Zenfone4 MAX Pro 日本発売日、価格、スペック情報。DSDS対応の格安SIM。Zenfone3 MAXと比較!

注目のキャンペーン情報!
NifMoでは、最大15,100円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!(8月31日まで)
最低でも12,100円以上もらえる太っ腹キャンペーンです。
>>NifMo公式サイトへ


BIGLOBEモバイルでは、最大11,300円分の特典!(9月30日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ


_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
ワン吉くん
ロシアで、Zenfone4 MAX Proが発売されたね。日本ではいつ発売されるのかな?
ウサギ先生
日本では、今年の秋に発売予定よ。Zenfone4 MAX Proの詳しい情報を紹介するわ。

このページでは、ASUS、Zenfone4 MAX Proのデザイン、スペック、日本発売情報、価格などを紹介します。

Zenfone4 MAX Pro

ウサギ先生
Zenfone4 MAXの特徴を紹介するわ。

Zenfon4 MAX Proは、ASUSのZenfone4シリーズのうちの一つで、5.5インチの大きな画面と、大容量バッテリーを特徴とするミドルスペックの端末です。

デザイン

Zenfon4 MAX Proのデザインは、Zenfone3 MAXから結構変わり、前面には物理ボタンが配置され、ホームボタンと指紋認証が一体化ています。

背面にはデュアルカメラが採用されています。指紋認証ボタンはなくなりました。

更に、フロントカメラ用のフラッシュも新設されています。

カラーラインナップは、ゴールド、ピンク、ブラックの3色です。

ワン吉くん
カラーバリエーションは少ないんだね。

スペック

ウサギ先生
Zenfone4 MAXには、3種類のバリエーションが用意されるのよ。

Zenfone4 MAXには、上位モデル、中位モデル、下位モデルが用意されます。

上位モデルと下位モデルで違いがある部分は、上段に上位モデル、中段に中位モデル、下段に下位モデルの内容を記載します。

Zenfone4 MAX Pro Zenfone3 MAX
OS Android 7.0 Android 6.0
ディスプレイ 5.5インチフルHD 5.5インチフルHD
5.2インチフルHD
CPU Snapdragon430
Snapdragon425
Snapdragon430
MT6737M
メモリ 3GB
2GB
3GB
2GB
ストレージ 32GB 32GB
16GB
SDカード 最大256GB 最大128GB
最大32GB
背面カメラ 1600万画素+超広角カメラのデュアル、F値2.0 1600万画素

1300万画素

フロントカメラ 1600万画素 800万画素
バッテリー容量 5,000mAh 4,100mAh
SIM nanoSIM×2 DSDS対応 microSIM、nanoSIM
サイズ 縦154mm×横76.9mm×厚さ8.9mm 縦151.4×横76.2×厚さ8.3mm
縦149.5×横73.7×厚さ8.55mm
重量 181g 175g
145g

Snapdragon430と425の性能の違いは2割程度ですが、3D処理能力は3倍くらい違うので、3Dゲームをする方は、430の上位モデルを選択したほうが良さそうです。

SIMカードスロットは、nanoSIM2枚と、SDカードが入るスペースが別々に用意されており、SDカードとSIMカード2枚を同時に使うことができます。

SIMカードは、4Gと3GのDSDSに対応しているので、日本でもDSDSスマホとして使うことができます。

また、デュアルカメラを採用しており、インカメラのも1600万画素のカメラが搭載されています。

Zenfone4 MAX Proは、カメラ性能にもこだわった機種であるということがわかります。

ワン吉くん
CPUの性能は、Zenfone3 MAXからあまり変わっていないんだね。
ウサギ先生
Zenfone MAXシリーズは、スペックよりも、画面の大きさやバッテリーの持ちをアピールする方針のようね。

Zenfone3 MAXとの違い

ウサギ先生
Zenfone3 MAXとの違いをまとめてみたわ。

・Zenfone3 MAXは、5.5インチと5.2インチのモデルがありましたが、Zenfone4 MAXは5.5インチのモデルのみとなりました

・CPUがSnapdragonに統一されました

・上位モデルのメモリ容量が3GBから4GBにアップ

・ストレージ容量が最大64GBになった

・デュアルカメラが採用された

・バッテリー容量が5,000mAhに拡大された

・重量は重くなった

・指紋センサーは前面下部のホームボタンと一体化された

・DSDSに対応(SIM2枚と、microSDも同時に挿入できる仕様になっています。)

進化した点も多いですが、CPUはZenfone3 MAXと同じものが採用されています。

また、バッテリー容量が増加した分、重さが重くなっています。Zenfone3 MAXも結構重い方だったので、軽さ重視の人はそもそも選択肢に入れないかもしれませんが、結構な重量級です。

ワン吉くん
比べてみると、結構変わったんだね。

長いバッテリー持続時間

Zenfone4 MAXという名前には、画面が大きいというだけでなく、バッテリー容量が大きいという意味合いも込められています。

Zenfone4 MAXのバッテリー容量は、Zenfone3 MAXから更に拡大して、5,000mAhとなりました。(初代Zenfone MAXと同じ容量に戻りました。)

連続待受時間は、なんと46日と発表されています。

Zenfone3 MAXでも、YouTubeの連続再生時間は13時間程度と非常に長かったですが、Zenfone4 MAXでは、連続15時間以上再生できそうなスペックです。

本体をモバイルバッテリーのように使い、他の端末を充電することもできます。

ワン吉くん
バッテリーが長持ちするのはありがたいなあ。

カメラ性能

Zenfone4 MAX Proは、デュアルカメラが採用されているのも大きなポイントです。

デュアルカメラを利用し、ある被写体にのみピントを合わせて、背景をぼかすなど、一眼レフにも近いような写真を撮影することができます。

また、120°の超広角レンズとの組み合わせなので、背景を広く入れた写真も撮影することができます。

インカメラも1,600万画素と高画質なのに加え、インカメラにもフラッシュが搭載されており、暗いところでも綺麗に自撮りをすることができます。

ワン吉くん
P10とかでも綺麗にとれるみたいだから、楽しみだね。

日本発売日

Zenfone4 MAXの日本発売は、2018年中と予想されています。

価格

Zenfone4 MAXの価格は、下位モデルが23,000円程度、上位モデルが26,000円程度になると予想されています。

日本国内では上位モデルのみの発売となる可能性もありますが、現時点では不明です。

デュアルカメラ搭載のスマートフォンは比較的価格の高い物が多いですが、Zenfone4 MAXは、デュアルカメラ搭載機としては最安となるかもしれません。

ワン吉くん
デュアルカメラで、DSDS対応のスマートフォンとしては安い方だね。
スポンサーリンク

取扱MVNO

Zenfone4 MAXは、現在Zenfone3 MAXを取り扱っている全てのMVNOで取り扱われるでしょう。

現在Zenfone3 MAXを取り扱っているMVNOは、以下の通りです。

・楽天モバイル
・BIGLOBE SIM
・DMMモバイル
・IIJ mio
・NifMo
・OCNモバイルONE
・エキサイトモバイル
・Uモバイル

です。

新たに取り扱うMVNOの情報もありますが、今後更新します。

料金

Zenfone4 MAXの取扱が予想されているMVNOのうち、おすすめのMVNOの料金プランを紹介します。

楽天モバイル

楽天モバイルは、新機種発売直後には値引きキャンペーンを実施することが多く、Zenfone4 MAX発売時もキャンペーンにより最安値となる可能性が高いMVNOです。

プラン ベーシックプラン
200Kbps
無制限
3.1GB 5GB 10GB 20GB 30GB
データSIM
(SMSなし)
525円 900円 1,450円 2,260円 4,050円 5,450円
データSIM
(SMSあり)
645円 1,020円 1,570円 2,380円 4,170円 5,520円
通話SIM 1,250円 1,600円 2,150円 2,960円 4,750円 6,150円

また、楽天モバイルは時間無制限のかけ放題プランが用意されているのも特徴です。

DMMモバイル

DMMモバイルは、通話SIMの料金が業界最安値となっており、ランニングコストを抑えることができるMVNOです。

Zenfone4 MAXの販売価格にもよりますが、最安値で運用できる有力のMVNOです。

DMMモバイルの料金プランを紹介します。

プラン 1GB 2GB 3GB 5GB 7GB 8GB 10GB 15GB 20GB
データSIM 480円 770円 850円 1,210円 1,860円 1,980円 2,190円 3,280円 3,980円
通話SIM 1,260円 1,380円 1,500円 1,910円 2,560円 2,680円 2,890円 3,980円 4,680円

他の格安SIMの料金と比べてもらえば分かりますが、ほとんどのプランで業界最安値級となっています。

料金プランや支払総額ランキングについては、各社が正式な販売価格を発表し次第、また更新します。

注目のキャンペーン情報!
NifMoでは、最大15,100円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!(8月31日まで)
最低でも12,100円以上もらえる太っ腹キャンペーンです。
>>NifMo公式サイトへ


BIGLOBEモバイルでは、最大11,300円分の特典!(9月30日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ


_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする