【2018年】Apple watch4 日本発売日、価格、スペック、デザイン画像、カラーなど、リーク情報!【series4】

注目のキャンペーン情報!
NifMoでは、最大20,100円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!(6月30日まで)
最低でも12,100円以上もらえる太っ腹キャンペーンです。
>>NifMo公式サイトへ


BIGLOBEモバイルでは、最大11,300円分の特典!(450円×24ヶ月割引!)(8月5日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ



_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _

今年も新しいAppleWatchが出るみたいだね。どんな仕様になるのかな。

Apple watch4のリーク情報を教えてあげる。

このページでは、Apple watch4の発売日、価格、スペック、デザインなど、リーク情報を紹介します。

Apple watch4の 発売日

Apple watch4の発売日は、2018年モデルのiPhoneと同じく、2018年9月中と予想されています。

ここのところ、Apple watchは、毎回新型iPhoneと同時に発表されているので、間違いないでしょう。

日本でも、9月中に発売されるでしょう。

Apple watch4の デザイン

Apple watch4のデザインは、Apple watch3と同じく、角の取れた四角形のデザインになると予想されています。

また、Apple watch3よりもベゼル幅が狭くなり、ディスプレイサイズが大きくなるようです。

Apple watch3は、背景が黒い画像が多いので、あまりベゼルが気になりませんが、ベゼルの幅はソコソコあります。

最近のスマートフォンの流れと同じく、ベゼルを細くして、画面を大きくする方向になるようです。

一部では、腕時計らしく丸いデザインになるのではないかと言われています。

そのソースとして、丸型のデザインの設計図のようなものが流出しているようですが、そこまで大きくデザイン、ブランドイメージを変えてくるというのは考えづらいです。

そもそも、丸型のデザインのスマートウォッチで、特に大ヒットしたモデルもないので、可能性は低いでしょう。

後でも紹介しますが、Apple watch4には、カメラが搭載されると予想されています。

それに伴って、本体サイズが少し大きくなると予想されています。

Apple watch4では、38mmモデルと42mmモデルの2種類がラインナップされていますが、Apple watch4では、40mmと44mm程度に大きくなるでしょう。

腕の細い方、特に女性には、少し大きいかな?という印象です。

※追記
サイズに関しては、38mmと42mmを維持するという情報もあります。

そのかわり、ノッチが採用され、その部分にカメラが配置されるという情報です。

カラーは4色

カラーが特に追加されるといった情報は入っておらず、Apple watch3と同じく、3色展開になるでしょう。

・シルバー
 出典Apple公式

・ゴールド
 出典Apple公式

・スペースグレイ
 出典Apple公式

Apple watch4の スペック

Apple watch4で最も大きく変わる点として、カメラの搭載が挙げられます。

カメラはディスプレイ側に搭載されるはず(スマートフォンでいうインカメラ)なので、ビデオ通話や、手軽にセルフィーが撮影できるようになりそうです。

また、プロセッサは、iPhoneのようにA○プロセッサという名前は付きませんが、Apple watch4には、クアッドコアプロセッサが搭載され、性能はApple watch3のデュアルコアプロセッサよりも50%以上向上すると予想されています。

Face ID採用か

Apple watchには、カメラが搭載されるという情報を紹介しましたが、それに伴って、顔認証機能、Face IDが採用されると予想されています。

現在、Apple watchのロックは、パスコードを入力して解除する方法しかありません。

しかし、Apple watchは画面が小さいため、パスコードを入力するのもなかなか面倒なので、Face IDが採用されれば、かなり便利になりますね。

血圧も測れるようになる?

Apple watch4では、心拍数の他に、血圧も測れるようになるのではないかといわれています。

他社のスマートウォッチでは、既に血圧が測れるものがありますが、精度はちょっと微妙です。

市販されている血圧計でも、手首に巻いて測定するタイプもありますが、これは、手首のバンド全体に空気を送り込んで測定する仕組みになっています。

まさか、Apple watchのバンドに空気を送って測定するわけにもいかないと思うので、Apple watch4の血圧測定機能の精度も気になるところです。

もともと、Apple watchは、運動する時や、アウトドアに行く時、スマートフォンだとポケットから落ちたりして使いづらいから、腕につけて様々な情報を記録する。といった使い方を想定して作られたものなので、ヘルスケアの機能に関しては、更に充実してくるものと思われます。

一部には、血糖値も測定できるようになるのではないかと言われていますが、血糖値を図ろうと思うと、血液をセンサーに当てないといけなくなるので、さすがにそれはないかと思います。

Apple watch4の 価格

Apple watch4の価格は、Apple watch3よりも3,000円ほど高くなると予想されています。

Apple watch3価格は、以下の通りでした。

【GPSモデル】
38mm・・・36,800円

42mm・・・39,800円

【セルラーモデル】
38mm・・・45,800円

42mm・・・48,800円

ですから、Apple watch4の価格は、

【GPSモデル】
小型モデル・・・39,800円

大型モデル・・・42,800円

【セルラーモデル】
小型モデル・・・48,800円

大型モデル・・・52,800円

時計として考えると、ちょっといい時計くらいの値段ですね。

まとめ

Apple watch4は、Apple watch3から、大幅なスペックアップと、カメラが搭載されるなど、大きく進化しそうです。

Apple watchシリーズは、今作で4作目です。

思えば、iPhoneも初代が発売されてしばらくの間は、処理能力も新型になるたびに1.5倍~2倍ほど向上し、画面が大きくなったり、指紋認証機能が採用されたり、大きな進化を繰り返していました。

そういった意味で、Apple watchも、今の黎明期のほうが、進化が面白いのかもしれません。

注目のキャンペーン情報!
NifMoでは、最大20,100円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!(6月30日まで)
最低でも12,100円以上もらえる太っ腹キャンペーンです。
>>NifMo公式サイトへ


BIGLOBEモバイルでは、最大11,300円分の特典!(450円×24ヶ月割引!)(8月5日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ



_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする