iPhone 2018年モデル 予測、予想情報。iPhone8s 日本発売日、スペック、価格などリーク情報!

注目のキャンペーン情報!
NifMoでは、最大20,100円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!(6月30日まで)
最低でも12,100円以上もらえる太っ腹キャンペーンです。
>>NifMo公式サイトへ


BIGLOBEモバイルでは、最大11,300円分の特典!(450円×24ヶ月割引!)(8月5日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ



_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
ワン吉くん
来年のiPhoneはどうなるのかな?全機種FaceIDになるとかいわれてるけど。
ウサギ先生
2018年モデルのiPhoneの情報を教えてあげる。

このページでは、iPhone2018年モデルの日本発売日、スペック、価格などリーク情報を紹介します。

デザイン

iPhone2018年モデルは、現行のiPhone8、iPhoneXのマイナーチェンジモデルになると予想されています。

そのため、基本的なデザインはiPhone8、iPhoneXと変わらないでしょう。

iPhone8、iPhone8 Plus

iPhoneX

なお、名前は「iPhone8s」「iPhone8s Plus」と、「iPhoneX2」になるといわれています。

iPhone8sの方は恐らくこの名前で出るでしょうが、iPhoneX2の方はどうなるのか?まだよくわかっていないのが正直なところです。

全機種が全画面に?

一部では、全機種が全画面になる。ともいわれています。

というのも、一部で、次期iPhoneには、ジャパンディスプレイが開発したFull Activeディスプレイが採用される。といわれています。

既にこのFull Activeディスプレイを採用したスマートフォンが発売されていることなどから、次期iPhoneはFull Activeディスプレイのモデルと、有機ELのモデル、2つの全画面モデルというラインナップになる。という話が少しずつ大きくなっています。

Full Activeディスプレイを採用したスマートフォン、Mi MIX 2

ワン吉くん
かっこいいね!

しかし、2018年モデルでは、iPhone8を踏襲したベゼルのあるモデルと、iPhoneXを踏襲した全画面モデルの2種類となる可能性が高いでしょう。

2019年モデルからは、全機種が全画面になる可能性が高そうです。

2019年からは、全画面液晶を搭載した機種と、全画面有機EL(OLED)を搭載した機種の2本立てになるといわれています。

ワン吉くん
全画面の方がかっこいいもんね!
ウサギ先生
でも、2019年モデルからはまた価格が高くなりそうね。

発売日

iPhone2018年モデルの発売日は、これまでと同じく、2018年9月と予想されています。

今年のiPhoneXは、生産の都合から、発売が11月にまでずれ込みましたが、今回は2機種とも9月中に発売することを目標に開発がすすめられているようです。

来年のモデルはマイナーチェンジモデルとなるので、生産が遅れるということもなく、9月中に発売されることでしょう。

スペック

次期iPhoneの予想スペックを紹介します。

iPhoneX2 iPhone8s iPhone8s Plus
OS iOS12 iOS12 iOS12
ディスプレイ 5.8インチOLED 4.7インチ(1334×750) 5.5インチ(1920×1080)
プロセッサ A12プロセッサ A12プロセッサ A12プロセッサ
メモリ 3GB 3GB 3GB
ストレージ 64GB、256GB 64GB、256GB 64GB、256GB
アウトカメラ 1200万画素×2 1200万画素 1200万画素×2
インカメラ 700万画素 700万画素 700万画素
バッテリー容量 2700mAh 1800mAh 2700mAh
サイズ 縦143.6mm×横70.9mm×厚さ7.7mm 高さ138.4mm×横67.3mm×厚さ7.3mm 高さ158.4mm×横78.1mm×厚さ7.3mm

iPhone2018年モデルには、最新のA12プロセッサが搭載されます。

A11プロセッサは、A10プロセッサと比べ、60%以上も性能が向上し、ライバルのSnapdragon835を上回るパフォーマンスを実現しています。

A12プロセッサは、A11プロセッサと比較して、約25%程度の向上と、A10とA11プロセッサの違いほどの向上はないようです。

それでも、スマートフォン界でトップクラスの性能を誇ることには間違いないでしょう。

メモリ容量

2017年モデルのアイフォーンでは、iPhoneXのみが3GBのメモリを搭載し、iPhone8とiPhone8 Plusは2GBのままでした。

2018年モデルでは、iPhone8sとiPhone8s Plusのメモリも3GBとなり、A12プロセッサと合わせて処理能力が向上するでしょう。

その他、防水、防塵には引き続き対応するでしょう。

全機種にFaceID搭載?

iPhoneXでFaceIDが搭載されたのは記憶に新しいところですが、2018年モデルでは、iPhone8s、iPhone8s Plusを含め、全機種にFace IDが搭載されると予想されています。

それにともなって指紋認証が廃止されるかは不明ですが、センサーを2つも搭載するとコストアップの原因となるので、Face IDが搭載されれば、Touch IDは廃止される可能性が高そうです。

Face IDは、双子だとロックが解除されてしまうなど、まだまだ課題もありますが、2018年モデルでは改善されていることでしょう。

また、iPhone8sにもFace IDが搭載されれば、iPhone8sでもアニモジを作ることができるようになります。

関連記事
Face ID 寝顔、マスク、暗闇、双子、化粧、メガネ、サングラス、写真では大丈夫?

価格予想

iPhone2018年モデル、iPhone8s、iPhoneX2の価格は、現行iPhone8、iPhoneXと同程度の価格となるでしょう。

同程度というのはドル建ての話で、日本円での価格は、発売時点での為替相場によって変わってきます。

更に、ドコモ、AU、ソフトバンク版は、それぞれのキャリアが決定するので、現時点での日本円での販売価格はなんとも言えません。

参考までに、iPhone8、iPhone8 Plus、iPhoneXのアメリカでの販売価格を紹介します。

iPhone8 iPhone8 Plus iPhoneX
64GB 699ドル 799ドル 999ドル
256GB 849ドル 949ドル 1149ドル

Appleストアでの販売価格は、大体その時の為替相場1ドル=110円ならドル価格に110を掛けた価格が日本円での販売価格になるので、来年夏頃の為替相場から大体予想することができます。

キャリア版の価格は、そこに更に1~2万円程度上乗せした価格になると予想することができます。

ワン吉くん
高いなー。気軽に2年ごとには買い換えられないね。

イヤホンジャック復活か

さて、iPhone7から、スピーカーがステレオになった変わりに、イヤホンジャックがなくなったことがとても不評となっています。

iPhone8、iPhoneXでもイヤホンジャックは復活しませんでした。

これが、iPhone 2018年モデルでようやくイヤホンジャックが復活する模様です。

イヤホンジャックが復活する代わりにスピーカーがモノラルに戻るのではなく、イヤホンジャックが端末上部の側面に配置される形で復活するようです。

イヤホンをつけるのにいちいち変換ケーブルをつけて・・・、というのはスマートではないので、これは歓迎できることですね。

ワン吉くん
イヤホンジャックが復活するのは嬉しいな!AirPodsは高いしね。

これからのリーク情報に注目

ここ最近のiPhoneは、発売数ヶ月前からかなり正確な情報がリークされています。

2017年のiPhone8、iPhoneXでは、リークの内容もさらに詳しく正確になっており、アップルも問題視していたほどです。

そのため、アップル側も対策を取り、これまでよりはリーク情報も少なくなるでしょうが、iPhone 2018年モデルの情報も、中国の工場を中心に情報が漏れてくるはずです。

これからも、iPhone 2018年モデル、iPhone8s、iPhoneX2の最新情報を更新していきます。

ウサギ先生
こまめにチェックしてね!
注目のキャンペーン情報!
NifMoでは、最大20,100円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!(6月30日まで)
最低でも12,100円以上もらえる太っ腹キャンペーンです。
>>NifMo公式サイトへ


BIGLOBEモバイルでは、最大11,300円分の特典!(450円×24ヶ月割引!)(8月5日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ



_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする