Rakuten Miniは、テザリングにも使える!何台まで接続できる?モバイルルーター代わりに!

スポンサーリンク

手のひらサイズのスマートフォンとして注目されている、Rakuten Mini。

Rakuten Miniは、スマートフォンとしてだけでなく、モバイルルーターとしても利用することができます。

このページでは、Rakuten Miniをモバイルルーターとして使う時の注意点や、Atermシリーズとの比較をしてみましょう。

Rakuten Miniは、テザリングにも最適

出典https://network.mobile.rakuten.co.jp

Rakuten Miniは、テザリングもすることができます。

そのコンパクトさから、通話もできるモバイルルーターとして使っている方もいるようです。

Rakuten Miniのサイズは、縦106.2mm✕横幅53.4mm✕厚さ8.6mmです。

楽天モバイルには、「Aterm MP02LN」「Aterm MR05LN RW」というモバイルルーターもありますが、

Aterm MP02LNのサイズは、縦91mm✕横50mm✕厚さ12mm

Aterm MR05LN RWのサイズは、縦115mm✕横幅63mm✕厚さ11mmです。

モバイルルーターと比べても、それほど大きさが変わらないんですよね。

むしろ、Aterm MR05LN RWよりも小さいです。

Rakuten Miniは、8台まで同時接続可能

テザリングでは、2.4GHz帯と、5.0GHz帯を選択することができ、8台まで接続することができます。

周波数帯を選択することができるというのも、モバイルルーターさながらです。

おそらく、モバイルルーター代わりに利用されることを想定して開発されたのでしょう。

Aterm MP02LNは10台、Aterm MR05LN RWは16台なので、それらよりは劣ります。

連続通信時間は、7~8時間程度

Rakuten Miniをモバイルルーターとして使った時の連続通信時間は、7~8時間程度です。

Aterm MP02LNが約10時間、Aterm MR05LN RWは約14時間ですから、さすがにここは劣っています。

ただ、相当ハードな使い方をしない限り、十分なのではないでしょうか。

Rakuten Miniは、eSIMしか使えない

Rakuten Miniをモバイルルーターとして使う注意点として、eSIMしか使えない。ということが挙げられます。

今のところ、eSIM通信をまともに提供しているのは楽天モバイルくらいなので、実質楽天モバイル専用端末ということになってしまいます。

Aterm MP02LN、Aterm MR05LN RWは、SIMカードを差し替えることでどこの回線でも使うことができるので、その点は要注意です。

クレードルに挿して、有線接続はできない

Aterm MP02LN、Aterm MR05LN RWは、クレードルを使用すると有線接続をすることもできますが、Rakuten Miniには、クレードルはないので、有線接続はできません。

まとめ

Rakuten Miniは、本格的なモバイルルーターに比べると、同時接続台数や連続通信時間で劣っています。

しかし、ライトユーザーには十分なスペックを持っています。

そして何よりも、通話ができて、アプリが使える。という大きなメリットがあります。

楽天モバイルのUN-LIMITプランは、データ通信のみの料金プランはなく、電話番号もセットでついてきてしまうので、どうせならモバイルルーターではなく、Rakuten Miniをモバイルルーターのように使うことをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする