donedoneとは、何?donedone(ドネドネ/ドナドナ)の料金、エリア、回線、速度、通話、SMS、オプションなど、新プランを解説

BIGLOBEモバイルから、donedoneという新料金プランが発表されました。

>>donedone公式サイトはこちら

このページでは、donedoneとは何なのか?donedoneの料金、エリア、回線、速度、オプション、通話、キャンペーンについて解説します。

donedone(ドネドネ)の意味

donedoneってどんな意味?

「ドネドネ」とはじめて聞いた時、正直、なんか変な名前だな。と思いました。(ビッグローブの皆さんごめんなさい)

気になって調べてみたのですが、ドネドネとは、ドネーション(donation)のドネから来ているようです。

ドネーションとは、寄付という意味です。

ちょっと変な名前かもしれませんがが、私のように気になって調べる人がいるということは、ある意味成功なのかもしれません。

donedone(ドネドネ)の料金

donedoneの料金

donedoneには、ベーシックUプラン、カスタムUプラン、エントリープランの3プランがあります。

ベーシックUプランとカスタムUプランは、2,480円(税込2,728円)

エントリープランは、0円です。

契約時に初期費用が3,000円(税込3,300円)かかります。

解約時の違約金はありません。

支払い方法は、クレジットカード(JCB、VISA、Mastercard、American Ecpress、Diners Club)のみとなっています。

ビッグローブ光を利用している方は、セット割引として、毎月200円(税込220円)割引となります。(ベーシックUプランとカスタムUプランのみ)

毎月50円が寄付される

なお、ベーシックUプランと、スタンダードUプランは、自動的に毎月50円が、教育支援、健康支援、海洋保全、医療支援などの団体に寄付されます。

これが、ドネーション(寄付)から名前をとったドネドネの特徴です。

寄付される金額があまりにも大きいと、その分割引してくれよ。と思ってしまうかもしれませんが、50円なら、そこまで思うこともなく、ちょっと良いことをしている気持ちになれる程度の金額なので、良いかもしれません。

以下の寄付先から選ぶことができます。

教育支援
ワールド・ビジョン・ジャパン

健康支援
NGOシェア

海洋保全
エバーラスティングネイチャー

医療支援
日本小児がん研究グループ

環境保全
オックスフォード大学 WildCRU

donedone(ドネドネ)のエリア、回線

donedoneの回線、エリア

donedoneは、AUの回線を利用しており、利用できるエリアはAUと同じです。

5Gにも10月初旬から対応予定となっており、5Gも、使えるエリアはAUと同じです。

donedone(ドネドネ)の通信速度、速度制限

donedoneの通信速度、速度制限の特徴

donedoneは、通信速度、速度制限にも特徴のある料金プランです。

ベーシックUプラン

データ容量・・・50GB/月

通信速度・・・常時3Mbps(50GBを超えたら1Mbps)

その月のデータ容量を使い切るまでは高速でデータ通信ができるのが普通ですが、donedoneのベーシックUプランでは、通信速度は常に3Mbpsに制限されます。

ただ、3Mbps出ていれば、YouTubeの720pの動画など、ハイビジョン画質の動画をスムーズに再生することができるので、そんなに支障はありません。

【スムーズに使える目安】
YouTube・・・720p
Netflix・・・標準画質(SD)
ABEMA・・・最高画質
Twitter内の動画・・・HD画質
Spotify・・・最高画質
zoom・・・高品質ビデオグループ会議

【50GBの目安】
YouTube720p・・・約45時間
Netflix標準画質・・・約37時間
音楽ストリーミング320kbps・・・約355時間
zoom高品質グループ会議・・・約71時間

カスタムUプラン

データ容量・・・50GB/月

通信速度・・・選択したアプリは50GBまで速度制限なし、それ以外は常時1Mbps

カスタムUプランは、YouTube、Instagram、Facebook、LINE、ABEMA、TikTok、TELASA、Spotify、Amazon Music、モンスターストライクのアプリの中から3つ選択したアプリは、50GBを使い切るまでは速度制限がかかりません。

フルハイビジョン画質で動画を見たい。という方にはこちらの方がおすすめです。

10個のアプリの中から3つを選ぶ形ではありますが、いつでも変更することができるので、実質的にこの10個のアプリは速度制限なしで使うことができます。

その代わり、これら10のアプリ以外の通信速度は常時1Mbpsです。

ちなみに、ベーシックUプランとカスタムUプランは、1日1回変更することができるので、どっちにしようか、悩む必要はありません。

一般的なMVNOでは、昼休み時間帯や夕方など、混雑する時間帯には通信速度が大きく低下することがありますが、donedoneでは、混雑する時間帯でも快適に通信できるだけの帯域が確保されています。

エントリープラン

データ容量・・・上限なし

通信速度・・・128kbps

エントリープランは、常時通信速度が128kbpsになるプランです。

かつてあった、0simのような感じです。

donedone(ドネドネ)のオプション

donedoneのオプションサービス

donedoneのオプションは、以下の5つだけです。

・国際ローミング
・転送電話サービス
・国際電話
・着信通知サービス
・番号通知お願いサービス

正直、これといったオプションはありません。

一般的な通信会社にあるような、「かけ放題オプション」「セキュリティオプション」などはありません。

留守番電話は、今後対応予定とのことです。

donedone(ドネドネ)の通話、SMS

donedoneの通話、SMS利用

donedoneのベーシックUプランと、カスタムUプランは、音声SIMです。

通話や、SMSの送受信をすることができます。

通話料金は、20円(税込22円)/30秒

SMSの送信は、3円(税込3.3円)/70文字

と、一般的な通信会社と同じです。

先ほど紹介したように、かけ放題オプションなどはないので、通話した時間に応じて料金がかかります。

エントリープランはデータSIMなので、通話やSMSの送受信はできません。

donedone(ドネドネ)のキャンペーン

donedoneのキャンペーン

donedoneでは、初期費用(税込3,300円)が無料+1万円キャッシュバックのキャンペーンが開催されています。

キャンペーンを適用するためには、申込みの際にクーポンコードを入力する必要があります。

以下のリンクから、料金案内のページを開くと、クーポンコードが書いてあるので、それを入力するとキャンペーン対象となります。

>>donedone公式サイトへ

このキャンペーンは、ベーシックUプランとカスタムUプランが対象で、エントリープランは対象外です。

まとめ

donedoneの特徴をまとめましょう。

・速度制限があるものの、50GBで税込2,728円と格安

・自動的に50円が寄付されて、社会貢献ができる

・かけ放題オプションはない

・支払い方法は、クレジットカードのみ

速度制限はあるものの、フルハイビジョンの動画を色々なサービスで見たい。ということでなければ、とてもお得なプランです。

キャンペーンが開催されているうちに、申し込むことをおすすめします。

>>donedone公式サイトへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする