新型 iPad mini 5(2019年) 最新情報!日本発売日、発表、価格、スペック、イヤホンジャックなど、最新情報!

注目のキャンペーン情報!
BIGLOBEモバイルでは、最大17,791円分の特典!(5月12日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルでは、最大7,170円分の特典!(終了日未定)
>>LINEモバイル公式サイトへ

_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
スポンサーリンク
ワン吉くん
iPad mini 5がいよいよ出るみたいだね。どんなスペックになるのかな?
ウサギ先生
iPad mini 5の気になる情報を教えてあげる。

このページでは、iPad mini 5の発売日、価格、スペックなど、最新情報を紹介します。

名前は、iPad mini

2019年モデルのiPad miniの正式名称は、「iPad mini」となりました。

Appleは時々こういう名前の付け方をしますが、素直に「iPad mini 5」としてくれた方がユーザーとしては分かりやすいのですが、すっきりした名前を好むのでしょう。

また、今回、新型iPad miniの発売にともなって、iPad mini 4の販売は終了したので、販売上の問題もないということかと思います。

当サイトでは、分かりづらいので「iPad mini 5」と表記します。

デザイン、カラー

iPad mini5のデザインは、iPad mini4とほぼ同じデザインです。

出典https://www.apple.com

iPad Proのようにベゼルが細くなっていることもなく、いたって普通のデザインですね。

背面もカメラは1つでアップルマークが書いてあるだけで、デザイン面ではiPad mini 4とほぼ同じです。

2018年に発表された新型iPadも、デザインは従来どおりでしたから、デザインが変わらないのは予想通りです。

デザインが変わっていないおかげで、iPad mini 5には、イヤホンジャックが搭載されています。

カラーはシルバー、スペースグレー、ゴールドの3色です。

事前のリーク情報の中には、ローズゴールドもあるとリークされていましたが、今回発表されませんでした。

遅れて追加されることはあるかもしれません。

スペック

iPad mini5のスペックを紹介します。

OS iOS11
ディスプレイ 7.9インチRetina
(2048×1536)
プロセッサ A12プロセッサ
メモリ 2GB
ストレージ 64GB/256GB
背面カメラ 800万画素
前面カメラ 120万画素
バッテリー容量 5500mAh
サイズ 203.2×134.8×6.1mm
重量 Wi-Fiモデル300.5g
Wi-Fi+Cellularモデル308.2g

iPad mini 5は、見た目はiPad mini 4から変わっていませんが、性能は大きく向上しています。

ディスプレイ解像度は、iPad mini 4や、昨年発表されたiPadと同じ、2048×1536になると予想されています。ディスプレイの種類も、Retinaディスプレイが採用され、ディスプレイ部分は、価格を抑えるためにそれほど高画質なものは採用されない模様です。とはいえRetinaディスプレイも十分綺麗ですけどね。

一番の注目は、最新のA12プロセッサが搭載されたということです。iPad mini 4では4世代前のA8プロセッサでしたから、その差はかなり大きいです。(A12プロセッサは、iPhoneXs、iPhoneXRに使われているもの。A8プロセッサは、iPhone6などに使われているものです。)

A8プロセッサとA12プロセッサの処理能力は、3倍ほど違います。

メモリ容量は2GBと、iPad mini4から変わらないと予想されています。まだ公式発表されていないので、分解レポートなどを待ちましょう。

iOSは少ないメモリ容量でもサクサクした動作が特徴的ですが、もう少しあっても良いのでは?と思いますが、どうなのでしょうか。

ストレージ容量は、64GBと256GBの2種類となっています。iPad mini 4では、32GBと128GBの2種類でしたから、倍増しています。(32GBは途中で販売終了しましたが)

カメラ性能は据え置きか

カメラ性能はずっと変わらず、背面カメラは800万画素、前面カメラは120万画素のままになると予想されています。

iPadは、カメラ性能を求める端末ではない。ということでしょう。

ただし、リヤカメラ部分にフラッシュが追加されると予想されています。

フラッシュ機能が搭載されれば、懐中電灯代わりにも利用することができるなど、意外と便利です。

iPhoneでは、ディスプレイ部分を発光して、フロントカメラにも擬似的なフラッシュ機能が搭載されていますが、iPadのようなタブレットは頻繁にセルフィーを撮影するものではないので、フロントカメラのフラッシュ機能は搭載されないと予想されています。

Apple Pencil対応

iPad mini 5は、iPad miniシリーズとしてはじめて、Apple Pencilに対応しました。

Apple Pencilといえば、これまではiPad Proにしか対応していませんでしたが、昨年発表された37,800円のiPadもApple Pencilに対応し、便利に使えるようになっています。

Apple Pencilがあれば、手書きでメモを取ることができたり、絵を書くことができたり、手書きのメッセージを送信することができるなど、使い方の幅が広がります。

Apple Pencil自体が1万円ほどするので、価格に見合った使い方をするかどうかは要検討ですが、iPad miniでもApple Pencilが使えるようになるのは良いことですね。

価格

iPad mini 5の価格を紹介します。

Wi-Fiモデル

64GBモデル・・・45,800円

256GBモデル・・・62,800円

Wi-Fi+Cellularモデル

32GB・・・60,800円

128GB・・・77,800円

です。

iPad mini 4の価格は、Wi-Fiモデルの128GBモデルが45,800円、Wi-Fi+Cellularモデルの128GBモデルが60,800円でした。

容量を考えると若干の値上げですが、A12プロセッサとA8プロセッサの性能差を考えるとむしろお値打ちなくらいです。

ただ、今回のiPad mini 5は、昨年発売された9.7インチのiPadよりも高くなっています。

9.7インチ版iPadの価格は、以下のとおりです。

Wi-Fiモデル
32GB・・・37,800円
128GB・・・48,800円

Wi-Fi+Cellularモデル
32GB・・・52,800円
128GB・・・63,800円

9.7インチiPadの方が8,000円安いんですね。9.7インチiPadの方は、A10プロセッサなので、プロセッサの性能はiPad mini 5の方が良いのですが、悩むところです。

スポンサーリンク

事前のリーク情報

ワイヤレス充電は非対応?

iPhoneシリーズがワイヤレス充電に対応して数年が経ちますが、iPadシリーズもワイヤレス充電に対応してほしい。という声を時々聞きます。

残念ながら、今のところ、iPad mini5がワイヤレス充電に対応する。という情報はありません。

フラッグシップモデルのiPad Proもワイヤレス充電に対応していないことから考えると、iPad mini5がワイヤレス充電に対応する可能性はとても低いでしょう。

そもそも、ワイヤレス充電は、パッド状の充電器の上に乗せる必要があり、タブレットほどのサイズのものを充電するのには向いていません。

そのため、当分の間、iPadがワイヤレス充電に対応することはないとみています。

2019年に発売か

iPad mini5の発表は、2019年春頃と予想されています。

Appleは、iPad miniシリーズを見切ったのではないか。という憶測も流れていましたね。

実際、ここ数年のAppleは、iPad、iPhoneに限らず、高価格機種、ハイエンド端末に集中しており、一台あたりの利益を高める方向で進んでいました。

しかし、2018年モデルであるiPhone Xs、iPhone XRの不振などから、低価格帯の端末も再び発売する方向に方針転換しているようです。

となると、iPhoneSEにも期待をしたいところです。

【追記】
EU通信委員会のデータベースに、新型iPadと、iPad mini5と思われるモデルナンバーが登録されました。

「A2123」「A2124」「A2126」「A2153」「A2154」「A2133」「A2152」の7種類が登録されています。

EU通信委員会のデータベースにモデルナンバーが登録されるのは、製品発表の1ヶ月程度の前であることが多いです。

そして、iPadは、毎年3月頃に発表されています。

2019年3月中に、新型iPadと、iPad mini5があわせて発表される可能性がかなり高くなってきましたね。

スマートコネクター搭載か

iPad mini5には、スマートコネクターが搭載されると予想されています。

スマートコネクターとは、現在iPad Proには搭載されているのですが、キーボードを接続してノートパソコンのように使うことができる接続端子の名前です。

私もiPad Proで使ったことがありますが、ディスプレイ内のキーボードではなく、外付けのキーボードを使うことで、ディスプレイの表示領域を広く使う事ができ、とても便利だと思います。

また、物理的なボタンであるキーボードの方が、やはりタイピングもしやすいですね。

ちなみに、このスマートコネクターは、次期iPhoneにも搭載されるのではないかといわれています。

9.7インチのiPad、7.9インチのiPad mini、iPhoneと、それぞれ端末の大きさが違うので、スマートコネクター対応のキーボードのサイズもいろいろと充実してくるかもしれません。

待ち望んでいる人が多いiPad mini

iPad miniは、手頃な7.9インチサイズが持ちやすいと、結構待ち望んでいる人が多い端末です。

現行のiPad mini4が2015年に発売されて3年経過していたので、まだか。まだか。と思っている人も多いでしょう。

iPad miniシリーズは、iPhoneのPlusシリーズが発売された頃から、販売台数が徐々に減少していきました。

それにともなって、Appleもあまり新機種の開発に積極的ではなくなったのか、3年間期間が空いています。

しかし、iPhoneのPlusシリーズとiPad miniでは、ディスプレイの表示面積にはかなりの違いがあり、iPhoneのPlusシリーズでは物足りない。という方も多ようです。

逆に、9.7インチモデルでは大きすぎる。カバンに入らない。という声も結構あり、iPad miniを待ち望んでいるひとは年々増えてきている印象です。

注目のキャンペーン情報!
BIGLOBEモバイルでは、最大17,791円分の特典!(5月12日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルでは、最大7,170円分の特典!(終了日未定)
>>LINEモバイル公式サイトへ

_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする