楽天モバイル おすすめのモバイルルーターはコレ!評判、速度、設定方法も解説。ポケットWiFiにもおすすめ!

楽天モバイルは、スマホだけではなく、モバイルルーター、ポケットWiFiでもおすすめです。

楽天モバイルには、3つのモバイルルーターが販売されていますが、おすすめのモバイルルーターの紹介と、設定方法、料金プランを解説します。

おすすめのモバイルルーターは、コレ!

楽天モバイルでおすすめのモバイルルーターは、ズバリ、Rakuten WiFi Pcoket 2Bです。


出典https://network.mobile.rakuten.co.jp

0円と聞くと、安物で大丈夫かな?と少し心配になるかもしれません。

私も使っていますが、全く問題ありません。

スマートフォンは、あまり安いものだと、性能が低く、動作がモタついたり、ゲームがプレイできなかったり、カメラの画質が悪かったり。というデメリットがありますが、モバイルルーターは、WiFiに接続できて、しっかり通信ができれば良いので、安いものでも問題ありません。

高いものに比べれば、若干バッテリーの持ちが悪いくらいですが、それでも10時間持つので、十分です。

サイズ 63.8mm×107.3mm×15mm
重量 106g
連続待受時間 約300時間
連続通信時間 約10時間
バッテリー容量 約2,520mAh
テザリング 16台
SIMタイプ micro SIM

速度も、様々な場所で試していますが、20Mbps~30Mbpsくらいは出ます。

接続台数は、16台も接続できれば、十分ですよね。

Rakuten WiFi Pocket 2Bの設定方法

Rakuten WiFi Pocket 2Bの初期設定の方法を解説します。

Rakuten WiFi Pocket 2Bをはじめて利用する時、Rakuten WiFi Pocket 2B本体にSIMカードを挿入すれば、楽天回線に自動で接続されます。本体側で設定することは、ありません。

SIMカードスロットは、本体上面の右側にあります。

ICチップの面が上にくるように、SIMカードを挿入します。


出典https://network.mobile.rakuten.co.jp

Rakuten WiFi Pocket 2Bに接続したい端末の方で、「SSID」と「パスワード」を入力する必要があります。

本体上面中央にある「WPS/ページ送りボタン」を何度か押すと、SSIDとパスワード「KEY」が表示されます。

それを入力すると、端末をWiFiに接続することができます。

出典https://network.mobile.rakuten.co.jp

それだけでもインターネットには接続できるのですが、初期設定だと、パスワードが「admin」に設定されており、セキュリティ的によろしくありません。

WiFiに接続した機器で、http://192.168.0.1にアクセスすると、管理画面が開きます。

「初期設定のパスワードでログインしています。パスワードを変更する事をおすすめします。パスワードを変更しますか?」という画面が表示されたら、「はい」を選択します。

表示されない場合は、「Wi-Fi設定」の設定→「メインSSID」の項目から設定画面に移動し、あたらしいパスワードを入力したら、「変更」→「はい」を選択したら、パスワードの変更が完了します。

クレードルが欲しいなら、MR05LN

Rakuten WiFi Pocket 2Bには、クレードルはありません。アクセサリーとしても用意されていません。

クレードルとは、充電スタンドのようなもので、スタンドに置くだけで充電ができたり、クレードルに有線LANケーブルを接続して、パソコンに有線で接続することができるものです。

クレードルが欲しいなら、Aterm MR05LNがおすすめです。

出典https://network.mobile.rakuten.co.jp

Aterm MR05LNには、アクセサリーでクレードルが2,750円で用意されています。

Aterm MR05LNは、楽天モバイルでは23,800円で販売されており、5,000ポイント還元の対象となっています。

楽天モバイル以外だと、今記事を書いている時点で、価格.comでの最安値は22,800円です。

5,000ポイント還元はUN-LIMITにはじめて契約するともらえるポイントであり、端末を楽天モバイルで購入しなくてももらえるので、少しでも安く購入したい方は、価格.com等で安い店を探して購入したほうが良いかもしれません。

Rakuten WiFi Pocket 2Bに比べると高いですが、NEC製なので、仕方がないですね。

スペックは、Rakuten WiFi Pocket 2Bよりも優れています。

サイズ 63mm×115mm×11mm
重量 115g
連続待受時間 約500時間
連続通信時間 約14時間
バッテリー容量 約2,500mAh
テザリング 16台
SIMタイプ micro SIM

Aterm MT05LNは、Rakuten WiFI Pocket 2Bよりも少し薄く、連続待受時間、連続通信時間が長いです。

ただ、クレードルが欲しいのでなければ、ほとんどの方にはRakuten WiFI Pocket 2Bで十分でしょう。

楽天モバイルで取り扱いのあるもう一つのモバイルルーター、Aterm MP02LNには、クレードルはありません。

モバイルルーターでも、楽天モバイルはおすすめ

モバイルルーターでも、楽天モバイルの料金プランは、スマホと同じです。

1GBまで・・・0円
3GBまで・・・1,078円
20GBまで・・・2,178円
20GB超・・・3,278円

モバイルルーター、ポケットWiFiの完全無制限のプランは、どんなときもWiFiのサービス終了以降、どんどん減ってきています。

有名なところだと、WiMAXのギガ放題プランくらいでしょうか。

ただ、WiMAXのギガ放題プランは、段階的な料金プランではない上、縛りがあることがほとんどです。(これは、代理店や、料金プランによりますが)

それに対し、楽天モバイルなら、あまり使わなかった月や

また、エリアに関しては、今は、WiMAXの電波を掴むエリアと、楽天回線を掴むエリアは、同程度になってきています。

WiMAXの電波がつかめないエリアでは、LTEオプション対応機種だと、AU回線に接続され、月間7GBまで高速通信ができ、それを超えると速度が128kbpsに制限されます。

楽天モバイルの方は、楽天回線をつかめないエリアではAU回線に接続され、月間5GBまで高速通信ができ、それを超えると速度が1Mbpsに制限されます。

このように、モバイルルーターとしても、楽天モバイルの料金プランはとても魅力的なものとなっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする