【povo2.0 メリット デメリット】速度制限、トッピング、テザリング、支払い方法、キャリアメール、勝手に解約される、など

povo2.0がはじまりました
出典https://news.kddi.com

AUから、新料金プラン、povo2.0が発表されました。

povo2.0は、基本料金0円という、とても革新的な料金プランです。

このページでは、povo2.0には、どのようなメリット、デメリットがあるのか、紹介します。

povo2.0のメリット

povo2.0のメリットを5つ紹介

まずは、povo2.0のメリットを紹介します。

povo2.0のメリット1:基本料金が0円

povo2.0の最大のメリットは、なんといっても、基本料金が0円だということです。

通信速度128kbpsで、着信のみといった使い方なら、0円で運用することができます。

povo2.0のメリット2:トッピングを自由に選べる

povo2.0は、何もしないと基本料金0円で通信速度0円なのですが、トッピングを自由に選んで、自分に合った快適なプランを作り上げることができます。

トッピングには、以下のようなものがあります。

データ1GB 550円(31日有効)
データ3GB なし
データ20GB なし
データ60GB なし
データ150GB なし
24時間使い放題 220円
DAZN使い放題 なし
smash.使い放題 なし
5分かけ放題 550円
無制限かけ放題 1,650円

povo2.0のメリット3:ギガ活でデータ容量がもらえる

povo2.0では、トッピングでデータ容量を購入しなくても、ギガ活でデータ容量をもらうことができます。

9月14日時点だと、以下のようなところでデータ容量をもらうことができます。

店舗・サービス (五十音順) 条件 データ容量 (有効期間)
ウエルシア 500円以上の購入 300MB (3日間)
カインズ 2,000円以上の購入 1GB (7日間)
コナズ珈琲 500円以上の購入 300MB (3日間)
すき家 500円以上の購入 300MB (3日間)
ドトールコーヒー 500円以上の購入 300MB (3日間)
はま寿司 500円以上の購入 300MB (3日間)
ビッグエコー 500円以上の購入 300MB (3日間)
ヒマラヤ 2,000円以上の購入 1GB (7日間)
ベイシア 2,000円以上の購入 1GB (7日間))
丸亀製麺 500円以上の購入 300MB (3日間)
menu 500円以上の購入 300MB (3日間)
ローソン 500円以上の購入 300MB (3日間)

出典https://news.kddi.com(2021/9/14)

povo2.0のメリット4:テザリングができる

povo2.0では、追加料金なしでテザリングをすることができます。

128kbpsでよければ、無料でテザリングも利用できるということです。

また、ギガ活でもらったデータ容量も、テザリングに使うことができます。

povo2.0のメリット5:AUのスマホがそのまま使える

povo2.0では、AUのスマホはSIMロックを解除することなく、そのまま使うことができます。

AU以外で購入したスマホでも、SIMロックを解除すれば、ほとんどの機種を使うことができます。

povo2.0のデメリット

povo2.0のデメリットを7つ紹介

次に、povo2.0のデメリットを紹介します。

povo2.0のデメリット1:トッピングが複雑

povo2.0は、豊富なトッピングの中から自分で選ぶことができるのが魅力ではあるのですが、逆の視点から考えると、ちょっと複雑です。

1GBだと期限は7日間、20GBだと30日間など、有効期限があるので、自分が大体どれくらいのデータを使うのかを把握しておかないと、有効期限が切れてしまった!ということにもなりかねません。

povo2.0のデメリット2:速度制限が128kbps

povo2.0では、購入したり、もらったデータ容量がなくなったあとの通信速度は、128kbpsになってしまいます。

ahamoの速度制限は1Mbps、LINEMOの速度制限はスマホプランが1Mbps、ミニプランが300kbpsですから、それよりも遅いです。

基本料金が0円なので、128kbpsが限界だったのでしょう。

povo2.0のデメリット3:支払い方法がクレジットカードのみ

povo2.0の支払い方法は、クレジットカードのみです。

口座振替などは利用できません。

povo2.0のデメリット4:キャリアメールが使えない

povo2.0では、キャリアメールは使えません。

これまでキャリアメールに届くように登録しているたものは、Gメールなどに変更する必要があります。

長年キャリアメールを使っていた方ほど、結構面倒な手間です。

povo2.0のデメリット5:LINEの年齢認証ができない

povo2.0ではLINEの年齢認証ができません。

povo1.0ではできましたし、ドコモのahamoや、ソフトバンクのLINEMOではできます。

LINEの年齢認証ができないと、ID検索、電話番号検索が使えません。

povo2.0のデメリット6:店頭でのサポートは受けられない

povo2.0は、オンライン限定の料金プランであり、AUショップでのサポートは受けられません。

たとえば、ahamoなら有料で店頭サポートを受けることができるのですが、povo2.0では、今のところ、そのようなサービスはありません。

povo2.0のデメリット7:180日間利用なしで解約される

povo2.0は、180日間以上有料トッピングの購入などがない場合、利用停止、契約解除となることがあります。

利用停止、契約解除となった場合は、別途所定の手数料等の費用がかかる場合があります。

との案内があります。

有料トッピングの購入など、の、「など」の部分がどこまで含むのか。

利用停止、契約解除となる「ことがあります」とあるので、どんな時には解除とならないのか。

別途所定の手数料等の費用がかかる「場合があります」ということで、かからない場合もあるのか。

など、不明確なところがまだあります。

たとえば、ギガ活でデータ容量をチャージしていれば良いのか、など、詳しい部分が不明なので、当面は、半年に1回ほど、安いトッピングを購入しておいたほうが良いでしょう。

povo2.0の料金プランの詳細

povo2.0は、基本料金が0円で、高速データ通信の容量やかけ放題などが全てオプションとなっている料金プランです。

基本料金・・・0円
通話・・・30秒あたり20円(税込22円)
データ通信・・・常時128kbps

この基本プランの内容に、以下のオプションを任意で購入する形となります。

<データトッピング>
1GB(7日間)・・・390円
3GB(30日間)・・・990円
20GB(30日間)・・・2,700円
60GB(90日間)・・・6,490円
150GB(180日間)・・・12,980円
24時間使い放題・・・330円

<通話トッピング>
5分以内かけ放題・・・550円
時間無制限かけ放題・・・1,650円

<コンテンツトッピング>
DAZN使い放題パック(7日間)・・・760円

povo2.0のメリット・デメリットまとめ

povo2.0は、自分に合ったトッピングを選択して料金プランを組み立てられる、自由度の高い魅力的な料金プランではることは、間違いありません。

通信速度が遅くても良い。という方にとっては、0円運用も可能なプランです。

その一方で、支払い方法はクレジットカードのみ、キャリアメールが使えない、店頭サポートは受けられない。といった特徴もあり、ある程度自分で契約、操作ができる方向けの料金プランとなっています。

povo2.0関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする