ソフトバンク ミニフィットプランとは?デメリット、注意点、プラン変更方法を紹介。5G対応のプラン

スポンサーリンク

ソフトバンクは、5Gサービスの本格スタートに合わせて、料金プランを一新しました。

新しい料金プランは、「メリハリプラン」と「ミニフィットプラン」です。

このページでは、ソフトバンク、ミニフィットプランの概要と、デメリット、注意点、プラン変更方法などを紹介します。

出典https://www.softbank.jp

ミニフィットプランとは、3,980円~の新料金プラン!

ソフトバンクのサイトでは、ミニフィットプランは1,980円~!ということが書いてありますが、これは、各種割引適用後の価格で、元々の月額料金は、3,980円~です。(データ使用量1GB以内の場合)

内訳は、こんな感じです。

データ使用量1GBまで・・・3,000円
データ使用量2GBまで・・・5,000円
データ使用量3GB以上・・・6,500円

これに、基本プラン(音声)の980円が加算されます。

通話定額オプションも用意されています

準定額オプション+(5分以内かけ放題)・・・800円
定額オプション+(24時間かけ放題)・・・1,800円

ミニフィットプランは、5Gにも対応

ミニフィットプランは、5G通信にも対応しています。

5Gを利用するには、5G基本料、月額1,000円かかります。

ただ、ミニフィットプランはデータ通信量が少ない方向けのプランなので、わざわざ1,000円追加で払ってまで5Gを使う人はあまりいないでしょう。

2年間は5G通信が無料となるキャンペーンが開催されているので、その間はお試しで使ってみてもいいかもしれません。

テザリングもできる

ミニフィットプランでは、テザリングもすることができます。

テザリングのオプション料金は、月額500円です。

割引キャンペーン

ミニフィットプランに適用することができる割引キャンペーンを紹介します。

半年おトク割

新規契約、のりかえ(MNP)、機種変更、契約変更でミニフィットプランにすると、半年間、月額料金が1,000円割引されます。

おうち割光セット

ソフトバンク光、ソフトバンクAirなどとセットで契約すると、月額料金が1,000円割引されます。(期間限定なし)

ミニフィットプランの料金が3,980円~になるのは、この2つ割引を適用した場合です。

5G無料キャンペーン

契約から2年間、5G基本料の1,000円が無料になるキャンペーンが開催されています。

ミニフィットプランの注意点、デメリット

ミニフィットプランの注意点、デメリットを紹介します。

みんな家族割+が適用されない

ミニフィットプランでは、みんな家族割+の割引が適用されません。

みんな家族割+のグループ内の合計回線数にはカウントされますが、割引はされないということです。

つまり、家族にメリハリプランなどの利用者がいる場合は、合計回線数にカウントされて、その家族の月額料金は割引されるが、ミニフィットプランを使っている人の料金は変わらない。ということです。

1GB以上使うなら、メリハリプランの方がお得

ミニフィットプランは、1GB以上使うと、メリハリプランと料金が同じになります。

ミニフィットプランは、月5GBを超えると低速化してしまいます。

メリハリプランだと、月50GBまで高速通信をすることができるので、メリハリプランの方がお得です。

家族4人以上で使うなら、1GB以下でもメリハリプランの方がお得になります。(家族割で料金の差が埋まるため)

関連記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする