Huawei P30(Pro/lite)日本発売日、スペック、価格、カメラ性能など、リーク情報!ドコモからは?

注目のキャンペーン情報!
BIGLOBEモバイルでは、最大17,791円分の特典!(5月12日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルでは、最大7,170円分の特典!(終了日未定)
>>LINEモバイル公式サイトへ

_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
スポンサーリンク
ワン吉くん
来年は、HuaweiからP30が出るみたいだね。どんな機種になるのかな。
ウサギ先生
P30のリーク情報を教えてあげる。

このページでは、Huawei P30シリーズの日本発売日、スペック、価格、カメラ性能など、リーク情報を紹介します。

P30

まずは、P30シリーズの中核機種となる、P30の情報を紹介します。

デザイン

Huawei P30のデザインは、円形のノッチを持った全面液晶デザインになると予想されています。

P20よりも、さらにディスプレイ占有率が高くなりそうです。

P30

p30
出典https://www.91mobiles.com ”

P20

出典https://item.rakuten.co.jp/ ”

下部に配置されている指紋センサーはディスプレイ内に組み込まれ、下部のベゼルが細くなって、さらにディスプレイ占有率が高くなると予想されています。

元々、iPhoneXよりもノッチが小さいので、iPhoneXよりもディスプレイ占有率は高くなりそうですね。

カラー

最近のHuaweiは、光の反射具合で見え方が変わる、グラデーションカラーを積極的に採用しています。

nova3のグラデーションカラー

出典https://www.gsmarena.com/ ”

P30のカラーラインナップは、

・ブラック
・トワイライト
・オーロラブルー

の3色になると予想されています。

ワン吉くん
綺麗だね!

スペック

Huawei Pシリーズは、Mateシリーズと並ぶフラッグシップです。

厳密にいうと、Mateシリーズの方が若干スペックは上で、Pシリーズは、デザインも重視したモデルという位置づけになっているようです。

Huawei P30の予想スペックを紹介します。

OS Android9.0
ディスプレイ 6.1インチOLED
プロセッサ Kirin980
メモリ 6GB
ストレージ 128GB
背面カメラ 4000万画素+2000万画素+800万画素
前面カメラ 2400万画素
バッテリー容量
サイズ
重量

ディスプレイサイズは、下部のベゼルが細くなる関係で、6.1インチに拡大されると予想されています。また、OLED(有機ELディスプレイ)が採用されるでしょう。

Huawei P30のプロセッサには、Mate20にも搭載されている、最新のKirin980が搭載されると予想されています。

Kirin980は、P20に搭載されているKirin970と比較して、30%以上も性能が向上したプロセッサです。

他社のAndroidスマートフォンで多く採用されている、Snapdragon845を上回るベンチマークスコアを叩き出しています。

ただし、Snapdragonの方は855が発表されたので、それよりは劣ります。

メモリ容量は、現行の4GBから、6GBに増量されると予想されています。

最近のハイエンドスマートフォンのメモリ容量は、6GBが主流ですね。

P30のカメラは、背面カメラがデュアル、前面カメラはシングルで変わらないと予想されています。

画素数もP20から変わらないとみられていますが、AIの進化などによって、よりきれいな写真が撮影できるようにはなるはずです。

スペック的には、プロセッサ性能向上とメモリの増量という、順当な進化といった感じに落ち着きそうです。

発売日

Huawei P30の発表は、2019年3月26日と予想されています。

現行P20が、2018年3月に発表されているので、ちょうど1年後くらいの発表ということになりますね。

日本発売日は、2019年6月ごろと予想されています。

価格

Huawei P30の価格は、P20より1万円ほど高い、80,000円前後になると予想されています。

有機ELディスプレイの採用、トリプルカメラの採用などを考えると、妥当なところでしょうか。

キャリアでも取扱か

P20シリーズでは、P20 Proと、P20 liteはキャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)での取扱がありますが、中核モデルのはずのP20は、キャリアでの取扱がありませんでした。

P30では、中核モデルのP30も、ドコモで取り扱われるのではないかと予想されています。

【追記】
米国政府が、Huawei製品の使用中止を呼びかけている関係もあって、P30シリーズが、ドコモをはじめとしたキャリアでの取扱があるかどうか、不透明になってきました。

現時点では、P20 Proは引き続きドコモで販売されていますし、キャリア各社がHuawei製品の取扱を中止するかどうかははっきりしていませんが、ドコモ、AU、ソフトバンクといったキャリアは、政府の意向を忖度して、取り扱わない可能性もあると思います。

SIMフリーモデルの販売が禁止されることは無いかと思います。

今後のHuawei製品の販売の動向は注目していきたいところです。

P20と、P30の比較記事はこちら

P30 Pro

続いて、P30の上位モデル、P30 Proのリーク情報を紹介します。

デザイン

P30 Proのデザインがリークされました。



出典https://twitter.com ”

リーク情報によると、フロントのデザインは水滴型のノッチをもつ全画面ディスプレイ。

リヤには、4つのカメラが配置されていることがわかります。

P20 Proでは、トリプルカメラで話題を呼びましたが、もうクアッドカメラを実現するようです。

スペック

P30 Proの予想スペックを紹介します。

OS Android9.0
ディスプレイ 6.5インチOLED
プロセッサ Kirin980
メモリ 8GB/12GB
ストレージ 128GB
背面カメラ クアッドカメラ
前面カメラ 3200万画素
バッテリー容量
サイズ
重量

P30 Proは、P30無印よりもディスプレイサイズが大きく、6.5インチの有機ELディスプレイが採用されます。

プロセッサは、P30無印と同じく、Kirin980が搭載されます。

メモリ容量はとても多く、8GBのモデルと12GBのモデルがラインナップされます。
スマートフォンにそこまで必要なのか?と思うほどの容量ですね。

カメラ性能

P30 Proでは、4つのメインカメラ(クアッドカメラ)を搭載することが最大のアピールポイントになりそうです。

P20 Proでは、トリプルカメラを搭載し、スマートフォン市場最高のカメラ性能だと評価されていましたが、それを上回ってくるのは間違いありません。

クアッドカメラを搭載したスマートフォンとしては、Galaxy A9がありますが、これは日本では発売されていません。

P30 Proは、日本で発売される端末としては初のクアッドカメラ搭載機ということになるでしょう。

イメージセンサーには、ソニーの3800万画素、「IMX607」が採用されると予想されています。

またP30 Proには、「ペリスコープ構造カメラ」が採用されると予想されています。

ペリスコープ構造カメラとは何なのでしょうか。簡単に説明します。

ペリスコープとは潜望鏡のことなのですが、潜望鏡に造りが似ていることから、この名前がつけられました。

ペリスコープ構造カメラは、レンズセットの横方向の配置と屈折を利用することで、省スペースながら大きな拡大率のズームを実現することができます。

OPPOが先に発表しており、OPPOのスマートフォンでは、光学10倍ズームを、スマートフォンの薄さを失うことなく実現しています。

iPhoneXsは、光学2倍ズーム、Galaxy S9が光学8倍ズームであることと比較しても、ペリスコープ構造カメラが優れているということが分かります。

価格

P30 Proの価格は、P20 Proと同程度の、10万円程度になると予想されています。

今回はSIMフリーモデルのみの発売となる可能性が高いでしょう。

ドコモからの発売は?

現行モデルであるP20 Proは、トリプルカメラを搭載したスマートフォンとして、ドコモからのみ発売されており、SIMフリーモデルは発売されていません。

しかし、Huaweiのスパイ疑惑などにより、今後ドコモはHuaweiのスマートフォンは取り扱わない方向に進むようです。

現在、基地局に関してはHuaweiとZTEを排除する方針を発表していますが、端末に関しては今のところ正式な発表はありません。

しかし、通信事業は国の認可事業であり、国をの方針に逆らって新たにHuaweiの端末を取り扱うようなことは無いと考えるのが自然ですね。

ヘタに国を的に回してしまうと、料金値下げの圧力もますます強くなってしまうことでしょう。

以上のことから、P30 Proは、ドコモ、AU、ソフトバンクのキャリアからは発売されないと予想されています。

そのかわり、SIMフリーモデルが発売されるでしょう。

P30 lite

最後に、P30 liteの情報を紹介します。

デザイン

P30 liteのデザインを紹介します。


P30 lite
出典https://www.91mobiles.com ”

前面のデザインは、水滴型のノッチが採用されており、P30(無印)とほぼ同じデザインとなっています。

P30 liteは、P30シリーズの廉価版ながら、トリプルカメラが採用されています。

背面に指紋センサーが確認できないので、指紋センサーはディスプレイ内に埋め込まれているのでしょう。

スペック

P30 liteの予想スペックを紹介します。

OS Android9.0
ディスプレイ 6.1インチOLED
プロセッサ Kirin710
メモリ 4GB/6GB
ストレージ 128GB
背面カメラ 2400万画素+800万画素+200万画素
前面カメラ 3200万画素
バッテリー容量 3340mAh
サイズ 152.9×72.7×7.4mm
重量

ディスプレイは、P30無印と同じく、6.1インチの有機ELディスプレイが採用されます。

プロセッサには、Kirin980ではなく、Kirin710が採用されます。

Kirin710は、Snapdragon660と同程度のスペックのプロセッサで、ミドルレンジ向けです。

メモリは、4GBのものと6GBのものがラインナップされますが、日本では4GBのものが投入されるでしょう。

カメラはトリプルカメラとなっています。liteでも、カメラ性能はかなり高そうです。

P30無印との大きな違いはプロセッサですね。

ディスプレイの綺麗さや、カメラ性能はかなり良さそうなので、重いアプリを動かさないのであれば、P30 liteで十分かもしれません。

格安スマホとして活躍か

Huaweiの端末がキャリアで取り扱われる可能性が低いなか、このP30 liteは優れたコストパフォーマンスから、格安スマホ(格安SIM)としての端末として活躍しそうです。

P20 liteも格安スマホとして大活躍しているので、格安スマホの代表的な端末になりそうですね。

キャリアでも存在感の増すHuawei

Huaweiといえば、少し前までは格安スマホ、MVNO専門のメーカーのような立ち位置でした。

それが最近では、三大キャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)でも存在感を増してきています。

三大キャリアは、iPhoneやGalaxy、Xperiaなど、ブランド力のある端末の他は、ほとんどが日本メーカー製の取扱が中心でしたが、最近は日本メーカーからパッとした機種が販売されないこともあり、コストパフォーマンスに優れたHuaweiの端末も積極的に取り扱うように鳴ってきています。

思えば、数年前までは、Galaxyも、サムスン製ということもあってか、それほど販売台数が伸びませんでした。
かつてドコモが行っていたツートップ戦略が失敗したことを覚えている方もいるかもしれません。

それが、今やGalaxyは、Androidの代表的な機種となっています。

Huaweiもこれから、どんどん存在感を増し、GalaxyやXperiaと張り合うようなブランドに成長するかもしれませんね。

注目のキャンペーン情報!
BIGLOBEモバイルでは、最大17,791円分の特典!(5月12日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルでは、最大7,170円分の特典!(終了日未定)
>>LINEモバイル公式サイトへ

_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする