mineo ソフトバンクプラン 料金は、安い?高い?メリット、デメリットは?

注目のキャンペーン情報!
NifMoでは、最大15,100円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!(8月31日まで)
最低でも12,100円以上もらえる太っ腹キャンペーンです。
>>NifMo公式サイトへ


BIGLOBEモバイルでは、最大11,300円分の特典!(9月30日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ


_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
ワン吉くん
mineoが、ソフトバンク回線にも対応したみたいだね。安いのかな?
ウサギ先生
mineoソフトバンク回線の料金や、メリット、デメリットを教えてあげる。

このページでは、mineo ソフトバンク回線プランの料金、メリット、デメリットなどを紹介します。

サービス開始日

mineo ソフトバンク回線プランのサービスは、まだ開始されていません。

サービスが開始されるのは、2018年9月4日の9時からです。

先行予約受付中!

現在、ソフトバンクプランの先行予約を受付しています。

2018年7月24日~8月31日までに先行予約をして、サービス開始後、11月6日までに正式に申し込みをした方は、6ヶ月間、月額料金が333円割引になります。

mineoでは、ドコモ、AU、ソフトバンク回線がそろったキャンペーンとして、6ヶ月間月額料金333円~というキャンペーンを実施しているので、このキャンペーンと合わせると、6ヶ月間は0円~利用できるようになります。

ワン吉くん
0円!すごい!

ソフトバンク回線プランの料金

mineo ソフトバンク回線プランの料金を紹介します。

データ容量 シングルタイプ
(データSIM)
デュアルタイプ
(通話SIM)
500MB 790円 1,750円
3GB 990円 1,950円
6GB 1,670円 2,630円
10GB 2,610円 3,570円
20GB 4,070円 5,030円
30GB 5,990円 6,950円

主なオプション料金は、ドコモ回線、AU回線プランと同じです。

mineoでんわ10分かけ放題・・・850円
通話定額30・・・840円
通話定額60・・・1,680円
端末安心保証サービス・・・370円
ウイルスバスターモバイル月額版・・・270円
持込み端末安心保証サービス・・・500円
安心フィルタリング・・・350円
あんしんバックアップ・・・500円
メールウイルスチェックサービス・・・200円
スマート留守電・・・290円
シニアパック・・・200円
ジュニアパック・・・200円
スマホ操作アシスト・・・500円
グループ通話・・・200円
ナンバーブロック・・・100円
割り込み通話・・・200円
転送電話・・・無料

ワン吉くん
あれ?ちょっと高いかな?
ウサギ先生
よく気がついたわね。

ドコモ回線、AU回線より高い?

mineoのソフトバンク回線プランは、ドコモ回線プラン、AU回線プランよりも少し高くなっています。

いくら高くなっているのか、比較してみましょう。

まずは、ドコモ回線プランの料金と比較してみましょう。

データ容量 シングルタイプ
(データSIM)
デュアルタイプ
(通話SIM)
500MB 700円 1,400円
1GB 800円 1,500円
3GB 900円 1,600円
6GB 1,580円 2,280円
10GB 2,520円 3,220円
20GB 3,980円 4,680円
30GB 5,900円 6,600円

mineoのソフトバンク回線プランは、ドコモ回線プランに比べ、シングルタイプだと90円、デュアルタイプだと350円も高くなっています。

次に、AU回線プランの料金と比較してみましょう。

データ容量 シングルタイプ
(データSIM)
デュアルタイプ
(通話SIM)
500MB 700円 1,310円
1GB 800円 1,410円
3GB 900円 1,510円
6GB 1,580円 2,190円
10GB 2,520円 3,130円
20GB 3,980円 4,590円
30GB 5,900円 6,510円

mineoのソフトバンク回線プランは、AU回線プランに比べ、シングルプランだと90円、デュアルタイプだと440円も高くなっています。

また、ドコモプランとAUプランには、1GBプランがありますが、ソフトバンクプランには1GBはありません。

ワン吉くん
結構高いなあ・・・

mineoは、各社からそれぞれの帯域をレンタルしてサービスを運営しているので、ソフトバンクの帯域を借りる料金が高いことが原因ではないかと思います。

メリット、デメリットは?

mineo ソフトバンク回線プランを利用するメリット、デメリットを紹介します。

メリット

・ソフトバンクのスマートフォンがそのまま使える
ソフトバンク回線プランなら、ソフトバンクのSIMロックがかかったスマートフォンを、そのまま使うことができます。

特に、2015年以前に発売された端末は、SIMロックを解除することができません。
そういった端末でも、格安SIMを利用できるようになるのは、大きなメリットです。

・速度が速い
ソフトバンクプランを選択するユーザーは、ドコモプラン、AUプランを選択するユーザーに比べ、数が少ないものと思われます。
特に、サービス開始直後は、特に利用者が少なく、ドコモプラン、AUプランよりも通信速度が速く、快適に利用することができるのではないかと予想することができます。

デメリット

・料金が高い
mineoのソフトバンクプランは、ドコモプラン、AUプランと比べて料金が高く設定されています。
シングルプラン(データSIM)なら、その差は90円程度ですが、デュアルプラン(通話SIM)だと、その差は300円~400円にもなり、少しでも料金を抑えたいMVNOユーザーには大きな違いです。

SIMフリー端末を持っていて、どこのSIMカードでも使えるのであれば、ソフトバンクプランを選択するのはおすすめできません。

・山や観光地などでつながりにくいことがある
かつて、ソフトバンクはつながらない。とよく言われていました。
今では、ほとんどのところでつながらない。ということはありませんが、今でも一部の山や観光地などでは、ドコモ回線の方がつながるようです。

ソフトバンク回線をはじめて使う場合は、「自分の行く山や観光地の名前+ソフトバンク」などで検索をして、つながるかどうかを確認してから契約をしたほうが良いでしょう。

注目のキャンペーン情報!
NifMoでは、最大15,100円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!(8月31日まで)
最低でも12,100円以上もらえる太っ腹キャンペーンです。
>>NifMo公式サイトへ


BIGLOBEモバイルでは、最大11,300円分の特典!(9月30日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ


_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする