Surface Neo 発売日、スペック、価格予想、デザインなど、リーク情報、予想情報!キーボードは、裏面に!

マイクロソフトの2画面のノートPC、Surface Neoの情報が集まってきました。

 

Surface neoの発売日、デザイン、スペック、価格など、リーク情報、予想情報を紹介していきましょう。

 

Surface Neoの発売日

当初、Surface Neoは、2020年末に発売されると予想されていました。

 

ところが、今では2021年にずれ込むという情報が有力となっています。

 

というのも、2画面に対応したOS、Windows Xのリリースが遅れているようで、Windows Xのリリースにあわせた発売になるということです。

 

Surface Duoが先に発売

Android OSを搭載した2画面のタブレット、Surface Duoが先に発売されます。

 

Surface Duoの情報は、こちらで紹介しています。

Surface duo 日本発売日、スペック、価格予想、サイズ、カメラ性能、5G対応など、最新情報、リーク情報

Surface duoの日本発売日は、2020年9月ごろとの予想が出ています。Surface duoのスペック、価格、サイズ、カメラ性能など、最新情報、リーク情報を紹介します。5Gには対応していないようです。

続きを見る

 

Surface Neoのデザイン

Surface neoのデザインは、ノートパソコンというよりも、タブレットを2枚つなげたようなデザインです。

https://www.youtube.com/watch?v=fssZICsV4Rg

出典https://www.youtube.com

開いて2画面のタブレットのように使うことができます。

外に折りたためば、普通のタブレットのように使うこともできます。

両方の画面をタブレットとして使うこともできますし、一方の画面にキーボードを表示して、ノートパソコンのように使うこともできます。

 

もちろん、物理キーボートを使うこともできます。

物理キーボードは裏に隠しておくことができます。

 

また、ペンが内蔵されているのも特徴です。

ペンを使って直接メモなどをすることができます。

 

Surface Neoのスペック

Surface Neoの予想スペックを紹介します。

 

OS Windows 10X
ディスプレイ 9インチ✕2
プロセッサ インテルLakefieldプロセッサ
メモリ 6GB
ストレージ -
カメラ -
バッテリー容量 -
サイズ 厚さ5.6mm
重量 655g

 

プロセッサには、インテリのLakefieldプロセッサが採用されます。

これは、第7世代Atom用のアーキテクチャと、第10世代Coreiシリーズのアーキテクチャを組み合わせたもので、状況に応じて処理能力重視、省電力性重視かを切り替えることができます

GPUにはLakefieldの中では最上級のものが搭載され、GTX1050に匹敵するくらいの性能があります。

 

メモリは6GBです。

ノートパソコンとしての性能は低く、タブレットとしてもそれほど高いわけではない、(iPad Proの方が性能が高い)くらいの処理能力になるとの予想が出ています。

 

Surface Neoの価格

Surface Neoの価格は、1500ドル程度~になるとの予想が出ています。

 

日本円に換算すると、16万円程度です。

 

2画面のタブレットと考えれば、これくらいしてしまうのは仕方がないのかもしれません。

 

関連記事

Surface Neoよりも少し先、2020年夏には、2画面のスマートフォン、Surface Duoが発売されます。

Surface Duoは、見た目はSurface Neoの小さいバージョンのようなデザインですが、こちらはAndroidにSnadpragonを搭載し、中身はスマートフォンです。

Surface duo 日本発売日、スペック、価格予想、サイズ、カメラ性能、5G対応など、最新情報、リーク情報

Surface duoの日本発売日は、2020年9月ごろとの予想が出ています。Surface duoのスペック、価格、サイズ、カメラ性能など、最新情報、リーク情報を紹介します。5Gには対応していないようです。

続きを見る

-Microsoft

© 2022 スマホリーク情報なら、格安スマホマガジン Powered by AFFINGER5