Galaxy Z Fold2 日本発売日、スペック、価格、予約など、最新情報。ドコモ、AU、ソフトバンク。レビュー。Sペンには非対応

スポンサーリンク

折りたたみスマートフォン、Galaxy Foldの後継機、Galaxy Z Fold2が発表されました。

今回は、Galaxy Z Fold2の、デザイン、スペック、価格、発売日など、最新情報を紹介します。

Galaxy Z Fold2のデザイン

Galaxy Z Fold2のデザインを紹介します。

出典https://www.samsungmobilepress.com

ディスプレイを開いた時は、右側の上部中央にカメラが1つあります。

ディスプレイを閉じた時は、背面に3つのカメラと、その反対側のディスプレイ部分の上部中央にも1つカメラがあります。

Galaxy Z Fold2には、合計5つのカメラが搭載されています。

ディスプレイのノッチがなくなっており、基本的な構造はキープしつつも、大きく進化しています。

本体カラーは、ミスティックブロンズ(ゴールド系)と、ミスティックブラックの2色です。

スポンサーリンク

Galaxy Z Fold2のスペック

Galaxy Z Fold2の予想スペックを紹介します。

OS Android10
メインディスプレイ 7.6インチ有機EL
2208✕1768
サブディスプレイ 6.2インチ有機EL
2260✕816
プロセッサ Snapdragon 865+
メモリ 12GB
ストレージ 256GB
メインカメラ 1200万画素✕3
インカメラ 1000万画素
カバーカメラ 1000万画素
バッテリー容量 4500mAh
サイズ 159.2mm✕128.2mm✕6.9mm
重量 279g

メインディスプレイは、Galaxy Foldの7.3インチから7.6インチに拡大されています。

サブディスプレイは、4.6インチから6.2インチに大きく拡大されています。

ディスプレイの輝度もGalaxy Foldよりも10%向上しており、屋外での視認性が改善されています。

メインカメラは、1200万画素のものが3つのトリプルカメラ、インカメラとカバーカメラは、1000万画素のシングルです。

バッテリー容量は、Galaxy Foldの4380mAhから、4500mAhに増量されています。

Sペンには非対応

Galaxy Z Fold2は、Sペンには対応しませんでした。

Galaxy Z Fold3では対応するという情報もあるので、それを待っている人もいるようです。

Galaxy Z Fold2の耐久性

Galaxy Foldシリーズは、ヒンジ部分の耐久性を疑問視されることがよくあります。

Galaxy Z Fold2のヒンジ部分は、20万回の動作が保証されていて、これは、1日100回開閉したとしても、5年以上使える耐久性を有しています。

Galaxy Z Fold2の価格

Galaxy Z Fold2の価格は、1999ドル~と発表されています。

日本円に換算すると、約21万円ということになります。

日本での価格はまだ発表されていませんが、これよりは少し高くなると予想されています。

Galaxy Z Fold2の日本発売日

Galaxy Z Fold2は、海外では9月18日から発売されます。

日本発売日はまだ明らかになっていませんが、9月~10月には発売されることでしょう。

今回は、ドコモとAUから発売されると予想されています。

今のところ、ソフトバンクから発売されるという情報はありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする