Huawei P30(Pro/lite)日本発売日、スペック、価格、カメラ性能など、リーク情報!

スポンサーリンク
注目のキャンペーン情報!
NifMoでは、最大15,100円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!(8月31日まで)
最低でも12,100円以上もらえる太っ腹キャンペーンです。
>>NifMo公式サイトへ


BIGLOBEモバイルでは、最大11,300円分の特典!(9月30日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ


_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _

来年は、HuaweiからP30が出るみたいだね。どんな機種になるのかな。

P30のリーク情報を教えてあげる。

このページでは、Huawei P30シリーズの日本発売日、スペック、価格、カメラ性能など、リーク情報を紹介します。

P30

まずは、P30シリーズの中核機種となる、P30の情報を紹介します。

デザイン

Huawei P30のデザインは、P20と同じく、ノッチを持った全面液晶デザインになると予想されています。

P20

出典https://item.rakuten.co.jp/ ”

下部に配置されている指紋センサーはディスプレイ内に組み込まれ、下部のベゼルが細くなって、さらにディスプレイ占有率が高くなると予想されています。

元々、iPhoneXよりもノッチが小さいので、iPhoneXよりもディスプレイ占有率は高くなりそうですね。

カラー

最近のHuaweiは、光の反射具合で見え方が変わる、グラデーションカラーを積極的に採用しています。

nova3のグラデーションカラー

出典https://www.gsmarena.com/ ”

P30のカラーラインナップにも、こういったグラデーションカラーがラインナップされると予想されています。

ワン吉くん
綺麗だね!

スペック

Huawei Pシリーズは、Mateシリーズと並ぶフラッグシップです。

厳密にいうと、Mateシリーズの方が若干スペックは上で、Pシリーズは、デザインも重視したモデルという位置づけになっているようです。

Huawei P30の予想スペックを紹介します。

OS Android9.0
ディスプレイ 6.0インチ程度
プロセッサ Snapdragon855
メモリ 6GB
ストレージ 128GB
背面カメラ 2000万画素+1200万画素
前面カメラ 2400万画素
バッテリー容量 3400mAh
サイズ 150×70×7.7mm
重量 165g

ディスプレイサイズは、下部のベゼルが細くなる関係で、6インチ程度に少し拡大されると予想されています。

Huawei P30のプロセッサには、最新のSnapdragon855が搭載されると予想されています。

Snapdragon855は、現行のSnapdragon845と比較して、最大50%も性能が向上すると期待されているプロセッサです。

Snapdragonシリーズとしては初めて、7nmプロセスルールに基づいて開発されているようです。

Snapdragon855については、こちらのページをご覧ください。
Snapdragon855 発売日、スペック、ベンチマークスコアなど、リーク情報、最新情報!

メモリ容量は、現行の4GBから、6GBに増量されると予想されています。

最近のハイエンドスマートフォンのメモリ容量は、6GBが主流ですね。

P30のカメラは、背面カメラがデュアル、前面カメラはシングルで変わらないと予想されています。

画素数もP20から変わらないとみられていますが、AIの進化などによって、よりきれいな写真が撮影できるようにはなるはずです。

スペック的には、プロセッサ性能向上とメモリの増量という、順当な進化といった感じに落ち着きそうです。

発売日

Huawei P30の発表は、2019年3月ごろと予想されています。

現行P20が、2018年3月に発表されているので、ちょうど1年後くらいの発表ということになりますね。

日本発売日は、2019年6月ごろと予想されています。

価格

Huawei P30の価格は、P20と同程度の、75,000円前後になると予想されています。

それほど大きな変化は予想されていないので、順当なところでしょうか。

キャリアでも取扱か

P20シリーズでは、P20 Proと、P20 liteはキャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)での取扱がありますが、中核モデルのはずのP20は、キャリアでの取扱がありませんでした。

P30では、中核モデルのP30も、ドコモで取り扱われるのではないかと予想されています。

キャリアでも存在感の増すHuawei

Huaweiといえば、少し前までは格安スマホ、MVNO専門のメーカーのような立ち位置でした。

それが最近では、三大キャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)でも存在感を増してきています。

三大キャリアは、iPhoneやGalaxy、Xperiaなど、ブランド力のある端末の他は、ほとんどが日本メーカー製の取扱が中心でしたが、最近は日本メーカーからパッとした機種が販売されないこともあり、コストパフォーマンスに優れたHuaweiの端末も積極的に取り扱うように鳴ってきています。

思えば、数年前までは、Galaxyも、サムスン製ということもあってか、それほど販売台数が伸びませんでした。
かつてドコモが行っていたツートップ戦略が失敗したことを覚えている方もいるかもしれません。

それが、今やGalaxyは、Androidの代表的な機種となっています。

Huaweiもこれから、どんどん存在感を増し、GalaxyやXperiaと張り合うようなブランドに成長するかもしれませんね。

注目のキャンペーン情報!
NifMoでは、最大15,100円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!(8月31日まで)
最低でも12,100円以上もらえる太っ腹キャンペーンです。
>>NifMo公式サイトへ


BIGLOBEモバイルでは、最大11,300円分の特典!(9月30日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ


_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする