

ウサギ先生
料金と同じくらい大切なポイント、通信速度を比較してみるわよ。

これから紹介するのは、愛知県内にて計測した速度です。場所や条件によって速度は異なりますが、参考までに比較してみます。

平日朝9時の速度

UQモバイル・・・22.35Mbps

mineo・・・45.78Mbps

平日昼12時の速度

UQモバイル・・・14.55Mbps

mineo・・・1.88Mbps

平日夕方5時の速度

UQモバイル・・・14.42Mbps

mineo・・・4.25Mbps

平日夜10時の速度

UQモバイル・・・17.40Mbps

mineo・・・7.21Mbps

休日朝9時の速度

UQモバイル・・・18.08Mbps

mineo・・・25.41Mbps

休日昼12時の速度

UQモバイル・・・10.24Mbps

mineo・・・7.52Mbps

休日夕方5時の速度

UQモバイル・・・15.44Mbps

mineo・・・2.10Mbps

休日夜10時の速度

UQモバイル・・・12.62Mbps

mineo・・・3.74Mbps

ワン吉くん
速度はUQモバイルの方が速いんだね。どっちにしたらいいか分からなくなっちゃったや。
ウサギ先生
スマホの使い方によって、どちらがおすすめかをまとめてみたから、参考にしてね。

こんな人にはUQモバイルがおすすめ

・通信速度を重視する人
UQモバイルは、KDDIグループなだけあって、通信速度が圧倒的に安定しています。

特に、平日の昼休みの時間帯、mineoは動画を見るのが厳しいくらいの速度に低下するのに対し、UQモバイルの速度は安定しています。

いつ、どんな時間帯でも安定した通信を求める人は、UQモバイルがおすすめです。

・端末と同時に購入する人
UQモバイルは、Android、iPhone端末の同時購入時の、サポート割引が充実しています。

新規の端末と同時に購入す場合、ほとんどの場合で2年間の支払総額はUQモバイルの方が安くなります。

特に、iPhoneSE、iPhone5sはワイモバイルと競合しており、特に安く設定されています。

端末と同時購入(特にiPhone)を考えている人は、UQモバイルがおすすめです。

・データ通信量をうまく節約したい人
UQモバイルには、「高速モード」と「節約モード」を切り替えることができる、ターボ機能というサービスがあります。

高速モードは、通常通り、高速のLTE通信ができて、データ容量を消費するモードで、節約モードは、速度が300Mbpsに制限される代わりに、データ容量を消費しないモードです。

節約モードでも、Webサイトの閲覧やSNSの利用くらいならできるので、動画を見たり、ゲームをしたりという時意外は節約モードにしておくと、データ容量を節約することができます。

高速モードと節約モードの切替は、UQモバイルのデータチャージサイトから簡単にできます。

・キャリアメールが使いたい人
UQモバイルでは、月額200円で(@uqmobile.jp)というキャリアメールを使うことができます。

今は、キャリアメールが必要な場面は少なくなりましたが、本人確認などでキャリアメールが必要な方は、UQモバイルがおすすめです。

mineoでも、@mineo.jpというメールアドレスがもらえますが、@mineo.jpのアドレスはキャリアメールとは認識されておらず、迷惑メールなどに振り分けられてしまう可能性が高いメールアドレスとなっています。

・iPhoneでテザリングがしたい人
UQモバイルでは、iPhoneを含めほとんどのスマホでテザリングをすることができます。

テザリングとは、スマホをアクセスポイントとして他のスマホやパソコンなどを接続する、ポケットWi-fiのような使い方のことです。

使おうとしているスマホがテザリングに対応しているかどうかは、こちらのページから確認して下さい。(別ウインドウで開きます。)

mineoでは、iPhoneでテザリングはできません。

こんな人にはmineoがおすすめ

・とにかく安いほうが良い人
上でも比較したように、料金だけを見ると、全てのプランでmineoの方が安くなっています。

混雑時に、多少速度が低下してもいいから、とにかく安いほうが良い。という人は、mineoがおすすめです。

・昼休み時に動画を見ない人
mineoの最大のデメリットが、昼休み時間帯に動画を見るのが厳しいくらいにまで速度が低下することです。

その他の時間は、UQモバイルよりは遅いものの、動画を見るなど、一通りのスマートフォンの使用としては問題ない程度の速度は出ています。

ですから、平日の昼休み時間帯には動画を見ない。という方には、特にデメリットが気にならないということになるので、mineoがおすすめです。

・通話をあまりしない人
UQモバイルの基本的なプランには、5分かけ放題、もしくは無料通話がついてきます。

mineoは、基本的にはかけ放題や無料通話はつかず、必要な人がオプションでつける。という形を取っています。

ですから、通話をあまりしない人には、mineoの方が無駄が少なくて済みます。

・ヤフオクやメルカリを使える人
mineoには、他のユーザーとパケットのやりとりができる、「パケットギフト」というサービスがあります。

パケットギフトは、iTunesカードのコードのような形でデータ容量をやり取りするのですが、このコードがヤフオクやメルカリで取引されています。

相場は、1GBで200円程度なので、格安でデータ容量を増やすことができます。

それなりにデータ通信を使う人で、ヤフオクやメルカリを使える人はmineoでパケットギフトサービスを上手く使うと、安く抑えることができます。

iPhoneを使う人は注意

上でも紹介しましたが、mineoでiPhoneを使う場合は、テザリングができません。

また、iPhoneSEやiPhone5sを新規で購入する場合は、UQモバイルの方が圧倒的に安い(そもそもiPhone5sは現在単独では購入できませんが。)です。

ですから、iPhoneを使う人は、既に端末を持っていて、テザリングをしない。という人だけ、mineoが選択肢に入ります。

UQモバイル、mineoに申し込む

UQモバイルに申し込むのか、mineoに申し込むのかが決まったら、早速申し込み手続きをはじめましょう。

MNP(番号を引き継いで引っ越し)する人は、申し込む前に、今契約しているキャリア(AUなど)から、MNP予約番号をもらっておきます。

MNP予約番号は、電話か、ショップで発行してもらうことができます。

・ドコモ
ドコモ携帯電話から:151(9:00~20:00)
その他の電話から:0120-200-000(9:00~20:00)

・AU
携帯電話、固定電話共に:0077-75470(9:00~20:00)
ソフトバンク:0800-100-5533(9:00~20:00)

・ソフトバンク
ソフトバンク携帯電話から:*5533(9:00~20:00)
その他の電話から:0800-100-5533(9:00~20:00)

ココに電話をして、「MNPしたいです」と伝えると、ポイントをお付けします。とか引き止められるかと思いますが、断ると、MNP予約番号を発行してもらえます。

ここで発行してもらった「MNP予約番号」と「有効期限」を控えておきます。

UQモバイルに申し込む

UQモバイルの公式サイトから申し込みます。


>>UQモバイル公式サイトへ

1.端末と同時に申し込む場合は購入する端末を、SIMのみ購入する場合は必要なサイズのSIMカードから申し込みをタップします。

2.新規契約なのかMNPなのか、分割購入か一括購入か、料金プラン、オプションを選択肢、購入手続きへ進む

3.利用規約や重要事項を読んでチェックを入れて、次へ進む

4.住所、氏名などの個人情報を入力する

5.入力内容を確認して、登録を完了する

6.本人確認書類をアップロードする
本人確認書類は、
・運転免許証
・パスポート
・健康保険証+補助書類 などです。

補助書類とは
・住民票(発行から3ヶ月以内のもの)
・公共料金領収書(現住所が記載されていて、発行から3ヶ月以内のもの)

です。

スマホからは、撮影したものをライブラリからアップロード
パソコンからは、撮影、スキャンしたものをフォルダからアップロードします。

7.全て登録をタップする

以上で、UQモバイルへの申し込みは完了です。

mineoに申し込む

mineoの公式サイトから申し込みます。


>>mineo公式サイトへ

1.eoIDを作成する(持っていない人のみ)

2.プラン、SIMのタイプ、端末購入の有無、SIMのサイズを選択する
SIMのタイプは、シングルタイプはデータ通信のみのもの、デュアルタイプは通話とデータ通信ができるものです。

スマホを電話として使いたい人は、デュアルタイプに申し込みます。

SIMのサイズは、使う端末によって違います。こちらのページから、適合するSIMのサイズを確認することができます。(別ページで開きます。)

3.MNP予約番号、電話番号を入力する(MNPの場合のみ)
MNP予約番号の有効期限は、10日以上残っている必要があります。

4.契約者情報を入力する

5.本人確認書類の画像をアップロードする
スマホからは、撮影したデータをそのまま選択できます。
パソコンからは、撮影、スキャンしたデータを一度取り込んでからアップロードします。

以上でmineoへの申し込みは完了です。

ウサギ先生
申し込みは、5分くらいでできるわよ。運転免許証など、身分証明書を用意しておいてね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする