楽天モバイル、rakuten un-limit 1日10GBの制限に注意!楽天回線エリアでも、速度制限かかる可能性が。パートナー回線エリア、海外での速度制限についても。

スポンサーリンク

楽天回線エリアで、データ通信無制限が魅力的な、rakuten un-limitプラン

公式には明言されていないものの、1日あたり10GBを超えると速度制限がかかってしまいます。

このページでは、楽天モバイル、un-limitプランの速度制限について詳しく解説します。

楽天モバイル UN-LIMITプランの速度制限について

楽天モバイルのUN-LIMITプランの速度制限がかかる条件は、「楽天回線エリア」「パートナー回線エリア」「海外」でそれぞれ違います。

それぞれのエリアの速度制限について紹介します。

楽天回線エリアでの速度制限

楽天回線エリアでは、「データ使い放題」というアピールをされていますが、「公平なサービスを提供するための通信速度の制御を行うことあり。」という但し書きもされています。

通信速度の制御は、現時点では、1日に10GB以上使うと、その日の24時まで通信速度が1Mbps程度に低下する。という制限がかけられているようです。

速度制限は、日付が変わるとリセットされます。

前日に10GB以上使うと翌日1日中速度制限がかかるというものではないですし、制限中の速度も1Mbps程度は出るので、それほど厳しい制限ではありません。

パートナー回線エリアでの速度制限

パートナー回線エリアでの速度制限は、1ヶ月5GBを超えると、1Mbps程度に制限されます。

これまでは128kbps程度に制限だったものが、緩和されました。

1Mbps程度であれば、YouTubeの標準画質くらいの動画なら普通に再生することができるので、こちらも比較的ゆるい速度制限ですね。

海外での速度制限

海外での速度制限は、1ヶ月2GBを超えると、128kbps程度に制限されます。

128kbpsは、正直、Webサイトを開くのにも少し時間がかかる。というレベルなので、ちょっと厳し目の速度制限です。

多くの格安SIM、MVNOでの速度制限と同じ速度です。

UN-LIMITプランの速度制限は、ゆるい!

楽天モバイルUN-LIMITプランの速度制限は、日本国内で使う分にはかなりゆるいです。

これが、月々2,980円、しかも1年間無料なので、正直、変えない理由はない!くらいです。

楽天モバイル UN-LIMITプランをおさらい

楽天モバイル UN-LIMITプランの概要をおさらいしておきましょう。

月額料金・・・2,980円
通話料・・・アプリなら無料、それ以外は30秒20円
通信量・・・楽天回線エリアは使い放題、それ以外は5GB
最低利用期間・・・なし
契約解除料・・・なし

通話は、「Rakuten Link」というアプリを使えば無料です。

通信は、楽天回線エリアは使い放題、それ以外は5GBまでが基本料金に含まれています。

海外でも、2GBまでは基本料金で使うことができます。

先着300万名まで、基本料金が1年間無料になるキャンペーンが実施されています。

さらに、開通日の翌月末までにRakuten Linkのアクティベート(SMS認証)を完了した方には、3,300円分の楽天ポイントがもらえます。

さらにさらに、6月30日までにオンラインで申し込んだ方には、3,000円分の楽天ポイントがもらえます。

楽天モバイルから公式に対応機種として発表されているのは、以下のAndroid端末のみです。

Galaxy Note10+
Galaxy S10
Galaxy A7

AQUOS R Compact SH-M06
AQUOS R2 compact SH-M09
AQUOS sense 3 plus
AQUOS sense lite SH-M05
AQUOS sense plus SH-M07
AQUOS sense2 SH-M08
AQUOS sense3 lite
AQUOS sense3 plus
AQUOS zero SH-M10

HUAWEI nova 5THUAWEI nova lite3
HUAWEI P30 lite

OPPO A5 2020
OPPO AX7
OPPO Find X
OPPO R17 Pro
OPPO Reno 10x Zoom
OPPO Reno A

Xperia Ace

Rakuten Mini

arrows RX

Aterm MP02LN
Aterm MR05LN
Aterm MR05LN RW

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする