BALMUDA Phoneの販売再開は、いつ?高い、ダサいという声もありますが。BALMUDA Phoneの、予約方法、スペック、価格など

毎月のスマホ料金を安くしたいなら、楽天モバイルがおすすめです。
エリアも広くなり、全国の方におすすめできるようになりました。

スポンサーリンク

新興家電メーカー、バルミューダから、初のスマートフォン、BALMUDA Phoneが発表されました。

BALMUDA Phoneの発売日、デザイン、サイズ、スペック、カメラ性能、価格など、最新情報をまとめて紹介していきましょう。

BALMUDA Phoneの発売日

BALMUDA Phoneの発売日は、2021年11月26日です。

 

予約受付は、11月17日10時からはじまります。

SIMフリーモデルはバルミューダオンラインストアで。ソフトバンク版は、全国のソフトバンクショップと、ソフトバンクオンラインショップで予約することができます。

 

BALMUDA Phoneが、販売中止に。再開は、いつ?

2021年1月7日に、BALMUDA Phoneが販売中止になってしまいました。

 

技適に確認すべき事項があったことが原因だそうです。

 

販売再開はいつなのか、公式にはまだ発表されていませんが、バルミューダの公式ストアでは、「1月下旬出荷予定」と表記されているので、1月下旬ごろに再開される見込みなのかもしれません。

 

BALMUDA Phoneのデザイン

BALMUDA Phoneのデザインを紹介します。

バルミューダスマホのデザイン

BALMUDA Phoneのデザイン
出典https://www.balmuda.com

とにかく丸みを帯びているのが、特徴です。

曲線だけで構成された唯一のスマートフォンというのが、アピールポイントになっています。

 

また、ディスプレイサイズは4.9インチと、5Gスマートフォン最小級のサイズを実現した。とのことです。

 

カラーは、ブラックとホワイトの2色です。

 

独創的なデザインであるのは事実なのですが、ちょっと太いベゼルなどから、ダサい。という声も多くあがっています。

「BALMUDA Phone、10年前のスマホみたい。バルミューダ迷走してないか?」

「BALMUDA Phone、売れなさそう。ベゼル太いのに、なんでパンチホールまであるんだ?」

 

バルミューダは、万人受けする商品ではなく、コアな層に刺さる商品を出すメーカーですから、これで良いのかもしれませんね。

スポンサーリンク

BALMUDA Phoneのサイズ

BALMUDA Phoneのサイズは、5Gスマートフォン最小級のサイズということで、縦123mm×横69mm×厚さ13.7mm、重さは138gです。

 

iPhone 13 miniのサイズは、縦131.5mm×横64.2mm×厚さ7.65mm、重さ140gと、同程度です。

 

ただ、丸みを帯びたデザインをしているということで、厚さは倍くらい違います。

 

BALMUDA Phoneのプロセッサ、メモリ、ストレージ

BALMUDA Phoneには、Snapdragon 765が搭載されています。

メインメモリは6GB、ストレージは128GBです。

基本性能は、ミドルレンジの上の方です。

 

同じくSnapdragon 765を搭載するスマートフォンには、Pixel 5a、OPPO Reno5 A、OPPO Find X3 Liteなどがあります。

Pixel 5aはメモリ6GB、ストレージ128GB

OPPO Reno5 Aはメモリ8GB、ストレージ128GB

OPPO Find X3 liteはメモリ8GB、ストレージ128GBです。

 

BALMUDA Phoneのカメラ性能

BALMUDA Phoneの背面カメラは4800万画素のシングル、インカメラは800万画素のシングルです。

 

どちらもシングルカメラですし、プレスリリースを見ても、カメラ性能は特にアピールされていないため、カメラ性能はそれほど高くないと予想することができます。

 

BALMUDA Phoneのバッテリー容量

BALMUDA Phoneのバッテリー容量は、2,500mAhと、少なめです。

5Gスマートフォンとして最小級なので、バッテリー容量が少なくなるのは、仕方がないことではあります。

 

連続通話時間は1,170分、連続待受時間は260時間と、短めです。

 

ちなみに、ワイヤレス充電に対応しているとのことです。

背面が曲面なので、置いた時にフラフラしたり、クルクル回りそうなのが気になるところです。

スポンサーリンク

BALMUDA Phoneのスペック表

BALMUDA Phoneのスペックを、表にまとめて紹介します。

OS Android 11
ディスプレイ 4.9インチTFT液晶
1,920×1,080
プロセッサ Snapdragon 765
メモリ 6GB
ストレージ 128GB
背面カメラ 4800万画素
前面カメラ 800万画素
バッテリー容量 2,500mAh
サイズ 縦123mm×横幅69mm×厚さ13.7mm
重さ 138g

 

 

BALMUDA Phoneの価格

BALMUDA Phoneの価格は、104,800円(SIMフリーモデル)と発表されています。

 

Snapdragon 765を搭載したスマホにしては高すぎる。という声が多くあがっています。

 

「BALMUDA Phone、コンパクトで良いんだけど、高すぎる・・。」

「BALMUDA Phone、コアな層には刺さるのかもしれないけど、いくらなんでも高すぎるだろう・・・。」

 

たとえば、Pixel 5aの価格は、51,800円です。

しかし、コスパだけでは測れない部分に価値を与えてくるのが、バルミューダです。

 

今回は、デザインや、オリジナルのアプリで差別化を図っているようですが、受け入れられるのか、注目ですね。

 

バルミューダとは

バルミューダとは、2003年に設立された家電メーカーです。

 

これまでは、トースターや扇風機、コーヒーメーカーやクリーナーなど、デザイン性の高い家電を中心に製造しているメーカーでしたが、いよいよ、IT機器、AV機器に参入します。

 

IT機器、AV機器は「BALMUDA Technologies」ブランドで展開され、その第一弾がBALMUDA Phoneということになります。

BALMUDA Phoneが、今後のバルミューダのIT機器、AV機器展開の試金石にもなります。

 

2021年11月19日に、バルミューダ初の旗艦店、BALMUDA The Store Aoyamaが、東京南青山にオープンします。

BALMUDA Phoneも、この店舗に展示されることになるでしょう。

 

毎月のスマホ料金を安くしたいなら、楽天モバイルがおすすめです。
エリアも広くなり、全国の方におすすめできるようになりました。

スポンサーリンク

-その他

© 2022 スマホリーク情報なら、格安スマホマガジン Powered by AFFINGER5