Snapdragon 690 5G Antutuベンチマークスコア、性能(スペック)、搭載メーカー、機種など

スポンサーリンク

クアルコムから、ミドルレンジ向けプロセッサ、Snapdragon600番台初の5G対応プロセッサ、Snapdragon 690が発表されました。

このページでは、Snapdragon 690の性能、ベンチマークスコア、サポートする機能など、気になる情報を紹介します。

Snapdragon 690の性能

Snapdragon 690の性能は、Snapdragon 675よりも2割ほど向上している。と発表されています。

Snapdragon 675のAntutuベンチマークスコアは、約21万点なので、Snapdragon 690のスコアは、25万点程度になると予想することができます。

25万点というと、Snapdragon 730と同程度のスコアです。

Snapdragon 690は、8nmプロセスルールで製造され、最大2GHzで動作するKyro 560が採用されています。

Snapdragon 690は、5G対応

Snapdragon 690は、5G通信に対応していることが最大の目玉です。

通信速度は、下り最大2.5Gbpsまで対応しています。

その他のサポート機能

Snapdragon 690の、その他のサポートしている機能を紹介します。

ディスプレイは、フルハイビジョン画質で120Hzまで対応しています。

カメラは、1億9200万画素のセンサーや、ハイビジョン画質で240FPSのスローモーション撮影に対応しています。

これは、Snapdragon 690を搭載するスマートフォンがこのレベルの性能を持つ。ということではなく、最大でここまで対応している。ということです。

ミドルレンジにも5G対応機種が拡大か

今回、ミドルレンジ向けの600番台に5G対応のプロセッサが投入されたことで、ミドルレンジで5G通信に対応した機種が増えていくものと思われます。

プレスリリース内でも、シャープ、モトローラ、LG、ノキア、TLCなどがこのプロセッサを搭載する計画だ。との発表がありました。

5G対応のSnapdragon一覧

5Gに対応したSnapdragonシリーズを一覧で紹介します。

・Snapdragon 865 5G
・Snapdragon 765G
・Snapdragon 768G
・Snapdragon 690 5G

現時点では、5Gに対応したSnapdragonは、4種類です。

今後も、ラインナップの拡充に期待したいですね。

いずれは、エントリークラス向けの400番台でも対応してくることでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする